ホーム > タグ > ヘッドフォン

ヘッドフォン

耳が受ける苦痛を無くしたハンズフリーBluetoothイヤホン「NEOPON」

 車両を運転中に携帯電話やスマートフォンで通話していると違反点数が1点加算され6,000円の罰金が課されますので、車両運転中によく着信があったり発信しなければならない様な方位とってハンズフリー用のBluetoothイヤホンは欠かせないガジェットの1つになっていますが、このBluetoothイヤホンを耳に装着していて耳が痛くなったと言う経験はありませんでしょうか?
 と言いますのもBLuetoothヘッドセットの多くが耳から脱落しない様にイヤピースを耳の穴奥深くまで差し込んだり耳に引っ掛けたりするのですが、長時間装着しているとどうしても耳との接触部分に圧力が加わり血流が悪化して最悪の場合は痛みとなって出て来ますので、仕事だから仕方なく使っていると言う方もおられると思います。

 では何故そうなるのか?例えば最近のメガネやサングラスは軽くなっているのもありますが、鼻パットと両耳で身体との接触点が4つもありますからメガネの重量は単純計算すると1箇所あたりメガネの重量の1/4しかかかりませんが、Bluetoothイヤホンの場合はほぼ1点でBluetoothイヤホンの重さを支える為にメガネだと何ともないのにBluetoothイヤホンだと耳に当たっている部分が痛くなると言うわけです。またその他にもイヤーピースで耳の穴を塞いでしまいますから耳の穴の中の空気の流通も悪くなり衛生的とは決して言えませんしそれが原因で耳の穴の中にニキビができる方だっておられます。

  そこでこの「NEOPON」はそう言う現在Bluetoothイヤホンを使っておられる方の多くが持っている問題をシェルの構造を変え装着方法を変える事で解決しました。

全文を読む

ケーブルを断線させない&絡ませないケーブル結束アダプタ「iClip」

 いつも使っていたお気に入りのヘッドフォンや充電に使っていたUSBケーブルが突然音が鳴らなくなったり、充電したのにも関わらず何も充電できなくなったって経験はありませんか?
見た目で線そのものが真っ二つにでも切れていれば線が切れたから鳴らないんだな、充電できないんだなと納得する事はできますが、見た目は綺麗で切れている様子もないし、中の電線が見えているワケでもなければ一体どうなったのか普通の人にはわかりません。
 ではどうすれは断線するのか?それはケーブルはグニャグニャと曲がり柔らかい様に見えて中に入っているケーブルは実は銅の合金、つまり金属であり例えば針金を何度も同じ場所で折り曲げれば針金はペンチや金属切断用のハサミを使わなくて切れてしまったりする様にケーブルも同じ場所で何度も折り曲げて切れたり、たくさんの糸が寄り合わさったタコ糸の様なものでもずっと引っぱり続ければ切れてしまうのと同じで、細い銅線が何本も束ねられているケーブルも引っぱり続ければ1本、また1本と切れて行き遂には全部切れてしまえば全く電気を流さなくなります。
 そしてそれはどう言う行為から断線が起きるのかと言いますと、よくあるのがケーブルを例えば電源アダプタにきつく巻いて片付ける様な場合、同じ調子で毎回巻いていればケーブルは引っぱられながら同じ場所で曲げられて電源アダプタに巻かれますので当然その曲げられたカドの部分が真っ先に断線し出しますし、ケーブルを束ねて最後にそのケーブルで束ねる様な巻き方も1ヶ所にだけずっと強い力が加わりしかも束ねるのに使ったケーブルの部分は短い半径でケーブルに巻かれるのでその角度もきつくなりますので断線の原因となりますし、ヘッドフォンなどは丸めてバッグの中に入れる事で何もしていないのに絡まってしまう事はよくある事ですが、これも無理に絡まりを解こうと引っ張ると絡まった部分が団子になって力が加わる事で断線する元となります。

 ではどうすれは断線せずに絡まる事なくケーブルをまとめる事ができるのか?と言う事と使いやすさが追求されたケーブル用の結束アダプタがこの「iClip」です。

全文を読む

iPhone用カスタムIEM対応DAC搭載ハイレゾヘッドフォンアダプタ「Capri」

 ライブやコンサートへ行ったりライブビデオを観るとプロのミュージシャンの方が耳にインナーイヤー型(カナル型)のヘッドフォンをしているのを見かける事があると思いますが、あれはバックバンドの方が演奏するメロディーを周りのノイズ(観客の声援やスピーカーから出る音)でかき消されて聴き取れないのを防ぐ為にあえてしているもので、しかもプロのミュージシャンの方はステージ上を縦横無尽に動き回ったり跳ねたりしますから普通のインナーイヤー型のヘッドフォンでは耳に差し込んでいるだけなので自分の耳に合っていてもズリ落ちる事があり、それはジョギングやジムでトレーニングをされる方ならよく経験する事でもありますが、それを避ける為に市販のヘッドフォンではフック等をつけて耳に引っ掛けてずり落ちない様にするのですが、それでも激しく動くとスピーカー部分が段々と耳の穴からズリ出て行きますので、ヘッドフォンの隙間からノイズが入って来て音が取れない事があります。
 それを避ける為に指紋と同じで人それぞれ全く違う耳の形に合う様に耳の型をとって作るイヤホンがCustom In Ear Monitor (カスタム・イン・イヤー・モニター)で略してカスタムIEMと言い、イヤモニと呼ぶ方もおられますが、耳の型を取ってイヤホンをカスタマイズ製造しますから、しっかりと耳は密閉されますので高遮音性を有しており周りのノイズは一切入って来ませんから主にミュージシャンやサウンドエンジニアの方が正確なモニタリングの為に使用されているのですが、最近ではカスタムIEMも比較的安価に作れる様になって来ており、より良い音でサウンドは聴きたいと言う方にも広まっているのですが、そのカスタムIEMをiPhoneを使える様にししかもハイレゾ音源をデコードするDACを内蔵したアダプターがこの「Capri」です。

全文を読む

Home > タグ > ヘッドフォン

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。