ホーム > タグ > ヘッドフォン

ヘッドフォン

耳の可聴特性や音源の種類に合わせてプロファイルを作成し最高のサウンドを楽しむBluetoothヘッドホン「Audeara」

 耳にも実は手や足や目と同じように”利き耳”があるのをご存知ですか?え?耳にもそんなのがあるの?と思われるかもしれませんが、例えば電話で話す時に携帯電話やスマートフォンを耳に当てる時に必ず当てる方の耳って決まっていますし、それが利き耳となります。それと同時に聞き取りやすい音と聞き取り辛い音と言うのが人それぞれあります。
 例えばその良い例が臭いで、ある人は”臭い”と言い、またある人は”臭わない”と言う、そしてまたある臭いはさっき臭いと言った人は臭わないと言い、さっき臭わないと言った人は臭いと言うのと同じで、耳にも聞き取りやすい音と聞き取り辛い音(周波数)があり、よく言われるのが歳を重ねると女性の高い声は聞き取り辛いけれども男性の低い声は聞き取りやすいのと同じで若くても実は同じ音量であっても聞き取りやすい周波数の音と聞き取り辛い音があり、せっかく良いヘッドフォンを使ってサウンドを聴いたとしてもちゃんと自分の耳の特性に応じてイコライズしなければせっかくのヘッドフォンも音源も台無しです。

 そんな自分の耳に合わせてイコライズする事が可能なBluetoothヘッドフォンがこの「Audeara」です。

全文を読む

集中できているのか!?を脳波を計測してベストな環境作りをしてくれるBluetoothスマート・ヘッドホン「Mindset」

  勉強や仕事をする際に集中力を高めるのに実は音がないと言う環境は実は不安感や恐怖感や孤独感を覚え、それに気が取られてしまって逆に集中ができないってご存じでしたでしょうか?
 ではどう言う環境が集中できるのかと言いますと、静かなちょっと離れた場所から聞き取れない程度の話し声が聞こえ、なおかつバックミュージックが静かに流れている様なカフェの様な場所が実は集中力が一番高まりますので、あながちカフェで仕事や勉強をすると言うのは集中すると言うのは良いのです。
 これには理由があり、脳と言うのは1度にたくさんの事柄を処理できる様に見えて実は1つの事しかできないのです。ですから雑音のある環境では脳は周囲の音に気を取られそうになると考える事が停止してしまう為に逆に考える事に集中しようとしますので、カフェの様な場所だと回りがざわざわしていると集中できると言うワケなのです。ただこれが好きな曲を聴く事であったり、周囲の話し声が大き過ぎたりすると脳は負けてしまい歌詞の内容であったり話の内容に集中して考えようとするので逆に勉強や仕事に対する集中力が削がれてしまいますので逆効果です。

全文を読む

周囲の騒音が大きくなればなる程、防音効果が上がる不思議な防音ヘッドセット「Sound Bounce」

 ”騒音性難聴”って言葉を聞かれた事はありますでしょうか?これはその名の通り、大きな音が常に発生する様な重機がずっと動いている様な工事現場や製作工場のみならず、コンサート会場やライブハウスの様な大音量の音楽が流れる様な場所、しいてはヘッドフォンで大きな音で音楽を聴いたり、大工さんや電気屋さんが使う様な電動工具でも大きな音を出すものを日常的にずっと使い続けていると音が聴き辛くなって行くと言う症状です。
 そしてこの”騒音性難聴”と言うのは一般的には治らないと言われていますので常日頃から大きな音が常にしている様な場所へ行ったり、大きな音を出す様な工具等を使用する場合は耳栓をして耳を保護する事が労働安全衛生規則等では明記されています。

 では何故?そうの様に明記されているのか?それは聴覚と言うのは一度損傷すると再生、つまり治る事がないと言う事がわかっているからです。と言いますのも音は空気を振動させて耳へ入ったあと鼓膜を振動させ、その振動が中耳と呼ばれる部分を構成している3つの骨(ツチ骨,キヌタ骨,アブミ骨)を介して内耳に伝わり、その振動が内耳の中の蝸牛と呼ばれる部分にたくさんある有毛細胞と呼ばれる音の振動を電気信号に変換して脳へ送っている細胞があるのですが、この有毛細胞は一度損傷してしまうと再生する事はなく、そしてこのたくさんある有毛細胞は、それぞれある特定の周波数の音を電気信号に変換する機能を持っている為、例えば周波数の高い音、キーンと言う様な飛行機のジェットエンジンの音を常に聴いているとその周波数の音だけが聞こえ辛い、つまり認識できなくなってしまい男性の声の様な低い音は聞き取れるのだけれども、女性の高い声の様な周波数の高い音は聞き取り辛いと言う状態になってしまうので、耳栓の必要性が言われているわけです。

全文を読む

Home > タグ > ヘッドフォン

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。