Home > 生活 > クッキング

クッキング Archive

食材をセットしてボタンを押すだけでどの様な食材も自動で焼き上げてくれる全自動卓上グリル「Cinder Grill」

 電子レンジって便利な道具で、最近の高機能な電子レンジは温める以外にも蒸したり焼いたりと言った事もボタン1つでできてしまうので非常に便利なのですが、蒸し物もそうなのですが、焼き物においても例えばステーキや焼き鳥と言ったものも簡単に電子レンジで作れてしまうのですが、風味や食感はやはり焼いたものと比べるとかなり違います。
やはり焼くものはちゃんと焼いてこそ焼き物であって、電子レンジでの調理は似せたもの、それに近いものです。
 ですが世の中には焼くのが苦手と言う方がおられます。ただ焼き色がつくまで加熱するだけなのですが、苦手な方は中まで火を通そうとしっかりと加熱し過ぎて表面を焦がしたり、表面を焦がさないでおこうとして今度は逆に中まで火が通っておらず生だったり……
 そんな焼き物が苦手な方の救世主的なグリル調理器具がこのCinder Grill」です。

全文を読む

抽出時間を捻るだけで変える事ができるステンレス製コーヒードリッパー「December Dripper」

 コーヒーもそうですが、緑茶でも紅茶でも同じ豆や茶葉を使って淹れてたとしてもお湯の温度であったり抽出時間が違ったりすると全く違った味になります。その良い例が急須で淹れる緑茶や紅茶パックで淹れる紅茶でしょう。緑茶であれば急須に茶葉を入れ、そしてお湯を注いですぐに湯呑みに注ぐと薄すぎて色は出ていてもお茶の味なんてほとんどしませんし、逆にじっくりと時間を置いて急須に注ぐと今度は濃すぎて苦かったりしますし、紅茶でも時間によってやはり同じ事が言えます。
 それと同じでコーヒーもコーヒードリッパーと呼ばれるコーヒーを抽出する為の器具を変えるだけでこうも味や香りに影響するのか?と言うくらい劇的に味や香りが変化をします。ですがそれを楽しむ為に複数のコーヒードリッパーを揃えておくのも収納スペースの問題で現実的ではありません。

 ですがこの「December Dripper」ならこれ1つで無限の淹れ方を試す事ができます。

全文を読む

自分の大好きなコーヒーが楽しめるネスプレッソ用詰替互換カプセル「WayCap Ez」

 カプセル式のコーヒーマシン(ネスカフェの”ドルチェグスト”,ネッスルの”ネスプレッソ”)ってマシンに水を入れたタンクをセットしておけば、後はカプセルをセットしてボタンを押すだけで淹れたてのコーヒーを飲む事ができ、しかもお手入れはカプセルを入っていない状態でカップをセットしてお湯を抽出するだけと、手が汚れないのがメリットです。
 ただ簡単なのですが、カプセル1個あたり豆の種類にもよりますがコーヒー1杯あたり50円以上しますし(缶コーヒーよりも安く、喫茶店やコーヒーチェーン店でコーヒーを飲む事を考えればずっと安いのですが)、同じ種類の豆をパックで買った場合に換算してみると割高なのは事実です。
 ですから世の中には割安に飲める様にと、既に挽いた豆が封入されたネスプレッソ用の互換カプセルや、自分で好みの豆を入れて封入できるネスプレッソ用のカプセルそっくりな詰められるカプセルや、何度も繰り返し使えるアダプターがこの世の中にはたくさんあります。

 そしてこの「WayCap Ez」もそんな何度も繰り返し使えるネスプレッソ用のカプセル・アダプターなのですが、この「WayCap Ez」が他のアダプターと違うのは、コーヒー豆を詰める所から抽出する所まで細部にこだわってユーザーフレンドリーに作られていると言う事です。

全文を読む

ホーム > 生活 > クッキング

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。