Home > カメラ

カメラ Archive

縦横40mm、厚さ15mmの超小型アクションWiFiカメラ「Foxshot」

 今回紹介するアクションカメラ「Foxshot」はGoProほどの高性能なカメラは必要ないけれど、ちょっと撮影してみたいと言う願望や、自分のいない時に愛犬や愛ネコは何をしているのだろう?と言う様な、ちょっと撮影をしてみたいと言う欲求を満たしてくれる便利なアクションカメラです。

全文を読む

シャボン玉がキラキラと光る様なボケが持ち味のオールドレンズ「Trioplan 35+ f2.8」

 今回紹介する「Trioplan 35+ f2.8」は既にMeyer Optik社がリリースしているトリオプランレンズの50mm,100mmに続く第3弾のレンズで、焦点距離が35mmのレンズとなります。
 トリオプランレンズをご存知ない方に少し紹介しますと、今から100年ほど前にドイツのHugo Meyer社が売り出したレンズで、何とたった3枚のしか使わずに(使用レンズが3枚なのでトリオプランと名前がつきました)レンズの収差(球面収差)を過剰に補正する事でわざと背景の景色をボケさせ、そのボケも単純にレンズのピントが合っていない時に見える様なボヤァ〜と見えるボケ加減に加え、遠くに見える光の光源は広がって無数の大小様々なシャボン玉がフワフワと飛んでいる様に見えるためにその見え方から”BabbleBokhe”と言われたレンズです。

 そしてそのトリオプランレンズをMeyer Optik社が50mm,100mmと2種類のレンズを復活させ、そして今回はF値2.8で焦点距離35mmのレンズを復活させました。

全文を読む

スマートフォンやミラーレスカメラでプロ顔負けの撮影が可能な放送品質マイク搭載ローアングル・グリップ「MicRig」

 iPhoneで動作を撮影していて、めっちゃ音が悪い!!って感じる事ってありませんでしょうか?例えばよくその音の悪さがわかるのが子どもさんの発表会ではないでしょうか?幼稚園や保育園、小学校の生活発表会や学芸会でスマートフォンを使って撮影した事がある方ならよくお分かりになると思いますが、近くの保護者の方の笑い声であるとか雑談であるとかそう言う音声はクリアに録音されているのに、遠くの舞台の上で一生懸命に台詞を言っている我が子やお友達の声は拾えているのか拾えていないのかわからないくらい小さかったり、子どもの演奏会や知り合いのライブへ行って撮影して後から聞き直すと、あれ?って思うくらい音が悪かったりすると言うのはみなさんアリアリだと思います。
 それは何故か?実はiPhoneの背面カメラで撮影する時のマイクってカメラのレンズとフラッシュライトの間にある黒い丸い穴の中にマイクが内蔵されており、しかもマイクは実はモノラル録音なのです。えぇ~と思われるかもしれませんが、実際はモノラル録音なので音が悪くて当然で、それはGoPro(HERO5はステレオです)も動画撮影が可能なミラーレスカメラもデジタル一眼レフカメラも同じです。

 ですからiPhoneで動画を撮影する場合、動画に見合った高品質な音声を録音しようと思うと実は外部マイクが必要で、そのマイクとプロがよくローアングル撮影に使用するグリップを合体させたのがこの「MicRig」です。

全文を読む

ホーム > カメラ

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。