Home > 生活 > クッキング

クッキング Archive

100%空気が入らない構造で酸化を防止して最大12日間も風味が変わらずに楽しめるデカンタ「eto」

 ワインは封を開けると酸化が始まり、そして酸化が進むと全く違った味わいになってしまうと言うのはワイン好きな方でもそうでない方でも知っている事で、ワインを開けてしまった後にボトルの口に封をせずに放置しておくと酸化が進んで味の風味もどんどん変化して行ってしまいます。だからと言って飲めなくなるわけではないのですが、開封して時間が経ったワインでも美味しく飲みたいと思うのは普通で、酸化を進まなくするガジェットはたくさんあります。

 ではどうすれば酸化しないのか?参加とは酸素と結合する化学変化ですから酸素と触れなければ酸化は進みませんので、酸化を防止するガジェットも空気を遮断したり空気を瓶や容器の中から追い出したりするのですが、空気を抜いてやると瓶や容器の中の圧力が低くなり今度は逆に外から空気が入ろうとしまので外から空気が入らない様に密閉度を上げる為の工夫が必要で、それにはゴムやシリコンと言った素材を使うのですが、このゴムやシリコンと言うのは経年劣化でどうしても硬くなります。硬くなると形が変わらなくなり密閉度が落ちますので、最初はしっかりと密閉して酸化を防いでいても使っているウチに硬くなって隙間が埋まらなくなり空気が入り込んでしまって酸化を防止できなくなってしまいます。

 そこでこの「eto」は容器の中の圧力が外と変わらない様な状態で空気を抜く事で酸化が進まない工夫をしました。そのおかげでこの「eto」の容器に入れたワインは最大12日間も風味も味も変わる事なく楽しむ事ができます。

全文を読む

わずか5分で組立!!総重量4.5kgのポータブルソーラークッカー「SolSource Sport」

 ソーラークッカーと言うジャンルの調理器具はご存知でしょうか?”ソーラー”と言う名称がついている通り太陽光を利用した調理器具で、太陽の光(光)を集めて調理をしますので、燃料は一切不要でどこででも使用できると言うメリットがあるのがソーラークッカーの魅力です。ただ欠点は、太陽が出ていないと使えない事で、夜間や雨、曇り空では使えません。
 ですがインフラが整備されていなかったり、薪や石炭と言った調理するのに使用する燃料をを手に入れるのも難しいと言ったい国や地域では実はかなり以前から使われており、その形状も3種類もあるのです。
 ではちょっとだけどう言うタイプのソーラークッカーがあるのかご紹介すると、まずはこの「SolSource Sport」のモデルともなっている”集光型”です。この”集光型”はバラボラアンテナの様なおわん型の反射鏡で太陽の光を反射して光を1点に集め、その集めた光をフライパンや鍋と言った調理器具で受けてフライパンや鍋を太陽の光で熱して調理を行います。
 そして2つ目は”熱箱型”と言って箱そのものを発泡スチロールの様な断熱性のある素材を使用、その内側は効率よく太陽の光を吸収する様に黒く塗った上で箱の蓋はガラスを使用して光を通す様にして、ガラスの蓋を通って入って来た太陽の光を内側の黒く塗られた壁面で効率よく吸収しつつ、内部に蓄積した熱が逃げない様に蓋のガラスは密封できる様に加工して、内部に蓄積した熱で食材を調理する、言うなればオーブンの様に機能するのが”熱箱型”です。
 そして3つ目の”パネル型は”集光型”を簡単にした様なもので、光を反射する板を鍋を囲む様に置いて使用する調理器具で、ダンボールにアルミホイルを貼って太陽の光を反射できる様にした最も簡単に作る事ができる調理器具で、このタイプが一番発展途上国等では復旧しています。

全文を読む

デスク周り散乱した文具用品をコンパクトにスッキリと収納できるシステムトレイ「Gather」

 世の中には便利グッズと称してデスク周りをスッキリと片付けると銘打ったガジェットが数多く販売されており、ついついポップ広告やディスプレイを見て買ってみたものの、思い描いたほど綺麗に自分のデスクの上だけは片付かなかったって事はありませんでしょうか?
 確かにですくの上に出ているものって、鉛筆、シャーペン、ボールペン、消しゴム、定規、ハサミ、カッターナイフ、ホッチキスあたりが定番で、その他にメモ帳であったり、USBメモリーやmicroSDカードと言った記憶媒体が人によっては置いてあるかと思いますが、それでも人によってはへぇ~、そんなものまで常に必要なの?と言うものまで自分のデスクの上に置いている人もおられます。そう言ったものを1ヶ所に集めて収納するのがシステムトレイの役目なのですが、人によって使用している大きさが違ったり、長さや幅が違ったりして全てが全て1つのシステムトレイに綺麗に収まれば良いのですが、たいていそうは上手くは行かずに何かが余ったり、何かを無理矢理詰め込まないと収まらなかったりと色々と不具合が出て来るのが普通です。
 かと言って様々な大きさや形状が多数用意されているシステムラック的なものを組み合われば色々と分別して収納する事ができますので、入れ残しの様なものは生まれずに一見、綺麗に収まったとしてもラックの数が増えすぎて机の上を占拠して作業スペ-スがなくなってしまったのでは本末転倒です。

 ですがこの「Gather」は長年の研究により、どうすればスッキリと片付けられ、しかも使い易いシステムトレイになっているのか?と言うことがよく考えられた製品です。

全文を読む

ホーム > 生活 > クッキング

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。