Home > 生活 > クッキング

クッキング Archive

美味しく煎茶やコーヒーを頂く為に1℃単位で温度設定が可能な湯沸かしポット「Stagg EKG」

 みなさんお茶やコーヒーを淹れる時にお湯の温度って気にしていますか?

 例えば煎茶を淹れるお湯の温度は沸騰した100度のお湯ではなく70〜80度のお湯の方が渋みを抑えて旨味成分を100%引き出す事ができ、玉露の場合はもっと低い50度前後の低温で淹れた方が旨味成分をもっと引き出す事ができます。またコーヒーにおいてもペーパードリップでコーヒーを淹れる場合、焙煎の状態に煎茶と同じ様にお湯の温度も変わって来ますが、同じ条件で焙煎された豆を使ってペーパードリップした場合、一般的に80度以下の温度ですと苦味の少ない円やかな味になり、80〜86度ですと苦味・酸味・甘味・香りどれをとってもバランス良く抽出されそれ以上の温度になると豆に含まれる油脂分が一緒に抽出されます。

 この様に煎茶やコーヒーを美味しく淹れる事ができるお湯の温度と言うのは非常に範囲が狭く、沸騰したお湯をポットに注いだら90度になりそれに氷を何個が入れると最適な温度になると言ったアナログな温度調整では気温によってお湯をポットに移してからの時間経過による温度低下もかなり違いますので、本当に美味しい、毎回同じ味の煎茶やコーヒーを飲みたければ1度単位で温度設定できるポットがあれば言う事ありませんし、それが可能な湯沸かしポットがこの「Stagg EKG」です。

全文を読む

紙コップを差し込めドリングをいつまでも温かくキープできるホットウォーマー「LAVACLIP」

 こう寒くなってくると温かい飲み物が恋しくなってしまい、ついついコンビニやスターバックスと言ったコーヒー専門店に立ち寄ってコーヒーを買う事って寒くなればなるほどその頻度は高くなって来るかと思いますが、その買ったコーヒーって寒ければ寒いほど冷めるのも異常な程に早いですよね。ですからそう言うすぐに冷えてしまう人は保温マグや保温ボトルを持ち歩いてそれに淹れてもらっていると言う方も少なくありませんが、どうしてもマグだとバッグの中で場所を取りますしそれにその都度洗っておかないと色がついてしまったりしますからそれも面倒なのでついついカップに入れてもらのだけれどすぐに冷めるのだけは何とかならないかなぁ〜と思っておられる方に朗報です!!
 この「LAVACLIP」はそう言うショップの紙コップをダイレクトに差し込む事が可能なバッテリー内蔵のホットウォーマーです。

全文を読む

10の機能が詰め込まれた!!わずか20gのチタン製サバイバル用マルチツール「THE MUNCHER」

 サバイバルツールと言うカテゴリーのツールがこの世の中にはたくさんありますが、説明にたくさんの機能が羅列されておりその機能の豊富さに魅了されて買っては見たものの実際にキャンプ等に持って行って使って見たものの実際に使って見ると説明通りに使ってはみるもののその通りの機能は発揮されなかったと言うのはよくある事で機能で選ぶと失敗する事はよくある事です。
 ではどう言う基準で選べばいいのか?やはりツールですからもしもの時の事を考えて色々とできるモノよりもそのツールが日常の生活でいかに代用品として使えるかと言う基準で選んだ方が結果的に買ってよかったかもしれません。
 
 この「THE MUNCHER」は素材はチタンですから素材としては確かですし、機能も10種類と機能は少ないのですが日常の生活でも使える機能が豊富です。

全文を読む

ホーム > 生活 > クッキング

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。