ホーム > タグ > トラッキング

トラッキング

世界中どこにいても愛犬の安全と健康を見守ってくれるセルラー通信モジュール搭載のGPSトラッカー「Waggit」

みなさんのご家庭では愛犬が突然どこかに行って帰って来なくてヒヤヒヤしたと言う経験はありませんか?
これがよくある事で2,3日経ったら必ず帰って来る様な愛犬であればそう心配もしなくても良いのかもしれませんが、初めて!!帰らなかったとなるともう心配で心配でたまりません。
だからと言って犬の場合は警察に連絡をしても探してくれるわけでもありませんし、自分達で探すと言ってもこれもまたいつも連れて行っている場所を探すのがせいぜいで、その場所や道中で発見できなければほぼお手上げで、何もかも手つかずになってしまいます。

そう言う万が一に備えてようやく登場したのが今回紹介する愛犬用のGPSトラッカー「Waggit」です。

全文を読む

こう言うカバンが欲しかった!!3G回線を使って世界中どこにても追跡可能なキャリーケース「Bluesmart Series 2」

 今回紹介するキャリーケース「Bluesmart Series 2」はみなさんが本当に必要とする機能が全て盛り込まれた正に最終形態とも言えるキャリーケースで、きっとこの「Bluesmart Series 2」の機能を知れば知るほど、欲しくなるはずです。
と言いますのも、この「Bluesmart Series 2」には4種類のバッグがラインナップされているのですが、”CABIN”と言う容量38Lと”CHECK”と言う容量80Lのキャリーケース(スーツケース)は何と!!3G回線、つまり携帯の回線を使ったキャリーケースの追跡機能がついているのです。
今までも追跡機能がついたキャリーケースは何年か前から世の中に出回っていたのですが、その殆どがBluetoothを利用したもので、Bluetoothの電波の到達範囲内にペアリングされたスマートフォンとキャリーケースがあれば追跡できたのですが、キャリーケースを飛行機のチェックインカウンターで預けてしまうと、到着した空港のBaggage Claim(バゲッジ クレーム)で預けたキャリーケースが出て来るまでは他の機材(飛行機)に乗せられて別の空港へ向かったとしても追跡できない、言うなればちょっと中途半端な追跡機能しかありませんでした。
 ですがこの”CABIN”と”CHEK”の2つのキャリーケースには3G通信ユニットが搭載されていますので、世界中どこにいてもキャリーケースの居場所を追跡する事ができますし、なおかつGPS衛星の受信ユニットも搭載していますのでキャリーケースの位置も正確に知る事ができるのです。

全文を読む

球の精密な軌跡を視覚的に追う事が可能なスマートベースボール「Strike」

 ボールは何故曲がるのかご存じですか?例えば野球であれば、ストレートと言って真っ直ぐに投げる球種もあればカーブと言って左右に曲がる球種やフォークボールと言って打者の手前で急激に落ちる球種など様々な球種があり、それはサッカーでも一緒です。
 では何故曲がるのか?曲げる時にボールに回転を与えたら曲がると言うのは野球やサッカーをやった事がある方ならご存じだったり薄々感づいていたりされると思いますが、例えば水中を例に取るとよくわかると思いますが、水中を歩くと水の抵抗と言うのは肌でよく感じられるかと思いますが、それは空気中でも同じで空気は水に比べて密度が低いのでそれほど抵抗があるとは思いませんが、実際に無風の中を走ると風を受けていると感じられる様に実際はある程度のスピード以上で走ると空気を抵抗として感じる様になります。
 そしてボールに回転を与えないで投げた場合、ボールのスピードが速ければ空気を切り裂いて飛んで行きますが、空気抵抗とボールのスピードを比較して空気抵抗の方が勝って来ると空気が壁となってボールは急速にスピードを落として重力に引っぱられて下に落ち、これがフォークボールになります。またカーブ等はボールに回転を与える事でボールの進行方向と回転方向が合致する側の空気は速く流れると共に気圧が下がりそちら側に吸い寄せられ、その反対側はボールの回転で流れて来た空気が押し戻される様な形になり流れる空気が遅くなります。そうすると流れの速い方へボールは曲がって行くと言うワケです。

 ですが、実際にどれくらいのスピードでどれくらいの回転を与えればどのくらい曲がるのか?それは今まで感覚で反復練習するしかありませんでした。ですが人間、筋肉疲労を起こして来るとどうしても頭で考えた筋肉の動きと実際の動きとにズレが生じてきて、感覚は同じなのに同じボールを投げる事ができないと言う事になって来ますが、この「Strike」を使えば今まで感覚と言うアナログの世界で行なっていた練習を可視化する事ができますので、感覚ではなく数値で見る事で効率的な練習を行う事が可能になります。

全文を読む

Home > タグ > トラッキング

New Topics

Return to page top