ホーム > タグ > ネックピロー

ネックピロー

気持ちよさを追求した温めながらマッサージするトラベルピロー「Vasco Travel Pillow」

みなさんは乗り物での移動中に寝ると言う事はありますか?
海外では移動中のバスや電車の中で寝るなんて持ち物をご自由に持って行って下さいと言わんばかりに非常に危険な行為ですが、日本ではみなさん毎日疲れているのか、朝の通勤や通学、そして帰りの帰宅時間に電車やバスの中で気持ちよさそうに寝ている方をたくさん見かけますが、気持ちよく寝ていた時に限って目覚めた瞬間に首が固まってしまって回らなかったと言う事はありませんか?
この原因は大きく分けて2つあり、1つは筋肉疲労が元々あり(いわゆる肩凝りが酷い状態)、首の筋肉の拘縮が酷くなって全く伸縮しない状態と、カックン、カックンと乗り物の揺れに任せて頭が前後左右に振られて伸張反射(こむら返り)が原因でピクリととも動かないと言った場合などがありますが、これら症状による首の筋肉も拘縮、つまり固まってしまって動かないと言う現象は首の筋肉の血流を滞らせない様に保っておけば回避できる事ばかりで、血流を滞らせない様に保ちそして首凝りや肩凝りを防止・回避してくれるとっても嬉しいガジェットが今回紹介するトラベルピロー「Vasco Travel Pillow」です。

全文を読む

運転中の首や肩のコリや詰まりを解消してくれるネックピロー型マッサージャー「Tracebird」

 車を長時間運転しているといつも肩や首が硬くなって来てたまらないと言う症状を訴える方がおられますがそれは当然の事で、体重の1/10の重さがあると言われている頭をじっと動かさない様に肩や首の筋肉を使って頭が動かない様に固定しているわけですから、例えば体重50kgの方であれば頭の重さは約5kgもありますからボーリングのボールをずっと片手で持っていれば次第で腕が痛だるくなって来て持っていられなくなるのと同じす。

 ではどうすれば良いのか?基本的には首や肩の筋肉だけで頭を支えるのではなく、何かで頭を支えて首や肩にかかる負荷を分散するのがベストなのですが、残念ながら自動車のヘッドレストは事故等に合った時に頭にかかる衝撃を吸収をする為に車両に装備されている装置で、走行中に頭を置いて運転する様にはできていないのです。

 ですからこそ、このネックピロー「Tracebird」が役に立つのです。

全文を読む

バスや電車で居眠りしても首を痛めない人間工学に基づいたネックピロー「OSTRICH PILLOW GO」

 ゲレンデに到着するまでにスキーバスの中で首を寝違えたって経験、あなたにはありませんか?
 これからウインタースポーツの季節に入り、スキーバスで夜間移動して早朝から滑ると言う方も多いかと思いますが、スキーバスって基本的には臨時バスですから路線運行している夜行バスの様にほぼフルフラットになる様なシートや隣との席の間に仕切り壁の様なものがあるバスではなく観光バスが使われる事が多いのはスキーバスを利用された事がある方ならご存じだと思いますが、この観光バスが曲者で若い自分は何にも感じませんでしたが、いざ年を重ねて子どもを連れて行く様な歳になるとほぼリクライニングしないシートで腰は痛くなるわ窓側ならまだ窓に頭をもたげて寝る事ができますが、通路側の席だとそれもできず全く眠れずにゲレンデに到着するか、寝てしまって腰や首が起きたら痛くてマトモに滑る事ができず再び夜にそのままスキーバスに乗って帰って来て暫く腰痛と首の痛みを感じつつ通勤しなければいけないハメになる等最悪な目に遭った事がある方も多いはずです。


全文を読む

Home > タグ > ネックピロー

New Topics

Return to page top