Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 電化製品 > ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」

ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」

 よくブルーライトは目に悪い!!と言われ、スマートフォンにブルーライトカットフィルムを貼ったり、PCで作業を行う時はブルーライトカットメガネを着用したりして眼を気遣っている方は多いと思いますが、その使っているブルーライトカット製品が実際にどれくらいブルーライトカット効果があるのか確認してみた事はありますでしょうか?
 ほとんどの方が製品の機能表示をそのまま信じて使っていると思いますが、実際にブルーライトカット製品を通して青色を見た時にその青色が黒くなっていたり、裸眼で見るよりもその青色が濃くなって黒色に近くなっていれば、その製品は本当にブルーライトをカットしていると言えます。
 と言いますのも、モノの色と言うのはそのモノ自らが出しているのではなく、太陽光であったり蛍光灯や電球、LEDの光をモノが反射してその反射された光の成分によってモノの色は白にも赤にも青にも見えるのえす。具体的に言うと、白色は全ての波長の光を反射するので白色に見え、黒色は全く反射しないので黒く見えます。そして赤く見える色は赤の波長の光だけを反射して、光の三原色である緑や青は反射せずに吸収してしまう為に赤く見えると言うワケです。

 ですからもしブルーライトをカットする製品を使って青色を見た時には青色の光をカットしますので青は黒く見えるはずで、またブルーライトカットする製品を蛍光灯の下や太陽光の下で見るとそのフィルムなりレンズは青色を透過せず実際には赤と緑成分の光しか通しませんので、実際にはこの2色を合成した黄色に近い色に見えるはずなのです。なので、ブルーライトカットを謳う製品であれば黄色に見えればまず間違いなくブルーライトをカットしていますし(他の赤や緑成分の光もカットしているのであれば黒に近い色に見える事もあります)、実際にその製品を通して見る事ができるのであれば、青色を見た時に黒く見えれば本当にブルーライトをカットしていると言えます。

 そして今回紹介する「PupilBox」はブルーライトカットメガネ、ブルーライトを極限にまで減らしたLED電球、そして眼に潤いを与える目薬の3点がセットになった製品で、ブルーライトで傷ついた眼を回復させ、ブルーライトで眼が傷つかない様に考えられた製品です。

 ではまずブルーライトカットメガネですが、こちらは3種類のレンズと20種類以上のフレームが用意されており、用途と好みで選べる様になっているのですが、重要なレンズについては”SASUALLY CONNECTED”,”DIGITALLY ADDICTED”,”SLEEP”と言う3種類のレンズが用意されており、それぞれ”SASUALLY CONNECTED”は1日のうち8時間程度しかPCのディスプレイやテレビ(PCやスマホやタブレットだけでなく、みなさんが見ている液晶テレビからも当然の様にブルーライトは出ていますし、画面の大きな液晶テレビになればなる程その量は増えます)を使用する方用で、8時間程度までならモニターを見続けても眼に影響を及ぼさない程度にブルーライトを透過するレンズに仕上げてあります。
 次に”DIGITALLY ADDICTED”は、ブルーライトが眼に及ぼす影響を日常的に気にされている方用で、外出しても太陽光にもブルーライトは含まれていますから、”SASUALLY CONNECTED”より更に強くカットするレンズを使用しています。
 そして”SLEEP”は100%完璧にブルーライトをカットしてしまうブルーライトカットメガネになっていますので、青色は全て黒に見えますので、日常的に使うと青成分が入った色(水色や紫付近の青と混ぜて作られる色)も変色して見えてしまいますので注意が必要ですが、ブルーライトを眼に入れたくないと言う方にはピッタリなメガネです。

 
 次に”pupil bulb”は消費電力7W(白熱電球で言うと60W電球相当)のブルーライトを極力減らしたLED電球です。と言うと白色の光を出しているのにLED電球はブルーライトを出しているの?と思う方がおられるかもしれませんが、実は白色LEDと言うのは青色LEDの光を白く光る蛍光塗料に当てて白く光らせているだけなので、ブルーライト成分がたくさん含まれています。
 そしてブルーライトは眼に良くないばかりか、寝ている間はずっと脳の中で分泌される睡眠誘導物質と呼ばれている”メラトニン”と言う物質の分泌を抑制しますので、電気スタンドにLEDバルブをつけてその光で本を読んでいたりすると実はメラトニンの分泌が抑制されてなかなか眠る事ができませんので(寝る前にスマートフォンを見たりする事はNGだと言われたりするのもそう言う事が要因になっているのですが)、寝る前に使ってメラトニンの分泌を抑制しない様にこの”pupil bulb”はブルーライトを減らして睡眠を妨げない様にします。

 そして目薬は涙の成分に目薬になっており、モニターを見続け瞬きが減って乾いてしまった眼に潤いを与える目薬が用意されています。

 この様にこの「PupilBox」はブルーライトが眼に入って眼を劣化させるのを防ぎ、劣化して傷ついた眼をケアするセットになっており、本当に眼の事をよく考えた製品になっていますので、詳細についてお知りになりたい方は下記URLをご覧ください。

https://www.kickstarter.com/projects/pupilbox/pupilbox-visual-lifestyle-system-for-combating-blu

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://meiya.jp/wp-trackback.php?p=27295
Listed below are links to weblogs that reference
ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | 生活 | 電化製品 > ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」

New Topics

Return to page top