Home > アウトドア

アウトドア Archive

自動で雑草を探して自動で雑草の草刈をやってくれるホームガーデン用ソーラーパネル搭載草刈ロボット「Tertill」

 ガーデンニングが趣味の方に一番何が辛いのか?何が嫌かと言うアンケートを取ると、一番多いのが”草刈り(草抜き)”で、その次が何故か”水やり”なのだそうです。
 特に草刈りは小さな雑草を花の苗と間違わない様に引き抜いて行かなければならないので神経も使いますし、また中腰で屈んで草を引かないといけない為に腰も肩も痛くなったりもしますので、雑草が生えなければ率先してやりたい仕事ではありませんし、かと言って雑草を放置しておくと雑草の葉が生い茂ってせっかく育てている花に日光が当たらなければ花そのものが育ちませんし、雑草に1回抜けば終わりではなく、全部抜き終わったと思っても暫くするとまたニョキニョキと花の苗の間から雑草が生えていたりしますので、雑草の草抜きも花を植えて楽しんでいる間は半永久的に続く仕事でもあります。

  そんなやりたいないガーデニングの仕事ナンバー1の草抜きを自ら草を探してやってくれるロボットがこの「Tertill」で、「Tertill」が1台でもあればかなり草抜きと言う重労働から解放されるはずです。

全文を読む

楽にゴフル場を回るならこれ!!手押し式キャディーカートを電動化する「eWheels」

 ゴルフに全く興味がないと言う方はゴルフコースがどの様になっているのかって言う事はご存知ないと思いますが、ゴルフコースって意外とアスレチックになっていて、山ありたにありで急な坂も至る所にあって、見た目は小さなゴルフボールを優雅にクラブで飛ばしているだけのスポーツの様に見えますが、実はアップダウンのきつい山の中をあっちに行ったりとこっちに来たりとそれはそれは大変疲れるスポーツなのです。
 ですからゴルフコースではゴルフカートの様に移動の為の電動カーが用意されていたり、ゴルフバッグを運びつつ、コースをどう攻めれば良いのか教えてくれるキャディーさんがついていてくれたりするのですが、基本的にはプレイ料金にこれらゴルフカートの使用やキャディーさんは含まれていませんので、プレイ費用を安く上げたいと言う方はゴルフバッグも自前で運ばなければなりません。
 そこで活躍するのがキャディーカートと言ってゴルフバッグを乗せて引いて歩くショッピングカートの様なものがあるのですが、このカートを引いて歩くのも坂がきついと年をとってちょっと体力の落ちて来たゴルファーにとってはきつく、ゴルフバックを持ち歩くだけで疲れて、飛ばないし飛ぶ方向は定まらないしと言うのは良く聞く話です。

 そこで登場したのがこの「eWheels」で、この「eWheels」は今お持ちの折りたたみ式のキャディーカートの後輪をこの「eWheels」に置き換えるだけでキャディーカートを全く押さなくて済む様になる自走ホイールなのです。

全文を読む

何と!!専用の手動式空気入れで、いつでもどこでも空気の充填が可能な潜水用ダイビングボンベ「SCORKL」

 夏、海へ行った時にその海の中の神秘的な姿を海面から覗き込んだ時に、その海の中に潜ってじっくりと海の中の様子を観察してみたいなぁ~と思った事ってありませんか?
 空の上もそうですが、海の中も普段は入り込まない場所ですから、そう言う場所に入ってそこに住む海洋生物の生態をじっくりと観察するのもいいのものですが、なかなかシュノーケリングですと何分も潜っていられませんし、かと言ってタンクを背負うとなるとそれなりの機材を持ち運ばなければならず、スキューバダイビングのライセンスを持っておられない方からするとまずはライセンスを取得して、重機材を揃えたりレンタルしたりと潜るまでの行程が多すぎてなかなか魅力はあるのだけれど、そこに踏み込めないと言う方は多いのではないでしょう?

 ですがこの「SCORKL」があればわずか10分ではありますが、手軽に海底散歩を楽しむ事ができます。

全文を読む

ホーム > アウトドア

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。