Home

KURA BASE

AR技術を使いスマートフォンを使ってリアルな戦いを繰り広げる事ができるFPVバトルロボット「GEIO」

男性の方ならガンダムの様なロボットに乗って戦ってみたいと思った事は一度はあるのではないでしょうか?
現実として日本では水道橋重工業が作った「Kuratas」(今年の8月に”Eagle Prime”と戦って残念ながら負けてしまいましたが….)が有名ですが、そう言うロボットに乗って操縦してみたいと誰しもが思う事です。
ただ現実としてはまだまだそう言うロボットに乗ってサバイバルゲームを行うなんて事は現実的とは言えず、かと言ってFPVゲームではソフトウェア的には本物のコックピットから見た映像をリアルに描き出していますが、それはあくまでCGの世界でリアル感にはかなり欠けるのですが、今回紹介するバトルロボット「GEIO」はホビー用の小型ロボットながらカメラを搭載し、コックピット目線でリアルな風景を見ながら敵機とバトルする事ができるバトルロボットになります。

全文を読む

iPhone8/8+/XでBluetooth5.0に対応したのでそれ相応のヘッドホンが欲しいよね、カナル型Bluetoothイヤホン「hGroov」

iPhone8/8 Plus/Xが揃って発売になりましたが、注目されるのはQiワイヤレス充電の対応した事であったりFaceIDであったりEL液晶であったりDualレンズを搭載したメインカメラであったりと、見てその違いがハッキリとわかる機能ばかりにその視線は行っていますが、実はそれ以外にも地味に進化している部分は数多くあります。中でもLightningコネクタがバージョンアップしてUSB-PD(Power Delivery)に対応しており、Apple純正の”USB-C <-> Lightning”ケーブルであれば9V2Aで充電が可能になっておりその性能はこれまでのiPhoneの3倍強で充電できる様になっています。

更にBluetoothも殆ど触れらませんが、Bluetooth5.0に見事にバージョンアップを果たしており一般的には通信スピードが倍になり、電波の到達距離も4倍に増えています。これが意味するのはハイレゾ音源をワイヤレスで再生できるだけの能力を持った事と、またiPhoneをバッグの中に入れているとバッグへの入れ方やちょっとした角度でノイズが入っていたのが電波が安定して少々スマートフォンとBluetoothイヤホンが離れても聴き取り辛くなくなったと言う点です。

そして今回紹介するカナル型Bluetoothイヤホン「hGroov」もそんな波を敏感に察知してかBluetooth5.0対応にしており、最新のiPhone8/8 Plus/Xで使うにはまさにピッタリなワイヤレスイヤホンだと言えます。

全文を読む

最新のTouchBar搭載のMacBook Proをワイヤレス充電ができる様に変身させる「MagC」

”MacBook Pro Late 2016”が発売されてからもうすぐすると1年が経過しようとしており、もうそろそろUSB-Cケーブルをコネクタに抜き差しする事もみなさん慣れて来たのではいでしょうか?それでもあの”Mag Safe”の便利さから後退した感は否めませんし、あの便利さを取り戻そうと続々と登場しているUSB-Cのマグネットコネクタを使っておられると言う方もおられると思いますが、それでもコネクタを接続する(脱着する)と言う作業は永久的になくなるわけではなく、USB-Cコネクタから充電ケーブルがコンセントまで続いていると言う図式は変わりませんし、ちょっとケーブルを引っ掛けた時にMacBookそのものが床に落下する危険性が少なくなったと言うだけですが、もし今使っているMacBookを置くだけで充電してくれる、つまりiPhone8, 8+, Xの様にワイヤレス充電してくれる様になったらどんなに楽になるだろう?と思った事はありませんか?

それが現実のものとして実現させる事ができる唯一のデバイスがこの「MagC」になります。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top