Home > カメラ

カメラ Archive

これ以上の進化は見込めないほど撮影モードが豊富なスマートフォン用ジンバル「LitleCane」

 ジンバルと言うのはカメラを駆動する為の回転装置なのですが、今ではモーターでカメラの上下左右、そして回転方向といったXYZ軸の動きを制御し、なおかつ手ぶれ補正までできてしまう製品が主流でなおかつ機能的にもハンドル(持ち手)に内蔵されたボタンやジョイスティックでカメラを一定速度でパン(横方向への移動)やチルト(上下方向)させる事でまるでテレビや映画で見る様な場面展開をする映像をスマートフォンを使って撮影する事ができるのですが、ハード的にはこれ以上進化させようにも進化させる部分がほぼないので(普通の一般的なジンバルは可動範囲が決まっていて360度グルグルと回転すると言う製品は稀なので今後登場するとすればXYZの3軸が360度グルグル回転して飛行機の”キリモミ”状態の様な映像をカメラだけで撮影できる様になるくらいですが….)最近の傾向としては専用アプリケーションを使ってスマートフォンからジンバルを制御して多彩な映像を自動で撮影できるものが増えて来ているのですが、この「LitleCane」にもこれ以上は盛り込めないと言うくらいの多彩な撮影モードが用意されています。

全文を読む

再生紙と厚紙で作られたレトロ感たっぷりなピンホール・インスタントカメラ「Jollylook」

 ピンホールカメラってご存知ですか?ピンホールとはその名の通り小さな穴の事を指すのですが、箱に小さな針の穴ほどの小さな穴を開け、その穴を通って入って来た光を感光フィルムで受けて1枚の写真になるのがピンホールカメラでレンズも何もなくただ穴を開けるだけでできてしまうのがピンホールカメラで、小学生の頃に理科の実験でやってみた事がある方もおられるのではないでしょうか?

 そんなピンホールカメラとインスタントカメラのフィルム(普通は撮影にはフィルムを使用し、そのフィルムを現像してから印画紙にプリントするのですが、フィルムと印画紙を一体化させて現像の出さなくてもデジカメの様にその場で撮影した写真を確認できるのがインスタントカメラ用のフィルムです)を組み合わせたカメラがこの「Jollylook」です。

全文を読む

プロのカメラマンの様なカメラワークを可能にするスマホ用ステディカム「Volt」

 ステディカムとジンバルの違いってご存知でしょうか?どちらも手持ちで撮影する場合に上下左右に揺れない安定した映像を撮影する為の手ブレを補正する為の撮影補助装置であるには変わらないのですが、ジンバルと言うのはカメラをXY(上下左右)そしてZ軸(回転方向)に回転させる装置の事で、今はそのジンバルの軸にモーターを取り付けて手ぶれ補正ができる様になっており、カメラをモーターで一定速度で動かしてアングルを変えつつカメラの揺れを補正して安定した映像が撮影できる装置になっており、ステディカムはカメラと釣り合う”オモリ”(カウンターバランス)を装置にセットする事で指の上に乗せた”やじろべえ”を動かしても比較的安定してあまり揺れずしかも指から落ちないのと同じで、装置全体の揺れをカメラとカウンターバランスでバランスを取って揺れを防ぐ装置で、電動でパンやチルトして撮影する機能はなく、今回紹介する「Volt」は後者のステディカムになります。

全文を読む

ホーム > カメラ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。