ホーム > タグ > サングラス

サングラス

度付きレンズも選択可!!骨伝導ヘッドフォンに活動量計までついたサングラス「Vue」

 ”Google Glass”の一般発売は現在のところ全く予定はありませんが、こう言う最新のガジェットが出て来て気になるのは近眼用タイプがあるかないかです。これがコンタクトレンズ派の人なら気にならないのでしょうが、メガネ派の人にとっては気になるウェアラブル・グラスが出て来ると度付きレンズが入るのか否かがとても気になる所で、度付レンズが入ったタイプや後からレンズ交換ができない様なガジェットであればそれこそ門前払いでせっかく使いたくても使えないと言うのが実情です。

 ですが今回紹介する「Vue」はスマートフォンと連携して様々な事ができる他に何とレンズが選べ、しかもそのレンズもメガネショップ並に透明なレンズから色付きレンズまで選べると言う、近眼でメガネがないと生活できないと言う方にとっては最高に嬉しい様々が機能が盛り込まれたメガネなのです。

全文を読む

踏んでも壊れない、1000種類以上もあるパーツを自由に組み合わせできるサングラス「Sili」

最近、外に出ると太陽がやたらと眩しいと感じる事ってありませんか?それは紫外線の影響です。
オゾン層が薄くなっていると言う事を最近は見聞きする事は少なくなっていますが、確実にオゾン層が薄くなっていっており、10年事に地球に降り注ぐ紫外線の量は焼く3.5%~5%の割合で増えています。つまり現在30歳の方なら単純計算で子どもの頃と比べると10%以上に増えているワケなのです。そして紫外線が目に入ると起こるのが眼の黒目部分である角膜に炎症が起こって起きる角膜炎で、これが目が痛いだとか光が眩しいだとかと言った自覚症状になって表れているのです。

そんな目へのUV対策として一番有効なのがサングラスですが、ちょっと奮発して買ったサングラスを小さい子どもに悪戯されて折られたり壊されたりしてしまったって事は子どもさんをお持ちの方なら誰しも経験されている事です。
そんな子どもの悪戯にも負けないサングラスがこの「Sili」です。

全文を読む

電子調光式液晶e-Tint を採用したレンズの色が自動で変化するサングラス「CTRL XC」

急に明るくなると目が眩しく感じるのはどうしてだと思いますか?例えば今まで照明をつけていた部屋で寝ようと思って真っ暗にした後に、暫く経過して照明を点灯すると同じ明るさなのにすごく眩しく感じる事ってありますよね。
それは暗くなると何も見えませんから眼は瞳孔と言う光の量を調整している器官を開いてより多くの光を取り入れてどうにかして回りの状況を把握しようと努めます。逆に明るいと眼を細める事からもわかる通り、瞳孔を絞って入って来る光の量をできるだけ少なくしようとします。

そして明るい所から暗い場所へ入って瞳孔を開いて回りの状況、景色を把握できる様になる事を暗順応と言うのですが、これには個人差がありますが30分~1時間程度かかります。逆に暗い所から明るい所へ出て眼が慣れる事を明順応と言ってこれは暗順応ほどではありませんが、それでも40~60秒程度かかり、この明順応に要するのに時間がかかるので暗い場所から明るい場所へ出てもすぐには眼が慣れないので回りの景色が眩しくて見辛いのです。

ですがこれが自宅であれば何の危険性もありませんが、自動車やバイク、自転車を運転していてトンネルから出たり西日がダイレクトに眼に差し込んで来たりして見辛くなるとそれこそ回りの状況が把握できなくなり最悪事故を起こしてしまう事も考えられます。かと言ってサングラスをしていると今度は昔ながらのトンネル(照明に白色LED照明を使っている比較的新しいトンネルはまだマシなのですが)ではトンネルの中が暗くて見辛いですし、かと言って車ならまだいいのですが、バイクや自転車だとその都度サングラスをつけたり外したりするのに片手運転になるのも危険です。

そこでバイク用のヘルメットには随分前から回りの明るさによって自動的に光りの透過率が変わるe-Tint®と言う電子調光式のシールドが既に販売されているのですが、その技術をサングラスに組み込んだのがこの「CTRL XC」です。

全文を読む

Home > タグ > サングラス

New Topics

Return to page top