Home > > Car DIY

Car DIY Archive

ポケット付きフェンダーカバーよりグッと使い易い作業用マット「Grypmat」

 DIYで車やバイク、自転車をいじる時に外したボルトやナットと言った部品ってあなたはどこに置いていますか?手慣れた方なら部品を並べる為の専用のマットを用意し、そこに外したボルトやナットや部品類を後から組み付ける時に間違えない様に置いて行くかと思いますが、例えば車のボンネットの中をいじったりする時ってナットを1個外しては床や地面に置いたマットの上に置くのに身体を起こして向きを変えしゃがんではまた立ち上がってボンネットの中を覗き込み、またナットを1個取ってしゃがんでナットを置いてまた立ち上がってを繰り返していると時間はかかるは、ヒンズースクワットを何回も繰り返している様なもので腰は痛くなるわ身体にも良くありませんが効率も良くありません。

 そんな作業をする時にとても便利な作業用マットがこの「Grypmat」です。

全文を読む

静音性とゴミの吸着性能を持ちつつ払うだけで綺麗に掃除ができる高級車のフロアマットに負けないカーフロアマット「TRAPMATS」

 車のフロアマット(カーマット)ってただ単に汚れの防止の為だけに敷いているだけじゃないってご存じでしたか?確かに車両のフロアが汚れるのを防止すると言う役目は当然の事ですが、それ以外にも靴底について車内に持ち込んだ砂埃やウィルスや細菌と言ったものを撒き散らさないと言う役目が実はあるのです。それを考えればメーカー純正のフロアマットと言うのは絨毯の様な生地で生地の間に入った石や砂を取り除こうと思ってダイソンを使おうが棒で叩こうがマットの毛に絡まった石や砂ってなかなか落ちて来ませんし最終的には全部は出て来ず諦めてしまうと言う方も多いかと思います。
 確かに冬場はエアコンを自動にしていると足下の吹き出し口から温風が出て来ますから、足下から風が出て来ると言う事はフロアマットにも直接風が当たっていますから当たった風がフロアマットに付着した砂埃や様々なウィルスを撒き散らす事も当然の事ながらあるでしょうからそれを考えればフロアマットに絡まった砂や石がなかなか取れないのも納得できます。ですが、そうは言ってもせっく掃除したのに砂や石が残っているのって何だか嫌ですし、掃除したにも関わらず乗った人には掃除していない様に見えてしまいますからそれも嫌です。
 そこで従来のフロアマットが持っていた機能はそのままでしかも掃除は何十倍も楽なフロアマットがこの「TRAPMATS」です。

全文を読む

ナイトミーティングで目立てるバイク・カー用フルカラーLEDイルミ「XKchrome」

夜間、街中を走行中に綺麗に車体を光らせている車やバイクを見て自分の愛車もあんな風に光らせたらいいだろうなぁ~と思った事はありませんか?でも何も電気配線等やった事がなければどうやってやったらいいのかもわかりませんよね。ただ最近では回りにそう言う事に詳しい人がいなくてもネットでググればいくらでも情報は出て来ますし、意外とやってみれば簡単だったりもします。

この「XKchrome」は最低限、電源させシーガープラグからでも取る事ができれば、後はLEDテープを貼り付けるだけのお手軽なLEDイルミネーションです。そして今までのデコレーションLEDにはない機能をたくさん積んでいます。

全文を読む

ホーム > > Car DIY

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。