Home

KURA BASE

プロが設計したスマートフォン用4群5枚広角ワイドレンズ「Lensta」

スマートフォンで動画や静止画を撮影する際にレンズに被せて使うズームレンズや広角レンズってあなたは持っていますか?
そしてそのレンズで撮影した動画や静止画を大きなディスプレイで見たり、拡大して見た事ってありますでしょうか?レンズと言うのは一眼レフで見る通り、値段はピンからキリまであり、焦点距離が同じであれば価格の差はレンズの明るさの差であり、使用しているレンズの質、そして枚数の差です。
その違いがよくわかるのが広角レンズです。通常、広い空間を撮影しようと思うと魚眼レンズからもわかる通り凸レンズを使います。ただ凸レンズ1枚ではドアスコープを覗いた様な真ん中は拡大されレンズの端に行けば行くほど小さくボヤけた様になります。それを修正する為に広角レンズは何枚もの凸レンズや凹レンズを使ってレンズが捉えた映像を修正して行くワケなのですが、少ない枚数で修正しようとするとどうしてもそこに無理が出て歪みが出てしまいますから、たくさんの枚数を使って少しずつ修正してやる方がよりレンズが捉えた映像を自然に修正してやる事ができます。ですが何枚もレンズを重ねるとそのレンズの歪みでどうしてもピントがボケてしまう部分が出たり映像が歪んでしまったりする部分が出てしまうのですが、高価なレンズと言うのはそれをミクロン単位の誤差で研磨してレンズの組み合わせを変えて1本のレンズを作っています。

ですから安いレンズを使って撮影した映像はどうしても安っぽくなってしまうのです。ですが、スマートフォンも高性能化していますからいつまでもそんな性能の悪いレンズを使っていたのでは良い映像を撮る事はできません。そこでオススメするのがこの「Lensta」です。

全文を読む

サイの置物かと思ったら首が伸びて頭が金づちになるインテリア・ハンマー「Rhino Hammer」

最近○○女子とか、○○ガールと言う言葉を良く見聞きします。例えば肉食女子だったり山ガールだったり鉄子、ダム女、リケジョ、歴ジョと例を挙げれば切りがありませんが、そんな中でもDIY女子部って言葉を聞いた事はありますか?
いわゆるDIY好き、DIYが得意でノコギリや金づちのみならず、丸ノコ、電動ドライバーと言った電動工具まで揃えて様々なモノを自作する女性の事を指す言葉で、結婚して旦那さんが何もできなくて仕方なく奥さんが照明の交換からカラーボックスの組立までやっていたらその面白さに目覚めて棚やちょっとした箱と言った入れ物を作っていたらダイニングテーブルや椅子まで作る様になったって話はよく聞きます。

でもそこまではいかなくて一般の家庭家にドライバーやペンチ、金づち程度の道具は何か設置したり修理したり組立たりするのには必要ですから置いておられるとは思いますが、その道具が見つからない時ってありませんか?
この前この引き出しに閉まったはずなのにない….って言うのはよく聞く話で、日頃滅多に使わなかったり、日頃出し入れする引き出しや物入れに収納しておかなければ目にする事もありませんからついついどこへ閉まったのかさえ忘れてしまう事もあります。

それなら常に居場所がわかる様に目に付く場所に置いておこうと言うコンセプトで作られたハンマーがこの「Rhino Hammer」です。

全文を読む

後から映像を加工できる15m防水360°撮影VR-4Kアクションカメラ「Camorama」

今年はVR元年と言われVRヘッドセットやスマートフォンをセットしてVRを楽しむVRアダプターと言ったものがたくさん出て来た上にYoutubeやFacebookまでもがVR動画の投稿に対応するなど、続々とVR映像や360°アングルが自在に変えられる映像が手軽に楽しめる様になっては来ていますが、それを撮影するカメラはと言うと複数の撮影モード(アングル)があるものでもVRモードやパノラマモードと言ったモードを最初に選択してからしか撮影するカメラしかなく後からそのモードを違うモードに変えようと思っても既にその形式でファイル保存されていますから後から手を加えると言った事ができません。

ですがこの「Camorama」なら1つの撮影した映像を後から様々なアングル、モードを変える事ができるのです。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。