Home > Kicstarter | Newガジェット | アウトドア | クッキング | 生活 > ズボンのポケットに入れても持ち歩ける厚さ30mmの長方形をした水筒にNewサイズが!!「memobottle H2.0」

ズボンのポケットに入れても持ち歩ける厚さ30mmの長方形をした水筒にNewサイズが!!「memobottle H2.0」

 ”memobottle”と言う水筒はみなさんご存知ですか?
 今やAmazonや楽天市場でも販売されている”Kickstarter”発のプロジェクトで大成功を納めた水筒なのですが、この水筒の特徴は何と言っても長方形にした上にA4,A5,A6、そしてレターサイズ大と言う私たちが日頃良く使用する紙のサイズと合わせた事で画期的に持ち運びがとても便利になった事です。
 水筒と言いますと普通は円柱の形をしていますしメーカーによってもサイズはまちまちなので、メッセンジャーバッグやビジネスバッグと言った長方形で厚みの薄いバッグに入れて持ち歩くにはサイズ的にもちょっと無理があったのですが、この”memobottle”は常に使っている書類やテキストや手帳と言ったものと同サイズにする事で、書類やテキストと重ねて持ち歩ける様にする事で飛躍的に携帯性が向上しました。
 しかも後から発売されたA6サイズは男性でカバンを持ち歩くのが嫌でズボンのポケットに全て押し込んで出かけると言う方でもズボンの後ろポケットに入る大きさなので、A6サイズは特に人気です。

 そして今回新たに加わったのが、内容量450mLのスリムサイズと内容量180mLのA7サイズです。スリムサイズはこれまの様に紙サイズにはなっていませんが、高さ265mm×幅80mm×厚み30mmとA4サイズを縦半分に折ったよりもちょっとスリムなサイズとこれまでの様に書類と一緒に抱き合わせて持ち歩くと言う持ち方はできませんが、A4サイズの用紙が縦に入るバッグであればその隅に立てて入れて持ち歩く事ができる微妙な隙間を有効活用できる絶妙なサイズになっていますし容量450mLと言うのも丁度良いですよね。

 更にA7サイズは容量は180mLと缶コーヒーに近い量なので、いつでも薬が飲める様に薬用の水を携帯しておくと言うのには良いですし、缶コーヒーはズボンのポケットに入れると盛り上がって目立ちますが、このA7サイズの”memobottle”ならちょっと分厚い二つ折り財布を入れているのと変わりませんのであまりポケットも膨らまずに目立ちません。

  そして今回、ボトルの他にもアクセサリーが一緒にリリースされます。その1つが合皮製のケースです。ケースは既に市販されているA5,A6サイズ(A4とレターサイズは除く)と今回リリースするA7,スリムボトル用の6サイズでA7サイズ以外はポケットも付いていますのでA5サイズのもののポケットにはスマートフォンを入れる事ができますし、A6サイズはクレジットカード大のカード、スリムボトルはペン類を一緒に持ち歩けます。
 そしてこのケースの一番良い所はボトルの中に冷えた飲料を入れてもボトルの表面に付いた水滴で周りの書類やテキスト、デジタルガジェットを濡らさないと言うことです。これまでこの”memobottle”にはボトルケースが付いていませんでしたので、冷えたドリンクを入れて持ち歩く場合は”memobottle”にタオルを巻くなどして水滴で周りの荷物が濡れない様にしなければいけませんでしたが、専用のケースが出る事でもうタオルを巻く必要も無くなります。

 そしてこの他にも銅の削り出しの専用台、レザーストラップ、そして銅、ステンレス、マットブラック塗装の蓋、更に専用の洗浄ブラシ等も用意されていますので、詳細につきましては下記URLをご覧下さい。

https://www.kickstarter.com/projects/1645027465/memobottle-h20

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://meiya.jp/wp-trackback.php?p=28626
Listed below are links to weblogs that reference
ズボンのポケットに入れても持ち歩ける厚さ30mmの長方形をした水筒にNewサイズが!!「memobottle H2.0」 from KURA BASE

Home > Kicstarter | Newガジェット | アウトドア | クッキング | 生活 > ズボンのポケットに入れても持ち歩ける厚さ30mmの長方形をした水筒にNewサイズが!!「memobottle H2.0」

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。