ホーム > タグ > プリント基板

プリント基板

時計のラバーバンドからプリント基板まで造形可能なインクジェット方式パーソナル3Dプリンター「NexD1」

 最近はFDM方式(Fused Deposition Modeling,熱溶解積層法)を使ったフィラメント呼ばれるプラスティックを溶かして造形して行く3Dペンなるものが子ども達の間で流行っているそうで、クリスマスプレゼントに子どもさんにねだれたと言う方もおらるとは思いますが、3Dプリンターは着実にゆっくりながら家庭の中に入って来ており数年後にはインクジェットプリンターが各家庭にある様にFDM方式の3Dプリンターが各家庭に入るのも近いかもしれません。
 そんな中3Dプリンターに関わる技術も確実に進歩して来ており最近注目されているのがインクジェット方式です。このインクジェット方式はインクジェットプリンターの様に液体をヘッドから射出してUV光などの射出された液体を硬化させる光を当てて固めて行く方式でインクジェットに光造形方式をミックスした様な方式になり、このインクジェット方式の利点は光造形では光で硬化する樹脂の入ったプールに底面からUVやレーザーを照射して固まった造形物を引き上げながら作って行く方式なのですが、光造形の難点は液体を途中で入れ替える事が非常に大変なのでほぼ単色でしか造形できなかったのですが、このインクジェット方式は色のついたUV硬化樹脂等を何色かセットしておく事でインクジェットプリンターの様にフルカラーで造形できるのが特徴で、その他にもUVや光で硬化する性質を持った樹脂やその他素材であれば何でも使えるのが利点で、その為に違う性質を持った例えばABS樹脂の様なものとゴムの様な柔軟性を持った樹脂の両方を使用して継ぎ目のない塩ビ管の様に固いのだけれどストローの様にフレキシブルフに曲がるストローチューブの様が作れるのです。

 それをStratasys社が特許を取得した”ポリジェット方式”と言うインクジェット方式の技術を使って家庭でも使える様にした3Dプリンターがこの「NexD1」です。

インクジェット方式 液体のプラスチック樹脂をノズルから噴射し、UV(紫外線)を照射し硬化させ積層していく。
精度が良い。材料がカセット方式であったり、サポート材の設計が自動化されているなど、専門家でなくとも扱い易い。
ストラタシス社では、「ポリジェット方式」と呼ぶ。

全文を読む

プロトタイプ基板が簡単に作れるマシン「Voltera」

プリント基板を試作するのにあなたは苦労していませんか?そう言う私も、基板の製作には費用も手間もかかりかなり時間がかかり、基板に泣かされている1人です。
片面1層でDIP品を使う程度の基板なら、自前で露光&エッチング&ホール空けと時間は手間と時間はかかりますが、できない事はありません。これが両面基板になると、両面の位置をキッチリ取って露光しないと、ドリルで穴を空けた時に位置がズレていて泣きます(T_T)。さらにそこからスルピンキットを使ってスルーホールの処理をしなければなりませんし、自前でのエッチングだと0.65mmピッチのSMD部品等は、よほどエッチングの精度が良くないと、銅箔が溶けすぎて、見えない傷があってパターン切れてたり(T_T)

それをプリントに出すと、イスライエルの某社等に出しても、最低でも1万円程度はかかりますので、試作に失敗したら時間も費用もかかります。かと言ってCNCを使って切り出すと言う方法もありますが、それも、0.65mmピッチの基板をCNCで切り出すのはちょっと無理があり...........

ですが!!この「Voltera」ならそんな問題を全てクリアー!!してくれるのです。何故から、パターンを基板の上に導電性インクで描いてくれるのです!!どうです?素晴らしいでしょ!!

全文を読む

Home > タグ > プリント基板

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。