ホーム > タグ > カラー

カラー

フィギュアの塗装でオリジナルのカラーリングが出ないとお悩みの方に、全ての色を再現する調色マシン「Chronocolor」

フィギュアやプラモデルも最後にクオリティーを高め芸術作品にするか、それともただの工作物にするかはカラーリングにかかっています。
ですからクオリティーを追求する方はオリジナルのカラーを忠実に再現して塗装されるワケですが、その調色がまた職人技を要する作業で、どの色を何mlとメモを取って調色していれば次から同じレシピで調色すれば同じ色が出せたりもするのですが、目分量で調色していたのでは途中で塗料がなくなった時が最悪です。
うまくカラーが出せてラッキー、普通はなかなか同じ色を出すなんて事は大変なので、妥協するか塗った塗料を一度落としてから再度塗るかと言う選択肢を迫られます。

そう言う時にこの自動調色マシン「Chronocolor」があれば、カラー番号を指定するだけで、安定した同じ色の塗料を調色して作る事ができます。

全文を読む

スマホを使ったカラー3Dスキャナ「eora 3D」

3Dプリンターも低価格化が進みまだプリンターほど安くはありませんがいずれは一家に1台と言う時代が近づいて来ています。そして3Dプリンターがなくても、ネットでデータを送れば出力して造形物を送ってくれるサービスはいくらでもありますので、昔に比べて個人で3Dプリントする事がそんなに難しい事ではなくなって来ました。

ただ、3Dプリントしようと思うと、CADソフトを使って立体でデータを作らないといけません。まだ直線や曲線の組み合わせてで作れるものは何とか初心者でもネットで3Dモデルデータの作り方を解説いるサイトを見つつ作れますが、複雑な形をした動物のフィギュアであるとかと言ったものは、ちょっと手作業で作るには不可能なものがあります。

そこで威力を発揮するのが3Dスキャナです。3Dスキャナは立体物を立体にスキャンしてくれるもので、これがあれば一発で何でも立体物を3Dデータ化してくれます。
この「eora 3D」もそんな3Dスキャナーの1つで、カラーでスキャンできますので、後から色づけ作業等のいらない、まさに手間いらずの高分解能な3Dスキャナーです。

全文を読む

Home > タグ > カラー

New Topics

Return to page top