Home > 文房具

文房具 Archive

短くなったエンピツを最後まで使い切る鉛筆ホルダーとエンピツ削りが一体化された「pencil+」

今、エンピツが意外にも人気があると言う事実をみなさんはご存じでしょうか?小学生でもないのに今更エンピツなんて使わないよ!!と言われる方も多いかもしれませんが、シャープペンシルには芯切れがあり、芯切れは事前に知らせてはくれず、しかも突然やって来て、替え芯のストックがなければ全く書く事すらできないと言う状況に一気に追い込まれてしまうのがシャープペンシルです。
一方エンピツはと言いますと、使っていれば短くなりもうすぐなくなるな、と言う事は常に体感できますので、事前に気がついた時にストックがなければ買い足しておいたりする事もできますので、エンピツの方がシャープペンシルよりも芯切れ、エンピツ切れで困ると言う事が全くありませんので、そう言う意味で扱い易いエンピツが今、ちっとしたブームになりつつあるのです。
また芯の折れないギミックを搭載したお高いシャープペンシルは別としてシャープペンシルってちょっと力を入れたり紙とシャープペンシルとの角度が悪かったりするとすぐに芯が折れてしまって結果的に折れないエンピツの方が安上がりと言う事もあるからです。

そんなエンピツ、特に短くなったエンピツを最後まで使い続ける事ができる鉛筆ホルダー「pencil+」を今回はご紹介致します。

全文を読む

手の大きさに合わせて長さが変わり750種のインクが使えるグレード5チタン合金製ボールペン「Ti Arto EDC」

みんさんは筆記用具に拘りは持っておられますか?
シャープペンシルもボールペンも100円均一ショップで買えるものから、シャープペンシルでもただ普通に書いているだけなのに勝手に芯が自動で出て来るン千円するものや、ボールペンはいわゆるブランドものもありますので数万円するものまでたくさんあります。

ただ筆記用具だけは他人が使ってこれが良い!!と推薦してくれても手の大きさや指の長さ、そして筆圧によっても書きやすさは変わって来ます。

ではどう言うボールペンが書きやすいのかと言いますと、基本的には軽ければ軽いほど良く、しかもペンを握った際に人差し指の第2関節とボールペンが当たる位置にボールペンの重心があると一番手に負担がかかりませんので長時間書き続けても腕が疲れると言う事がないのですが、実際に持って書いてみないとそんな事は分かりませんので通信販売で買うと言うのは”賭け”に近い様なものなのですが、この「Ti Arto EDC」に至ってはペンの方が手に合わせて重心の位置を変える事ができますので、そう言う持ち辛いと言う事がありません。

全文を読む

太陽系の惑星の重力を実感できる重力体感模型「Gravity Museum」

みなさんは学生の頃に太陽系の惑星は太陽を中心に太陽に近い順番から「水金地火木土天海冥(水星、金星、地球、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星 ※冥王星は今現在惑星では外されてしまいましたが….)」と習ったかと思いますが、それ以外の太陽系の惑星に関して何か思えていますか?
よほど惑星好き、天体好きな方なら各惑星の特徴を事細かに覚えておられるでしょうが、普通の人は一番大きいのは太陽を除いて土星だっけ?木星だっけ?と言う様な記憶くらいしかないでしょう。

ですが近い将来、誰もが宇宙へ行ける様になり、近隣の惑星へ旅行へ行く事ができる様になった時に、一番重要な重力について学習できる教材「Gravity Museum」を今回は紹介致します。

全文を読む

ホーム > 文房具

New Topics

Return to page top