ホーム > タグ > ハンガー

ハンガー

袖から入れて袖から抜ける首回りが100%伸びる事のない引っ張れば外れる超安全ハンガー「Hanga」

 みなさん洗濯物を干したり、衣類をクローゼットの中に収納したりする時にハンガーを使うとは思いますが、そのハンガーに不満はありませんか?
 
 特に朝洗濯をして洗濯物を干してから仕事等へ出かける方にとって朝は時間との闘いです。それこそ干す洗濯物も1枚でも少ない方が時間の節約にもなりますし時間的余裕も出て来ると言うものですが、少し朝に寝過ごしてしまったり、調色の支度やお弁当を作るのに手間取ったりした時に限っていつも以上に洗濯物が多かったりするのはよくある事で、ついつい時間を短縮しようと思って首回りの狭い衣服に首からハンガーを突っ込んで首回りを思いっきり伸ばしたまま、まぁいいかと干して、帰宅して洗濯物を取り入れた時に首回りが伸びきったままでどうしようと思う事もよくあります。
 それが1回や2回ならいいのですが、回数を重ねて行くウチにだんだんと首回りは伸び、Tシャツなどはゴムが伸びきってTシャツはまだまだ買ったばかりで真新しいのに首回りだけがみすぼらしいって事もよくある話です。そんな首回りが伸びるのを回避する為のハンガーって結構たくさんの種類が出ていたりはするのですが、どのハンガーも基本は首から入れるのには変わりなく、ハンガーの片側の出っ張りを首から差し込みそしてスライドさせてもう片方を入れる様になっているか、折り畳んだハンガーを差し込むとバネで開くかのどちらかです。そしてハンガーから衣服を外す時も気を付けて外さないとハンガーの出っ張りに首回りが引っ掛かって伸びてしまいます。

 ですがこの「Hanga」と言うハンガーなら、もうそんな首回りの伸びを気にする必要はなく、袖を持って引っ張ったって首回りが伸びる事は100%なく、しかも干す時も袖からこのハンガーは入れるため、絶対に首回りが伸びる事がありません。

全文を読む

背の低い物干しでも床に衣服がつく事を気にせず綺麗に干す事ができるハンガー「Higher Hangers 2.0」

 ハンガーと一口に行っても様々な形状をしたハンガーが世の中にはたくさんあります。普通のハンガーは三角形をしていてその頂点にフックがついていてぶら下げられる様になっていますが、中にはズボンにシワをつけない様に吊るせるハンガーや、下着専用のハンガー、子供の衣類をかけておく為の小さなハンガーから、タンクトップや肩紐のついた衣服がずり落ちない様にハンガーのフレームに窪みがついていて引っ掛けられる様になったも、更にはハンガーをかける際に襟首が伸びない様に工夫されたハンガーなど、世の中には便利なハンガーがたくさんあるのですが、ベースの三角形と言う形状とその中心、頂点に物干し竿に引っ掛ける為のフックがついていると言う基本的な構造は共通していますし、それを普通に我々は使っているのですが、上下2段になったクローゼットや部屋干しの物干し竿、そしてベランダの壁に取り付けられた物干しに衣類をかけた時に下の段のバーに衣類が当たってしまい衣類にシワが寄ったり、丈の長い服をかけて床に服の裾が着いてしまって気になると言う事はありませんでしょうか?

 もしそう言うのがきになるのなら、今回紹介するハンガー「Higher Hangers 2.0」を使ってみて下さい。ちょっとした工夫で今まで床に着いていた衣服が着かなくなりますよ。

全文を読む

ハンガーラックにかけていても邪魔にならず見た目もスッキリな折りたたみ式ハンガー「Amazing Hangers」

 皆さん、洗濯した服を干したり、クローゼットに服を収納する時にハンガーはどちらから通しますか?

 普通はハンガーを通す時は首の部分が伸びない様に下からハンガーをいれて袖にハンガーを通してから首からフックの部分を出したり、ボタン付きの衣類ならハンガーをかけた後にボタンをかけますが、この正当なハンガーのかけ方と言うのは非常に時間がかかり、急いで洗濯物を干したりする時には不向きです。中にはハンガーそのものが変形してTシャツの様にゴム首を伸ばす事なく首からハンガーを入れてかける事のできるハンガーもありますが、服の形状によってはかけられないものもあり万能ではありません。

 ですがこの「Amazing Hangers」ならゴム首を伸ばす事もなく、襟元のボタンが止まっているワイシャツの様なものもボタンを外さなくても、そして小さな赤ちゃんの衣類から大人の衣類までマルチに使えるハンガーで、しかもバラフライナイフの様に折り畳むとコンパクトに、そして広げるとクリーニング店でもらう針金ハンガーサイズになります。

全文を読む

Home > タグ > ハンガー

New Topics

Return to page top