Home > バッグ

バッグ Archive

完全防水そして盗難防止機能がついた使う人に合わせて用意された3種類のバッグ「Code10 2.0」

この時期、雨具を忘れても雪が降るのであれば払うだけで済み、バッグの中のものまで濡れると言う事はほぼないのですが、これが雨だと話は別で、バッグに使われいる素材そのものが防水性のあるものだったとしても縫い目やジッパーと言った部分は流石に普通のバッグでは防水なんて事は考えていませんのでそこから染み込んで来たらもう最悪です。
しかも今はスマートフォン以外にPCやタブレット、そして充電器と濡れてはいけないものが多数バッグに入っている事もあり、染み込まないバッグの方が良いに決まっています。

そこで今回は防水性の高い生地に防水性能を持ったジッパー、そして縫い目から雨水が染み込まない完全防水構造になっている「Code10 2.0」と言うバッグをみなさんにはご紹介致します。

全文を読む

折り畳むと手にスッポリ入るくせに20kg超も詰め込める500円玉2枚分の重さしかないエコバッグ「Nanobag」

スーパーへレジ袋が有料化された事で常にバッグの中にはエコバッグを入れて持ち歩いていると言う方も多いかと思いますが、エコバッグを持っていてもレジ袋を購入しなければならないと言う時って意外と多くありませんか?

と言いますのも、週末にスーパーへ買い物へ行くと言う目的で出かけるのであれば、およそ買う物も決まっていますし、どれくらいの量になるかも予測できる事からそれら買い物した荷物が入るだけのバッグやカゴ等を持って行きます。

ですが、平日に会社帰りにスーパーに寄ると言った様なシチュエーションの場合はビジネスバッグやハンドバッグに入れても邪魔にならないサイズのエコバッグを入れて持って行かれると思うのですが、スーパーに入った時にたまたまタイムセールをやっていたり、いつもよりお買い得になっていたりしてついついまとめ買いしちゃったり、仕事帰りにスーパーでお米と水と買って来て!!なんてLINEが入った時には到底、いつも持ち歩いているエコバッグでは入らなかったり、総重量が重すぎてエコバッグが破れてしまったなんて事はよくあり、結局レジ袋を買う羽目に…..

そう言う時に今持ち歩いているエコバッグよりも遙かに頑丈でかつ軽量、しかも折り畳めば掌にスッポリと収まるエコバッグ「Nanobag」をご紹介したいと思います。

全文を読む

急なゲリラ豪雨に遭遇しても濡れる心配は全くない!!浮き輪にさえなる50m防水のドライ・ダッフルバッグ「PRO DRYBAG 2.0」

みなさんはドライバッグと言うジャンルのバッグはご存じでしょうか?
形状はダッフルバッグ(円筒形のドラムバッグ、スポーツバッグとも日本では呼んでいます)で、口の部分が紐やジッパーの様なものではなく口の部分をクルクルと巻き込んでカチッとベルトで固定するタイプのものが多くドライバッグと、バッグの中が濡れないと言う意味合いもあり防水性能を持っています。
ただ防水とは言ってもみなさんが思っているイメージとはちょっと違い、水の中に落としても無事かと言うと残念ながらそうではなく、長時間水に浸けていると中に水が入ります。

ですが今回紹介する「PRO DRYBAG 2.0」は正真正銘のドライバッグで、仮に水深50mの場所に持って行ったとしてもバッグの中に水が入る事はありません。

全文を読む

ホーム > バッグ

New Topics

Return to page top