Home

KURA BASE

キャップを揺るめるだけで勝手に膨らむエアクッションケース「Scrubba air sleeve」….エア枕にもなるよ

みなさんは嫌な予感が的中したって事はありませんか?例えば今ならボディーが全面ガラスに戻った”iPhone X”を落とせばAppleCareに加入していたとしても修理費は高額になるので、落としたくない、落としたくないと思っていたのにも関わらずついつい間が差して手から滑り落ちて蜂の巣だらけ…….とう言う経験を既にしてしまった方もおられるのではないでしょうか?
それは何もスマートフォンだけに限った事だけではなく、iPadにワイヤレス充電が採用されれば同じ様な事になりますし、MacBookだっていつワイヤレス充電化されて本体がアルミダイキャストからガラス筐体へ移行するかもしれませんので、それこそ落とすなんて事は今以上にできませんし、今でも落とせば凹みますし下手をすればモニター部分に亀裂が入って修理って事にもなりかねません………..

そんな落とす事が恐いと言う方に落としても大丈夫なタブレット、ノートPCケース「Scrubba air sleeve」を今回は紹介致します。

全文を読む

スマートフォンやスマートウォッチ、タブレットやノートPCのハッキングを防ぐRFIDブロッキングケース「RFID Faraday」

みなさんはセキュリティーについて真剣に考えた事はありますか?
特にスキミングと言って、電波を使って知らない間にICカードの情報を盗み取る犯罪についてです。
昔はカードに貼れてた磁気テープからダイレクトにデータを抜くしか方法はありませんでしたが、今ではかざすだけでSuica等の交通系ICカードサイズカードなら駅の改札を通れたり、WAONやnanaco等のICカードはレジに置いてあるカードリーダーにかざすだけで決済できるなど、電波でカードに記録されたデータのやりとりを行っていますので、日本でも安全ではありません。
ましてやこれらカードには先にチャージしておかなければ使えないと言う制約があり、もしスキミングされて情報を盗まれたとしてもクレジットカードと紐付けをしてオートチャージ等の設定をしていなければ被害も最小限に止める事ができますが、iPhone7以降のiPhoneやAppleWatch Series 2以降のAppleWatchに搭載されたApplePayはQUICPayやiDの番号を自動で振り当て、これらApplePayは後払いな為にチャージの必要はなく、それこそスキミングされたら大変です。

そんなICカードだけではなく、スマートフォンやスマートウォッチまでをもガッチリガードしてくれるのがこの「RFID Faraday」です。

全文を読む

フリーハンドで基板テストが行えるテストプローブ「PCBite 2.0」

作った回路が思い通りに動かない、と言う時にはテスターやオシロスコープを使って導通テストや信号テストを行いますが、その時にプローブを基板上の部品の端子部分に押しつけて拾った信号を見ますが、その時に手が足りない!!見づらい!!誰か手を貸して!!と思う事ってあります。

そう言う時に誰の手も借りずに両手を自由にして基板テスト・基板チェックが行えるテストプローブ「PCBite 2.0」を今回はご紹介致します。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top