Home > 衣類

衣類 Archive

ハンガーラックにかけていても邪魔にならず見た目もスッキリな折りたたみ式ハンガー「Amazing Hangers」

 皆さん、洗濯した服を干したり、クローゼットに服を収納する時にハンガーはどちらから通しますか?

 普通はハンガーを通す時は首の部分が伸びない様に下からハンガーをいれて袖にハンガーを通してから首からフックの部分を出したり、ボタン付きの衣類ならハンガーをかけた後にボタンをかけますが、この正当なハンガーのかけ方と言うのは非常に時間がかかり、急いで洗濯物を干したりする時には不向きです。中にはハンガーそのものが変形してTシャツの様にゴム首を伸ばす事なく首からハンガーを入れてかける事のできるハンガーもありますが、服の形状によってはかけられないものもあり万能ではありません。

 ですがこの「Amazing Hangers」ならゴム首を伸ばす事もなく、襟元のボタンが止まっているワイシャツの様なものもボタンを外さなくても、そして小さな赤ちゃんの衣類から大人の衣類までマルチに使えるハンガーで、しかもバラフライナイフの様に折り畳むとコンパクトに、そして広げるとクリーニング店でもらう針金ハンガーサイズになります。

全文を読む

親指1本の幅があればどこにでも取り付け可能な天然木タオル掛けハンガー「Ruggy」

 ここにタオル掛けハンガーをつけたいのに……合うものがない…..って事ってありますよね。
 例えばデザインはいいのだけれどタオル掛けハンガーのサイズが取り付けたい場所に合っておらず取り付けられないって事ってよくありますし、ばその良い例がお風呂場の扉です。お風呂場の扉って今のユニットバスの場合は大抵アルミフレームにポリカボーネード等のガラス以外のパネルが安全性を考えてはめ込まれている事が多いので、お風呂場の扉にバスタオルを引っ掛けておく為のタオル掛けハンガーを取り付けようと思うと必然的に両面テープで貼り付けるタイプのものしか選択肢はありませんが、パネルに貼り付けるとあまり肉厚の厚いパネルではなく結構ペコペコと押すと軽く凹んでしまいますから、ちょっと重いバスタオルをかけるには不安がよぎります。
 かと言ってドアのフレームにタオル掛けハンガーを取り付けると、1枚ものの開戸では横幅のあるハンガーが売られてはいますが、果たして材質やデザインが気にいるか?また中折れ式の2枚扉の場合はタオル掛けハンガーを貼り付けると今度は扉がハンガーに当たり100%開かなくなってしまいます。

 ですがこのタオル掛けハンガー「Ruggy」なら横幅が1.4インチ(約3.6cm)あればどの様な場所にでも取り付ける事ができますので、今までタオルを置きたかったのだけれど置けなかった場所へタオルを置く場所を作る事ができますし、もちろんお風呂のドアのフレームにだって貼り付ける事ができます

全文を読む

旅行にも最適!!濡れない&手が汚れない&素早く洗える洗濯物の手洗いウォッシングバッグ「Allurette Washer」

 自宅でも旅先でもコインランドリーや洗濯機を使うまでもなく洗濯物を手洗いする事ってあるかと思いますが、その手洗い洗濯が非常に短時間でかつ綺麗に汚れが落ち、しかも洗剤で手が荒れたり身体が濡れたりする事のない洗濯ガジェット「Allurette Washer」を今回は紹介します。

全文を読む

ホーム > 衣類

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。