Home

KURA BASE

引ったくり防止機能のついた汚れや水に強いバックパック「Code 10」

海外旅行へ行く際にみなさん事前に訪れる場所の情報や現地の情勢を調べたりするかと思いますが、海外は日本に比べて治安が悪いと言う事はよく言われており、ネットで調べると結構恐い事も書いてありますが基本、貴重品は肌身離さず身に着けバッグに貴重品は入れておかないのがベストなのは確かな情報です。
ですがちょっとカフェに入ったりファーストフード店で休んだりする時にバッグパックを背負ったままだったり前掛けに持ち替えたりして肌身離さず持っている人は別格で、普通の人は隣の椅子の上に置いたり膝の上に置いたりするものなのですが、そう言う時が一番引ったくられ易い時でもあります。

だからと言って持ちながら休憩するなんて全然休憩にもなりませんが、このバッグパック「Code 10」なら下ろしても安心、席取りの為にテーブルに置いて行っても超安心な構造のバックパックなのでゆっくと荷物の事をせずに休憩する事が可能です。

全文を読む

100ヶ国以上で1日$10で通信し放題なLTEモバイルルーター「GeeFi」

知らない土地、特に海外へ個人旅行で行くとなると語学が堪能ではない限り、事前に訪れる土地・地域の下調べをし、なおかつガイドブックなり地図を事前に用意してから現地へ渡航するのが昔のスタイルでしたが、今はスマートフォンと言う便利なガジェットがありますからスマートフォン1つ持っていれば行きたい場所へ連れて行ってくれ、現地の言葉が話せなくても翻訳アプリケーションを使えば最低限度のコミュニケーションが取れると言う昔に比べれば夢の様な時代になっています。
ですが便利になった反面、それに見合った費用がかかるのも事実で、携帯電話各社のローミング料金は1日単位の加算でどのキャリアもほぼ横並びで2000円程度である一定の通信料を超えると3000円前後になり10日も海外旅行へ行くとなると帰国してからの請求が恐くなります。
その対策として海外で通信し放題なモバイルルーターを国内でレンタルしたり海外でも日本語でレンタルできたりする様なサービスがあったりしますが、そう言うサービスは使っても使わなくてもレンタル日数で請求されこれも結構な費用を払わざるをえません。

ですから海外へ行く機会の多い人はプリペイド式の現地で売られているSIMカードを購入し、トフォンに挿して使用したり、その国に電波使用に適応したモバイルルーターを持って行って現地SIMを挿して通信料金対策をするのですが、これは余程語学が堪能で何かあった時に対応できるだけのスキルがなければ無理ですなのですが、このモバイルルーター「GeeFi」ならそんな心配は不要です。

全文を読む

連続再生時間15時間の防水インナーイヤー型ヘッドフォン「Catalyst」

iPhoneも遂にiPhone7のリリースと共に3.5mmイヤホンジャックが姿を消しAirPodsと言うBluetoothインナーイヤー型ヘッドフォンを発売しましたが、Bluetoothヘッドフォンの欠点として一番使い勝手の上で問題視されるのがバッテリーの持ちです。AirPodsでさえも公称5時間しか連続再生できませんし市販のBluetoothヘッドフォンも似たり寄ったりで1日中音楽を楽しむ人にとっては5時間でも短いくらいで、Bluetoothヘッドフォンを選ぶ基準として再生時間を挙げる人が多いのも事実です。

そんな短い再生時間を連続再生時間15時間と言うスペックでクリアし更に様々な機能を盛り込んだ素晴らしいインナーイヤー型ヘッドフォンがこの「Catalyst」です。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。