Home > 衣類

衣類 Archive

スイッチオンで、わずか10秒でポカポカとして来る丸洗い可能ヒーター内蔵スポーツシャツ「PolarSeal」

 今は暑い暑いと言っていてもすぐに朝晩と肌寒く感じる季節がやって来て、そして本格的な冬がやって来ますが、ちょっと肌寒い時って皆さんはどうしていますか?
特に早朝や暗くなってからランニングをされる方は一番寒い時間帯に走られますので、走っていればそのウチに暖かくはなって来ますが、その暖かくなるまでの時間って結構長くそして硬ばった身体で動いていると怪我もしやすくなります。
 そんな朝晩の寒い時間にランニングをされている方にとってもオススメなスポーツウェアがこのヒーター内蔵の「PolarSeal」です。

全文を読む

4スピーカーでクリアなサウンドを楽しめ、頭の締め付け感がない骨伝導スピーカー搭載キャップ「ZEROi」

 骨伝導ヘッドホンと言うジャンルのヘッドホンをみなさんはご存知でしょうか?この骨伝導ヘッドホンはダイレクトに骨(頭蓋骨)を振動させて音を伝達させますので、鼓膜で音を聴く様に周囲の雑音の影響を受ける事がありません。しかも鼓膜を防ぎませんので周囲の音も自然と耳に入って来て自動車の走行音等やクラクションの音に気づかなくて怖い思いをすると言う事がなくなりますし、知り合いに呼びかけらたのがわからずにシカトするつもりはなくても結果的にシカトしてしまい気まずい思いをする事もありません。
 ただ骨伝導ヘッドホンの場合、骨に振動を伝えますので骨伝導スピーカーと呼ばれる音を振動に変えて骨に伝えるスピーカーを密着させる必要があり、もし少しでも浮いていると振動が伝わらずに全く聞こえないか、聞こえても浮いている事で伝達される振動が弱くなって結果的に聞こえる(認識できる)音が小さくなって聞こえ辛くなり、今度はボリュームを上げると普通のヘッドホンと同じ様に音漏れを起こして周囲の方に迷惑をかけてしまいます。
 ですから骨伝導ヘッドホンの場合、接触している皮膚が次第に痛くなって来るくらい密着させるのがコツなのですが、前述した様に身につけていて痛くなるのは嫌ですし、だからと言ってユルユルで聞こえ辛いのも嫌です。

 そんな締め付けの圧力による痛みと聞こえ易さと言う相反する問題を帽子を利用する事で解決したのがこの「ZEROi」です。

全文を読む

背の低い物干しでも床に衣服がつく事を気にせず綺麗に干す事ができるハンガー「Higher Hangers 2.0」

 ハンガーと一口に行っても様々な形状をしたハンガーが世の中にはたくさんあります。普通のハンガーは三角形をしていてその頂点にフックがついていてぶら下げられる様になっていますが、中にはズボンにシワをつけない様に吊るせるハンガーや、下着専用のハンガー、子供の衣類をかけておく為の小さなハンガーから、タンクトップや肩紐のついた衣服がずり落ちない様にハンガーのフレームに窪みがついていて引っ掛けられる様になったも、更にはハンガーをかける際に襟首が伸びない様に工夫されたハンガーなど、世の中には便利なハンガーがたくさんあるのですが、ベースの三角形と言う形状とその中心、頂点に物干し竿に引っ掛ける為のフックがついていると言う基本的な構造は共通していますし、それを普通に我々は使っているのですが、上下2段になったクローゼットや部屋干しの物干し竿、そしてベランダの壁に取り付けられた物干しに衣類をかけた時に下の段のバーに衣類が当たってしまい衣類にシワが寄ったり、丈の長い服をかけて床に服の裾が着いてしまって気になると言う事はありませんでしょうか?

 もしそう言うのがきになるのなら、今回紹介するハンガー「Higher Hangers 2.0」を使ってみて下さい。ちょっとした工夫で今まで床に着いていた衣服が着かなくなりますよ。

全文を読む

ホーム > 衣類

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。