Home > 生活 > 電化製品

電化製品 Archive

光触媒フィルターでPM2.5から細菌、ウィルスまで除去・無害化してくれるフィルター交換不要の空気清浄機「BRID」

 みなさんが日常的に使っている空気清浄機ですが、大抵最近のファン集塵方式と呼ばれる空気清浄機の中のファンによって空気を吸い込んでフィルターで空気を漉すタイプの空気清浄機には”HEPAフィルター”と言う花粉やそれ以下の粒子のPM2.5までもが除去できる高性能なフィルターが入っていますが、実はこいつが意外にも曲者だってご存知でしたか?
 よく”フィルター交換10年不要!!”なんてキャッチコピーが書かれた空気清浄機を多く見かけますが、この交換10年って実は”日本電機工業会のJEM1467規格”と言う規格があり、この規格ではフィルタの耐用年数は「一日にタバコ5本分の煙のみを処理した場合」と言う実に現実とはかなりかけ離れた条件で算出しているのです。ですから欧米などではHEPAフィルターは最大でも2年で交換する事を薦めています。
 そしてこのHEPAフィルター、みなさんもご存知の通り、水洗いもできませんし、更にはPM2.5と言う粒径2.5μmと言う極小の粒子までをもキャッチできるフィルターですからフィルターの繊維に絡みついた様々なゴミが掃除機の吸引力程度で剥がれて吸われるなんて事はありませんので吸っても意味はありませんから、HEPAフィルターで最大の能力を発揮するのであればフィルターを毎年ないし2年に一度は交換するのが本当はベストなのです。

 ところで今回紹介する空気清浄機「BRID」はHEPAフィルター並みの空気清浄能力を持ちつつ、水洗いだけ元の空気清浄能力を取り戻す事ができ、フィルター交換不要の空気清浄機なのですが貴方なら使ってみたいですか?

全文を読む

首や肩への負担をゼロにし、ストレスフリーな5K画質のヘッドマウントVRディスプレイ「Cinera」

 ヘッドマウントVRディスプレイは今や安価にかつ手軽にどこででも3D映像を楽しむ事のできるデバイスとなりかなり広く普及して来つつありますが、唯一”重さ”と言う欠点を持っています。どう言う事かと言いますと、ヘッドマウントディスプレイは帽子の様に頭に被るのですが、装着すると重力でヘッドマウントディスプレイが地面方向へと引っ張られヘッドマウントディスプレイの重さでどうしてもうつむき加減になるりますので、真っ直ぐ真正面を向こうと常に首や肩の筋肉を縮めて首の位置を保持しようとします。
 そしてこれが筋肉疲労を助長して肩こりや首こりの原因となるわけなのです。おそらく肩こりを持っておられる方なら、ヘッドマウントディスプレイを何かの機会いん装着した時に、ほんの数分の装着だったのにも関わらず首や肩に不快感や”コリ”を感じられたと思います。

 それがヘッドマウントディスプレイで映画を見るとなれば、2時間や2時間半もの長時間の間、ヘッドマウントディスプレイを装着してずっと支えなくてはいけませんので、一体その肩こりや首のコリがどうなってしまうのかわかりませんしひょっとしたら映画が終わった頃には首の筋肉が固まってしまっていて1mmも首が動かせないと言った様な状態担っているかもしれません。
 そう言う最悪の状態にならない様に工夫を凝らしたヘッドマウントVRディスプレイがこの「Cinera」です。

全文を読む

本を読んだり手元を明るくして作業するのに最適なポータブルLEDスタンドライト「MESA」

 暗い照明の元で本を読んだり作業をしていたりして字が霞んだり、細かな部品や目盛りが見え辛かったりする事ってありませんか?
 これって実は暗い場所では周囲の明るさが足りなくてピントが合わせ辛いのです。例えばデジタルカメラやスマートフォンで写真を撮影する時に暗い場所で撮影を行うとなかなかピントが合わないって事ってよくありますよね。これが昼間ならすぐにピントが合うのに同じ場所で同じアングルで撮影しているのに夜になるとピンとが合い辛くなります。それと暗い場所で眼が見え辛くなるのは同じ事で、暗い場所ではなかなか人間もピントが合わせ辛くなるので、暗い場所で本を読んだり作業をしたりする時はできるだけ明るくした方が見やすくなり眼への負担も少なくなって眼精疲労も起こし辛くなるのです。

 そこでそう言う手元を明るく照らしてくれるポータブルLEDスタンドライト「MESA」を紹介します。

全文を読む

ホーム > 生活 > 電化製品

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。