Home > iPhone

iPhone Archive

使い勝手の良さを追求したらこの形になったiPhone専用モバイルバッテリー「POP case」

 スマートフォンを毎日使用する人にとってなくてはならいガジェットがモバイルバッテリーです。スマートフォンが毎シーズン毎に進化して新機種が登場しても、バッテリーの商用ベースでのイノベーションは残念ながらまだまだ起こりそうにありませんから当分の間はモバイルバッテリーのお世話にならざるおえない状況にあり、すぐにバッテリーが減ってしまって充電を必要とするヘビーユーザーにとってどう言うタイプ、ジャンルのモバイルバッテリーを選ぶかは使用感や体の負担にも直結します。

 例えばバッテリーとスマートフォンをケーブルで接続して充電しなければならない普通のモバイルバッテリーの場合、充電している間は充電ケーブルでスマートフォンとモバイルバッテリーを繋げていけなればなりませんから、ある程度長いケーブルを持っていないとバッグやポケットの中からスマートフォンを取り出して使う度に充電ケーブルを外したりつけたりと言う作業が発生して非常に面倒ですし、つけたり外したりが面倒だからと長いケーブルを持ち歩くとケーブルの抜き差しの回数は減りますが、今度は使っていない時にバッグの中やポケットの中で意外と場所を取ります。
 またスマートフォンケースと一体型になっているモバイルバッテリーは常にスマートフォン直結ですのでケーブルの煩わしさと言うものはありませんが、今度は常にモバイルバッテリーを抱き合わせているのでスマートフォンを手に持っている時の負担が大きくなりますし、たとえそれが数百グラムだとしても何時間も手に持って使用しているとその疲労度合いはバッテリーの重さの分だけ増えますので、手首が痛いだとか常に腕に鈍痛を感じると言った事になりかねません。

 そこでこの「POP case」は両者のタイプのモバイルバッテリーのメリットだけを生かした新しい形態のモバイルバッテリーです。

全文を読む

最新の”arpX HD”コーディックに対応してハイレゾ品質の音質をワイヤレスできるBluetoothレシーバー「EarStudio」

 スマートフォンでワイヤレスヘッドフォンを使用する場合、電波に乗って送られる音はデジタル化されてワイヤレスヘッドフォンに送られます。ですのでアナログの音をデジタル化して送る為の規格が音質を大きく左右するわけなのですが、今多くのみなさんが使っているiPhoneはiPhone7/ 7 Plusの最新機種でもSBC(SubBand Codec)と言うBluetoothで音楽データを送る為に最初に作られたコーディックか、AAC(Advanced Audio Coding)で、Androidスマートフォンが最近採用し始めているaptXと言うAACよりも高音質でオーディオデータを送信できるコーディックには対応しておらず、BluetoothヘッドフォンにaptX対応と書いてあってもiPhoneユーザーはその恩恵を預かる事はできないのですが、そのaptXに今年の2月にaptX用デコード/エンコード用チップを供給している米クアルコムより、更に高音質にサウンドデータを送る事ができる”aptX HD”と言うコーディックが発表されました。

 この”aptX HD”になって何が大きく変わったのか?と言いますと今までの”aptX”は最大48kHz/16bitの分解能しかなかったものが、”aptX HD”になり最大48kHz/24bitと16bitから24bitにサンプリングレートが上がり、一気にポストハイレゾへと近づいたと言うわけです。ちなみにCDのサンプリングレートは44.1kHz/16bitですので、この時点で既にこの「EarStudio」はCDの音質は余裕で超えていますし、ハイレゾの最低規格であるサンプリングレート96kHz/24bitにも肉薄していますので、もう少しすればワイヤレスでハイレゾ音源を楽しむ事ができると言う日が近いかもしれません。

全文を読む

わずか40分でフル充電可能な1,200mAhバッテリー内蔵AppleWatch専用モバイルチャージャー「qCharge」

 最近、VR関連はネットニュースを賑わしており、Adobe製品もVRに対応したりAppleもVRに本腰を入れるなど、VR関連の話題には事欠きませんが、スマートウォッチとなるとSONYが電子ペーパーを使った「FES Watch」の後継機種である「FES Watch U」がニュースで取り上げられていたくらいで、先日のAppleが行ったWWDC 2017でもAppleWatch関連の新製品は出て来ませんでしたが、”Apple Watch Series 2″で”おサイフケータイ”に対応したからかどうかわかりませんが、最近日常生活において回りの人をよく見ていると、コンビニのレジで左手を差し出して”Apple Watch”で支払いをしたり、駅の自動改札にどう見ても”Apple Watch”をかざして改札を通っている方を結構見かける様になって来ていますので、あながち使われなくなったわけではない様です。

 ですが依然としてバッテリー寿命の問題はかかえており、”Apple Watch Series 2″になったからと言ってそれが改善されたとは言い切れません。そしてバッテリーが切れるとApple Watchで支払いはおろか、改札は入れたけど、今度は出られなくなった上に駅員室に行ったとしてもバッテリーがなければ精算もできませんので改札も出る事ができません。ですので万が一の事を考えてAppleWach用の充電ケーブルとモバイルバッテリーを持ち歩いていると言う方も少なくないと思いますが、このAppleWatch専用モバイルチャージャー「qCharge」があればバッテリーを内蔵していますのでこれさえもっていればモバイルバッテリーを持ち歩く事も、邪魔になる充電ケーブルを持ち歩く事もなくいつでもどこでも充電する事ができます。

全文を読む

ホーム > iPhone

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。