ホーム > タグ > イヤホン

イヤホン

スマホ難聴を防ぐ、デジタルノイズキャンセラー内蔵Bluetoothヘッドホン「Enclave」

みなさんは”スマホ難聴”と言う言葉を聞いた事はありますか?
これは音響外傷と言って音が聞き取り辛くなる病気で、少し前まではイヤホン難聴やヘッドホン難聴と言われていたのですが、最近はスマートフォンで音楽を聴く方が多い事から、”ストレートネック”が”スマホ首”と呼ばれるのと同じ様にみなさんがよく使うデバイスに絡めて分かりやすい呼び名がつけられています。

ところでこの”スマホ難聴”は名前の通りで、スマートフォンで音楽を聴いたり、イヤホンやヘッドホンをした状態で大音量でゲームをプレイしたりする事で聴覚を司る器官が損傷を受けて機能障害を負う事なのですが、ここで気をつけなければならないのは”耳は治らない”と言う事です。つまり一度損傷を受けた細胞組織は皮膚なら代謝されて新しい皮膚が作られますが、耳はそう言う事が起こらずに聞こえなくなったら一生そのまま過ごさなければならないと言う事です。

ですからWHOでは音楽プレイヤーを使用する時間は1時間/1日以内を推奨しているのですが、これはあくまでも音量レベルを30%前後で聞いている時の話で、それ以上ボリュームで聴くのであれば耳を損傷しないリミット時間と言うのは当然短くなって行きます。

ではどうすればボリュームを下げられるのか?今回紹介しますBluetoothヘッドホン「Enclave」を交えてご紹介致します。

全文を読む

若い人でも抵抗なく使える補聴器なんだけど補聴器には見えないネックバンド型Bluetoothイヤホン「BeHear」

みなさんは”補聴器”って年寄りが使うものだと思っていませんか?でも若い人でもずっとヘッドホンやイヤホンで音楽を聴き続けているとヘッドホン難聴、イヤホン難聴と言って難聴になる事だってあるんですよ。
と言いますのも人間の耳の機能と言うのは一度機能が衰えてしまうと再生する事は無く、一度聞こえなくなった耳は元に戻る事はありません。しかも音圧130dB以上の騒音に耳を曝す事により聴覚障害が進みますので、外に漏れ出る様な音で長年音楽を聴き続けるとだんだんとボリュームを大きくしないと耳が聞こえなくなり、更に聞こえないからとボリュームを上げる事で更に聴覚障害=難聴が進行します。

つまり、まだ難聴になっていない方は今から気をつければ難聴が加速度的に進む事はありませんし、もし既に人と話していて相手の声がハッキリと聞き取り辛いと言うのであれば、今回紹介する補聴器にもなるネックバンド型Bluetoothイヤホン「BeHear」はいかがでしょうか?

全文を読む

”アレクサ”と呼びかければ”Amazon Echo”の様に答え、そしてスマートフォン不要でどこででもネットに繋がるスポーツ・イヤホン「Vinci 2.0」

みなさんは先月AmazonからリリースされたグラウドAI”Alexa”搭載のAIスピーカー”Amazon Echo”シリーズは使ってみられましたでしょうか?
Amazonの”Alexa”はスキルと言う所謂プラグインをインストールする事でどんどん機能を増やして行く事ができるクラウドAIで、その数は日に日に増えて行っております。
例えばニュースを知りたい場合、”Google Home”ではGoogleのヘッドラインニュースから記事を検索して読み上げてくれますが、AmazonのAlexaでは例えばテレビ雑誌や旅行雑誌等のスキルをインストールすれば、特化したジャンルのヘッドラインニュースを読み上げてくれますし、いつも見て読んでいるwebニュース等もわざわざブラウザを起動して見に行かなくてもAlexaが読み上げてくれますので、朝いつもwebニュースを見ていた時間を他の事に割り振れて時間を有効活用できます。ただ難点はどのAIスピーカーもそうなのですが、滑舌や方言やアクセント、そして話し方や表現の仕方によっては全く理解できずに反応すらしてもらえず、まだまだAIスピーカーの仕様に合わせて話さないと反応が悪いと言う一面はありますが、今後多くの方が使って学習して行けばもっと反応が良くなるはずなので”AppleのSiriも随分と文章解析能力が上がりましたからね!!”、今後の成長が楽しみです。

と、そんなAlexaを搭載したスポーツ・イヤホン「Vinci 2.0」を今回は紹介致します。

全文を読む

Home > タグ > イヤホン

New Topics

Return to page top