ホーム > タグ > プログラミング

プログラミング

幼児機から自然にプログラミング学習をする事ができるブロック型ロボット「Cubroid」

 2020年にはプログラミング教育が必須化されると言う事で子どもさんにプログラミングを習わせたいと思っている親御さんは多いのですが、プログラミングなんて今20代の方でもやった事があると言う方は理工系の学科に進んだ方の中でもごくごく一部の方で、殆どの方は見た事もないでしょうから塾を選ぶにしても教材を選ぶにしても基準がわからないので何を選べばいいのかが分かりません。ですが子供には将来の事を考えてやらせたい、でも自分では教えられない。

 と言う親御さんと、動くロボットに興味を持っている子供さんがいるご家庭にオススメなのがこの「Cubroid」です。

全文を読む

ブロックでロボットが作れ、そしてブロックでプログラミングができるキッズ向けプログラム学習キット「Algobrix」

 昨年、日本でも文部科学省が小学校にプログラミング学習を導入すると言う発表をするや否や、街中には続々とプログラミングを教える教室が乱立したかと思いきや、大手のMicrosoftやApple等も無料の学習プログラムを提供するなど、プログラミング教室も学習塾と同じ様に既に戦国時代に突入した感がありますが、それでも教室に通うには費用もかかるし、かと言って自宅にPCがあるからプログラミングできる環境はあるけれども両親とも学生時分にも実際に就職をしてからもプログラミングなどした事もなければプログラムのソースを見た事もなければ、まるで知らないロシア語で書かれた本をいきなり渡されて読めと言われている様なもので、いくら優しい本を買って来たとしてもプログラミングを学習した事がある人が書いた本ですから、それが本当に全く何もやった事がない人が読んで独学でプログラミングを学習できるかと言うと特にC言語やJavaをはじめとする従来からプログラミングに用いられる言語はハードルは高いと言わざる終えません。
 それならスクラッチを始めとするタイルプログラミングと言うプログラミング言語も見た目はドラッグ&ドロップでプログラミングできますので簡単にプログラムを組む事ができるのですがこのタイルプログラミングと普通の言語を使ったプログラミングは全く別ものでタイルプログラミングで十分に練習を積んだからすぐにC言語やJavaやPerlでプログラムが書けるかと言うと、実際のところまた1から学習しなければ全く書けないです。

 それならC言語やJavaやPerlと言ったプログラミング言語に近い形でプログラムを書く事ができる方がかえって早道なのではないのか?と言うコンセプトで作られたプログラム学習キットがこの「Algobrix」です。

全文を読む

Arduinoよりもmbedをあえて選択したLPC11U68を使用したプログラミングLCD搭載小型ゲーム機「Pokitto」

 マイコンを使ったプログラミングを始めると言った場合に、最初に何を選ぶか?が非常に重要です。日本で手に入りやすいマイコンボードと言うとArduinoですし、Arduinoは多くの書籍も販売されており、シールドと言って挿せば動く拡張ボードも星の数ほど販売されており、開発環境としてはArduinoがダントツに良いのですが使い勝手が良いとは言えません。
 まずプログラムを書く環境ですが、mbedは最初からブラウザベースで開発する事を前提にコンパイラも作られているので、他人が作ったライブラリも簡単にブラウザで取り込んで利用する事ができますし、mbedボードにプログラムを書き込むのも、PCにmbedボードを接続すればUSBメモリーと同じ様に外部メモリーとして認識されるので実行ファイルをコピーするだけと簡単ですが、Arduinoはそうは行きません。Arduinoはシリアル通信でプログラムを書き込みますので、ドライバをインストールしたりしなければならずHIDデバイスとして認識するArduinoもありますが、プログラムの書き込みの仕方もクセがあり、しかも専用のアプリケーションを使わないと書き込みできませんから素人向けとは言えません。

 更にmbedはC++を使っているのでPCを使ってC++でプログラムを書いた事がある方なら、そこで得た知識をそのまま生かす事ができますが、ArduinoはC++ライクな独自のArduino言語とでも言うべき言語を使っていますので、慣れるまでが大変です。

 と言う事でこの「Pokitto」はArduinoではなくmbedを選択したmbedでプログラミングができるLED付きボタン付きのmbedボードになります。
 

全文を読む

Home > タグ > プログラミング

New Topics

Return to page top