Home

KURA BASE

使用する芯の太さが変えられ、スタイラスペンにもなるシャーペン「Modern Fuel pencil 2.0」

 皆さんはシャープペンシル(シャーペン)を使っていて、しまった!!と思う事はありませんか?
 よくあるのは芯がなくなった時です。鉛筆なら芯の残りは一目瞭然で分かりますが、シャーペンの芯は筒の中に入っていますからなくなる事を予見する事はできず、知らない間になくなって突然書けなくなります。
 ですがそれでも予備の芯を持っていれば良いのですが、そう言う時に限って予備の芯も持っておらずしかも外に買いにも出かけられず、仕方なく隣の人に芯を貰うもサイズが合わなくて使えない……となったらもうアウトです。

 そう言う時にこの「Modern Fuel pencil 2.0」を使っていたのなら、そんな芯のサイズを気にする必要はありません。

全文を読む

ハサミとボールペンとをコラボレーションさせるとこう言う結果になりました「Xcissor Pen」

 世の中には便利ツールと呼ばれる道具がたくさんありますが、人それぞれ欲しい機能って微妙に違います。
 例えば今回紹介する「Xcissor Pen」はボールペンとハサミのコラボレーションですが、ハサミとカッターナイフと言う組み合わせの道具も実際に売られていますが、実際のところハサミもカッターナイフも常に必要なものではなく、突然に何の前触れもなく必要になる様な道具なので常に携帯していなければ何の役にも立ちません。

  ですがそう言う道具って何かの機会で使ったのはいいけれど、いつも入れているバッグに戻すのを忘れた直後に限って出先で不意にハサミが必要となりバッグの中を探せど見つからなくて、昨日取り出して戻さなかったのを思い出して後悔するものです。

 ではそうした常は必要ではいけれど、何かの機会に年に1回あるかないかと言う低頻度であっても必ずバッグに入れておく様に工夫されたのが、このボールペンとハサミを合体させた「Xcissor Pen」です。

全文を読む

5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」

 皆さんは飛行機や電車、そして長距離バスでの移動時に快適に過ごす為に”トラベルピロー”を使われる方は多いと思いますが、そのトラベルピローは使っていて本当に快適ですか?
と言いますのもトラベルピローと言っても素材や形そして大きさも様々ありますが、どれにも共通して言えるのは為にコンパクトに折り畳める携帯性です。とにかく寝る時以外には必要のないものなので、荷物の多い旅行などはコンパクトさが求められますので、多くの方は空気で膨らませるタイプのトラベルピローを選ばれるでしょう。ですが意外と空気って弾力性がありませんし頭をもたげると凹んで更に首は傾きますから、それが原因で変に首が折れ曲がっていて現地に到着する前に目覚めてみると寝違えていて首が回らないなんて事になった事がある方もおられるでしょう。
 では何故、膨らませた空気枕が凹むのか?それは頭が重いからです。一般的に成人の方の頭の重さは体重の10%前後と言われていますので、体重50kgの方であれば5kg、70kgの方であれば7kgもあるのですから、それがあの細い空気枕の上に乗れば圧力で凹むのは当然で、凹めば更に首は折れ曲がりますし、そして首や肩の筋肉は異常に引っ張られて固くなります。
 だとしたらどう言う”トラベルピロー”を選べば移動中を快適に過ごせなおかつ首も痛めないのか?それを追求したのがこのトラベルピロー「HANDYCOSY」です。

全文を読む

Home

New Topics

Return to page top