ホーム > タグ > アクションカメラ

アクションカメラ

1.5″LCDを搭載し映像を確認しながら撮影できるブレないジンバル搭載4Kアクションカメラ「REMOVU K1」

 手ぶれ補正機能がないスマートフォンやアクションカメラで撮影を行う際に一番気になるのは映像の微妙なブレです。そのブレを無くして見やすい映像を撮影できる様にするのが”スタイビライザー”と言う装置なのですが、この他に”ジンバル”と言う装置もあり、最近の”ジンバル”は”スタビライザー”の機能も包括していたりするのですが、この”スタビライザー”と”ジンバル”の違いはご存知でしょうか?
 実は”スタビライザー”も”ジンバル”も似た様なものでカメラ用のスタビライザーやジンバルではどちらも映像を安定化する装置なのですが、スタビライザーは画像のブレを抑えるだけで構造も”重り”等を使用してバッテリーレスでカメラと重りのバランスを取って映像のブレを抑える装置なのに対して、ジンバルの基本構造はジャイロスコープの様なもので、モーターを使って映像のブレを抑えるだけでなくモーターでカメラの向きも変える事ができますので、自らカメラを動かなくても、ボタン1つで監視カメラの様にカメラの向いている向きを変える事ができると言うのが特徴です。

 そんな”ジンバル”にアクションカメラを合体させた画期的な製品が今では何種類か発売されているのですが、アクションカメラの先駆者であるGoProが代々液晶モニターレスで来たからなのか?(最近は液晶搭載のGoProもありますが)、撮影中の映像を確認する為には別途スマートフォンなり専用モニターを用意する必要があったのですが、この「REMOVU K1」は1.5インチと小さいながらも液晶モニターを搭載する事で、その別途モニターを用意すると言う不便さを解消しました。

全文を読む

YouTube配信する素材映像を撮影にはベストと言えるライブ配信も可能な多機能ウェアラブルカメラ「VENTURE」

 最近はGoProが火付け役となったアクションカメラも種類も増え価格も安くなったおかげでアクションカメラを身につけて歩き回っている方を観光地やアミューズメントパークで見かける事が多くなりました。
 ただアクションカメラの場合、形状として多いのはデジタルカメラの様な箱型のボディーにレンズのついたもので、カメラマウントの種類やそのマウントの性能によってはこ子に取り付けてこう言うアングルで撮影したいのだけれどちょっと無理と言う場合もあり、アクションカメラも万能ではありません。

 そんなカメラマウントに左右される事なく、どの様な場所に取り付けてもベストアングルで撮影できるウェアラブル・アクションカメラ「VENTURE」を今回は紹介します。

全文を読む

今までのアクションカメラが苦手としたシーンでも鮮明な映像で撮影可能な4Kアクションカメラ「Mokacam α」

 「Mokacam」と言うアクションカメラはご存知でしょうか?カメラの性能はGoProとほぼ互換でいて最近でこそGoPro HERO5になって映像確認用の液晶モニターがつきましたが、この「Mokacam」が発売された頃はGoPro HERO4が最新機種でしたから液晶モニターなどついていませんでしたからGoProの半値以下で買えてしかも液晶モニターがついてその液晶モニターは撮影形態に合わせて取り外し可能になっているなど使い勝手もよく更に豊富なGoPro用アクセサリーがそのまま使えるなどしましたので非常に注目を集めました。

 そして今回紹介する「Mokacam α」はアクションカメラが苦手とする低照度(夜や室内と言った暗い場所)での撮影でも綺麗な絵を残せる様に機能が大幅にアップされています。

全文を読む

Home > タグ > アクションカメラ

New Topics

Return to page top