Home > カメラ

カメラ Archive

インスタ映えする写真を撮影するなら照明までついたスマートフォン用クリップ式3in1レンズ「RevolCam」

 最近では”インスタ映え”と言う言葉がメディアでもちょくちょく取り上げられる様にInstagramが大流行りですが、インスタ映えする写真をスマートフォンで撮影するとなると、それなりの条件とテクニックが必要なのは皆さん周知の事実です。
 例えばモノの写真を撮影する場合、どう言うシチュエーション撮影するのか?と言う、背景や撮影するものの演出も重要なのですが、それ以前の問題としてその場所は撮影に適しているのかどうかと言う問題があります。
 と言いますのもiPhoneもようやくiPhone 8やiPhone 8 Plusになってグラフィック処理エンジンが強化されて多少暗い場所でもノイズのないクッキリとした写真を撮影できる様になりましたが、どうしても周囲が暗いとノイズが入ってしまいザラザラとした写真になってしまいますし、かと言ってフラッシュを使うと明るくはなりますが、被写体が違いとフラッシュの光が反射して”白トビ”したり、遠ければ遠いで2〜3m先でもフラッシュが届かずに真っ黒な写真になったりします。
 そう言う失敗を防止するにはマニュアルで絞りやシャッタースピード設定できるカメラアプリケーションが最適なのですが、なかなか普通の人にはそう言うアプリケーションを使いこなすのは大変ですし、ましてやフラッシュを使うとなるとフラッシュが光った状態で調整できませんので試行錯誤で撮影をした画像を確認してダメならまた撮り直すと言う作業を繰り返さないといけません。

 ですが今回紹介する「RevolCam」があれば、フラッシュ(撮影照明)を使った場合でもスマートフォンのモニターを見ながら調整して撮影できますので、取り直しが少なくて済むのです。

全文を読む

1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」

 手ぶれ補正機能がないスマートフォンやアクションカメラで撮影を行う際に一番気になるのは映像の微妙なブレです。そのブレを無くして見やすい映像を撮影できる様にするのが”スタイビライザー”と言う装置なのですが、この他に”ジンバル”と言う装置もあり、最近の”ジンバル”は”スタビライザー”の機能も包括していたりするのですが、この”スタビライザー”と”ジンバル”の違いはご存知でしょうか?
 実は”スタビライザー”も”ジンバル”も似た様なものでカメラ用のスタビライザーやジンバルではどちらも映像を安定化する装置なのですが、スタビライザーは画像のブレを抑えるだけで構造も”重り”等を使用してバッテリーレスでカメラと重りのバランスを取って映像のブレを抑える装置なのに対して、ジンバルの基本構造はジャイロスコープの様なもので、モーターを使って映像のブレを抑えるだけでなくモーターでカメラの向きも変える事ができますので、自らカメラを動かなくても、ボタン1つで監視カメラの様にカメラの向いている向きを変える事ができると言うのが特徴です。

 そんな”ジンバル”にアクションカメラを合体させた画期的な製品が今では何種類か発売されているのですが、アクションカメラの先駆者であるGoProが代々液晶モニターレスで来たからなのか?(最近は液晶搭載のGoProもありますが)、撮影中の映像を確認する為には別途スマートフォンなり専用モニターを用意する必要があったのですが、この「REMOVU K1」は1.5インチと小さいながらも液晶モニターを搭載する事で、その別途モニターを用意すると言う不便さを解消しました。

全文を読む

水槽の中の様子をライブ中継するだけでなく、汚れた水槽のガラスも一緒に掃除するお掃除IPカメラ「MOAI」

 皆さんは仕事やショッピング、そして旅行等で家を開けていたりする時に、家に残して来たペットがどうしているのか気になる事ってありませんか?
最近はパン・チルト操作と言ってレンズの向いている方向を意のままに変える事ができるWiFi接続のIPカメラがどんどんと安くなって来ている事もあり、IPカメラを自宅に設置して留守中のペット達がどう過ごしているのかを暇があれば覗き見していると言う方も多いかと思います。

 そう言う留守中の特に水槽の中で飼っている水中生物達をスマートフォンを通して観察・監視できるWiFi接続のカメラ「MOAI」を今回は紹介致します。

全文を読む

ホーム > カメラ

New Topics

Return to page top