Home > 自転車

自転車 Archive

スマートフォンで死角となる真後ろの確認ができるバックカメラを搭載した自転車用テールライト「HEXAGON」

 最近自転車に安全性の意識の向上もあってか赤色やその他の色で点滅するLEDテールライトを装着している人が増えて来ており、自動車を運転している者にとっても少しでも自転車の存在を早期発見できると言う意味においては大変有り難い事なのですが、中には非常に横着な運転をする人がいて、後ろが見えているのか?見ているのか?と疑う様な運転をする人も世の中にたくさんおられます。

 確かにバイクもそうなのですが、自転車よりも圧倒的にバイクや自動車の方が走るスピードが早いと言うのは当然の事で、例えば右折しようと後ろを確認した時は、たまたま後方からやって来る自動車に気付かずに右折しようとスピードを落としてハンドルを倒したらいきなり後方で急ブレーキの音が聞こえて、見て見るとそこには急ブレーキを踏んで停車している自動車がいた、なんて事は長年自転車に乗っていると誰しもが経験する事です。

 そう言う時の為に自転車にもサイドミラーを取り付けておき、曲がる時は必ず後方から車両が来るかどうか確認する習慣をつけておけば取り付けておかないよりはマシですが、ちょっとサイドミラーは抵抗があると言う方にオススメなのがこのバックカメラ搭載のLEDテールライト「HEXAGON」です。

全文を読む

お尻の痛みから解放され、いくらでも乗り続けられる自転車用サドルクッション「Rinsten Spring」

 ロードバイクやオフロードバイクと言うジャンルの自転車を乗っている方なら誰しもが経験した事がある、あのお尻の痛みは苦痛以外の何物でもなく、しかもその痛みを訴えている人も多くいるのにも関わらずサドルだけは進化の兆しが見えません。
 特にサドルに当たるお尻の部分に余分な脂肪がついていないと、自分の骨盤とサドルとで皮膚や臀筋が圧迫されつつ擦られて長い距離を乗れば乗るほどお尻は痛くなって来ますので、もうちょっとママチャリ程度でいいのでクッション性が良くなればと思うのですが、サドルのクッションそのものも硬くしかもサドルとフレームが直結されている為に、路面から伝わる衝撃はどこにも吸収されずダイレクトにお尻へ伝わりますので、更にその衝撃もお尻を痛める原因の1つです。

 そう言う事がわかっているのに何故、それを改善するためのサドルが出て来ないのか?それを改善すればロードバイクやオフロードバイクに乗っているライダー達がどれだけ助かるのか……..それに応えるかの様に登場したのがこの音叉(基準となる音を出す為の道具)を半分に折った様な形状をした「Rinsten Spring」です。

全文を読む

え!?今乗っている自転車がたった60秒で電動自転車に大変身!!「UrbanX」

 電動自転車の快適性は知っていても電動自転車って高価ですし、それに自転車って意外と丈夫で壊れませんから壊れいない自転車を乗り換えるのも勿体ないのでなかなか電動自転車の購入に踏み切れないと言う人も多いのではないでしょうか?
 ですからその様な方の為に今乗っている自転車を電動自転車に改造するキットが割とたくさん販売されているのですが、そのどれもが自転車の構造を変えずに電動化するもので、そのまま自転車を改造せずに取り付けられるので(ペダルの部分に取り付けてチェーンを補助的に駆動したり、ダイレクトにタイヤのついたモーターを後輪に接触させて後輪を回したりなど)簡単と言えば簡単なのですが、簡単に取り付ける事ができる様になっている分、元となる自転車の構造に依存しある自転車は取り付けても大丈夫で、ある自転車は取り付けできませんと言う事になり、実際のところそう言う商品が多いのです。
 ですがこの「UrbanX」はタイヤを丸ごと交換する為にタイヤの大きささえしっかりと選べばどの様な形状の自転車にでも取り付ける事ができる画期的な電動自転車化キットなのです!!

全文を読む

ホーム > 自転車

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。