Home > スマートフォンアクセサリー

スマートフォンアクセサリー Archive

MacBook ProとiPhone Xを同時に充電できると言う魅力的な8,000mAh,18,000mAhモバイルバッテリー「IDMIX」

世の中にはAppleの製品が好きでパソコンのMacと、iPhoneを長年愛用しておられる方は全世界にたくさんおられ、小生のその一人なのですが、12インチMacBookから始まったUSB-Cの採用によりその後リリースされた13インチ、15インチMacBook Pro、そして先日リリースされた27インチiMac, iMac Proとその電源インタフェースはUSB-Cへと統一されています。
またAndroidスマートフォンやWindowsノートPCにおいてもUSB-Cを電源インタフェースとして採用されたものが最近は増えており、従来のUSB-Aに加えてUSB-C端子を備えたモバイルバッテリーも増えて来ており、屋外でMacBookをはじめ、その他ノートPCでさえも充電できると言う素晴らしい環境が整いつつあり、もうバッテリーがなくなるからと慌てて電源コンセントを探して街中をウロウロとしなければならない様な事はありません。

そこで今回はUSB-C出力に加えてiPhoneX、そしてiPhone 8/8 PlusをMacBookと同時にワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー「IDMIX」をご紹介致します。

全文を読む

同じ使い方をしているのにバッテリー寿命が20%も伸びるiPhone用ケースとステッカー「NanoCase」

この冬、外でiPhoneを使っているとバッテリーの減りが早い!!と感じる事はありませんか?
これは別にバッテリーが劣化したのではなく、バッテリーの中では科学反応を利用して放電しているので、気温が下がれば科学反応が鈍くなって放電が悪くなっているからです。
逆に暖かい場所ではどうかと言うと、これは冬場と比べてバッテリーの持ちが良くなります。良くなると言うと語弊があるのですが、気温が高くなるとバッテリー内での科学反応も良くなりよく放電する事ができるのですが、これがかえってバッテリーを劣化させているのです。
どう言う事かと言いますと、スマートフォンで使われているリチウムイオン電池は継ぎ足し充電(使い切っていないのに充電する事)に対しては電池寿命は何ら影響を受けないのですが、過放電に対してはバッテリー寿命を縮めます。
つまりどう言う事かと言いますと、気温が高いと化学反応が良いので、ついつい頑張って電力を絞り出してしまい過剰に化学反応してしまった結果、バッテリーの材料が劣化してしまって充電容量がどんどん減って行くのです。

ですからバッテリーを長持ちさせる為にはバッテリーの温度を25℃以上(スマートフォンに使われているリチウムイオン電池の最適な動作温度が25度に設定されている為)に上げない事が大切で、その温度をキープする様に作られたiPhone用ケースがこの「NanoCase」です。

全文を読む

見やすい角度で固定し、使いなら充電もできるスマホスタンドにもなる天然木を使ったワイヤレス充電器「Halo Wireless Phone Charger」

iPhone8/8 Plus/Xを購入されたみなさん、ワイヤレス充電器はどの様なタイプのものを買われましたか?
iPhone8/8 Plus/Xになり充電器に置くだけで充電できる様になったおかげで充電の際の面倒なケーブルの抜き差しがなくなりかなり便利になった反面、使いながら充電すると言う事ができなくなりました。
正確に言うと充電器に置きながら充電する事はできますが、充電器が平らな充電器が殆どなので、使いながら充電しようと思うと上から覗き込む様な体勢を取るか、充電器とiPhoneを抱き合わせた状態で手で持って使う意外にはありません。
ここで使いながら充電したい様な時は、昔の様にLightning充電ケーブルで充電しながら使えば良いのですが、何故かワイヤレスになって便利になったのにどうしてわざわざまたケーブルを使わなきゃいけないのだ!!とでも思うのか、頑なにワイヤレスに拘る方が不思議に多く……

そんな使いながら充電をする、と言う使い方にベストなQiワイヤレス充電器「Halo Wireless Phone Charger」を今回はご紹介致します。

全文を読む

ホーム > スマートフォンアクセサリー

New Topics

Return to page top