ホーム > タグ > サングラス

サングラス

電子調光式液晶e-Tint を採用したレンズの色が自動で変化するサングラス「CTRL XC」

急に明るくなると目が眩しく感じるのはどうしてだと思いますか?例えば今まで照明をつけていた部屋で寝ようと思って真っ暗にした後に、暫く経過して照明を点灯すると同じ明るさなのにすごく眩しく感じる事ってありますよね。
それは暗くなると何も見えませんから眼は瞳孔と言う光の量を調整している器官を開いてより多くの光を取り入れてどうにかして回りの状況を把握しようと努めます。逆に明るいと眼を細める事からもわかる通り、瞳孔を絞って入って来る光の量をできるだけ少なくしようとします。

そして明るい所から暗い場所へ入って瞳孔を開いて回りの状況、景色を把握できる様になる事を暗順応と言うのですが、これには個人差がありますが30分~1時間程度かかります。逆に暗い所から明るい所へ出て眼が慣れる事を明順応と言ってこれは暗順応ほどではありませんが、それでも40~60秒程度かかり、この明順応に要するのに時間がかかるので暗い場所から明るい場所へ出てもすぐには眼が慣れないので回りの景色が眩しくて見辛いのです。

ですがこれが自宅であれば何の危険性もありませんが、自動車やバイク、自転車を運転していてトンネルから出たり西日がダイレクトに眼に差し込んで来たりして見辛くなるとそれこそ回りの状況が把握できなくなり最悪事故を起こしてしまう事も考えられます。かと言ってサングラスをしていると今度は昔ながらのトンネル(照明に白色LED照明を使っている比較的新しいトンネルはまだマシなのですが)ではトンネルの中が暗くて見辛いですし、かと言って車ならまだいいのですが、バイクや自転車だとその都度サングラスをつけたり外したりするのに片手運転になるのも危険です。

そこでバイク用のヘルメットには随分前から回りの明るさによって自動的に光りの透過率が変わるe-Tint®と言う電子調光式のシールドが既に販売されているのですが、その技術をサングラスに組み込んだのがこの「CTRL XC」です。

全文を読む

骨伝導ヘッドフォンが内蔵された2in1サングラス「ZUNGLE」

骨伝導イヤホンと言うイヤホンを聴いた事はありますか?ヘッドフォン専門店にでも行かない限り(行ってもあるかどうかはわかりませんが)見る事もできませんし、ましてや試聴する事もできません。
この骨伝導イヤホンと言うのは元々耳が聞こえ辛い人の為に開発されたイヤホンで、外耳(鼓膜)に障害があって耳が聞こえない人でも補聴器の代わりとしてこの骨伝導イヤホンを使えば音を聞く事ができる様にと作られました。

元々音と言うのは耳に入ると鼓膜が振動し、その振動を耳小骨と言う骨がその振動を蝸牛と言う部分に部分に伝えてその蝸牛で振動を電気信号に変換して脳へ音情報として伝えています。ですから鼓膜に障害があっても耳小骨に振動を伝える事ができれば音は認識できますから、それを頭蓋骨をダイレクトに振動させて音を伝えようと言うのが骨伝導イヤホンです。

骨伝導の利点は耳を塞がないので、周囲の状況がよくわかると言う事、そして回りの雑音や騒音に音がかき消されないと言うメリットがあります。その骨伝導イヤホンをシステムをサングラスに仕込んだのがこの「ZUNGLE」です。

全文を読む

サイクルコンピュータ搭載ヘッドマウンドディスプレイ「Solos」

自転車に取り付けるサイクルコンピュータと言う、自転車のスピードを表示したり各種センサーを取り付ける事でペダルの回転数やパワーや心拍と言ったものをリアルタイムで表示できる計器があり、自転車競技をやったり自分の走りを記録に残したりする人にとっては重要なアイテムですが時として直射日光が入って見辛かったりしてその画面を注視し過ぎて危ない目に合ったりする事があります。
特にスピードを出していると車の運転でもそうですが、スピードが出ているとちょっと目を離した瞬間に進む距離もスピードに比例して長くなりますから前方に危険が迫っているとその危険を回避する事ができる確率が上がってしまいます。

ではどうしたらいいのか?前方から視線を移動しない様な工夫をすればいいのです。それをGoogleGlassの様にヘッドマウントディスプレイを採用したサイクルコンピュータがこの「Solos」です。

Home > タグ > サングラス

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。