ホーム > タグ > ボール

ボール

球の精密な軌跡を視覚的に追う事が可能なスマートベースボール「Strike」

 ボールは何故曲がるのかご存じですか?例えば野球であれば、ストレートと言って真っ直ぐに投げる球種もあればカーブと言って左右に曲がる球種やフォークボールと言って打者の手前で急激に落ちる球種など様々な球種があり、それはサッカーでも一緒です。
 では何故曲がるのか?曲げる時にボールに回転を与えたら曲がると言うのは野球やサッカーをやった事がある方ならご存じだったり薄々感づいていたりされると思いますが、例えば水中を例に取るとよくわかると思いますが、水中を歩くと水の抵抗と言うのは肌でよく感じられるかと思いますが、それは空気中でも同じで空気は水に比べて密度が低いのでそれほど抵抗があるとは思いませんが、実際に無風の中を走ると風を受けていると感じられる様に実際はある程度のスピード以上で走ると空気を抵抗として感じる様になります。
 そしてボールに回転を与えないで投げた場合、ボールのスピードが速ければ空気を切り裂いて飛んで行きますが、空気抵抗とボールのスピードを比較して空気抵抗の方が勝って来ると空気が壁となってボールは急速にスピードを落として重力に引っぱられて下に落ち、これがフォークボールになります。またカーブ等はボールに回転を与える事でボールの進行方向と回転方向が合致する側の空気は速く流れると共に気圧が下がりそちら側に吸い寄せられ、その反対側はボールの回転で流れて来た空気が押し戻される様な形になり流れる空気が遅くなります。そうすると流れの速い方へボールは曲がって行くと言うワケです。

 ですが、実際にどれくらいのスピードでどれくらいの回転を与えればどのくらい曲がるのか?それは今まで感覚で反復練習するしかありませんでした。ですが人間、筋肉疲労を起こして来るとどうしても頭で考えた筋肉の動きと実際の動きとにズレが生じてきて、感覚は同じなのに同じボールを投げる事ができないと言う事になって来ますが、この「Strike」を使えば今まで感覚と言うアナログの世界で行なっていた練習を可視化する事ができますので、感覚ではなく数値で見る事で効率的な練習を行う事が可能になります。

全文を読む

自主練習の強い味方!!スマートフォンがコーチになるスマートサッカーボール「INSIDECOACH」

あなたはスポーツはやっていますか?勉強は繰り返し問題を解いて覚える事で、スポーツは繰り返し練習する事でそれが記憶として脳へ記録されます。例えばボールを蹴ると言った動作を覚える時、最初からボールを見ずに思い通りの場所へ蹴る事ができると言う人はいません。最初はボールを見つつ足を動かしてボールに足を当てる所から始まり、ボールを蹴ると言う筋肉の動かし方を脳で学習します。そしてその筋肉の動かし方が記憶としてしっかりと脳に記憶されれば次からはボールを蹴ると言う記憶を脳から呼び出すだけでボールを見なくてもボールを蹴る事ができるのです。
そしてバナナシュートを蹴りたければ何度も反復練習する事で蹴り方を覚えますよね。でも闇雲にボールを蹴っていた所で、教えられなければ”やり方”、コツがわかりませんから蹴れるハズがありませんよね。

そんなサッカーの練習を一人でやる時にコーチの役目を担ってくれるのがこの「INSIDECOACH」です。

全文を読む

マイク回しで時間短縮ができるボール型ワイヤレスマイク「Qball 」

あなたの会社ではビデオ会議ってよく利用していますか?インターネットが高速になりPC等の処理スピードも上がって、一昔前のビデオ会議だと専用のマシンと専用回線が必要だったりしたのですが、現在のビデオ会議ではインターネットが高速になりSkypeでも複数のユーザーでビデオ会議ができるので、安価にビデオ会議が出来るようになって現地へ赴くよりも時間もお金も節約できるので、最近では出張よりもビデオ会議を使う機会が増えています。
そんな利点のビデオ会議ですが、発言する時は相手に発言が聞こえる様に、マイクが必須となります。据え置きの360度音が拾える高感度なマイクもありますが、そ言う専用のマイクは高いので普通は安くで変えるカラオケで使う様なワイヤレスマイクを使うのですが、1つの会議室にいる人数が多いとマイクを回す専属のアシスタントを置いたり、マイクを発言する人の所へリレーして送ったり、このマイクを回している時間が結構なロスタイムになってしまっていて議論が途中で切れたりしてしまいます。

そんなマイク回しのロスタイムを無くしてくれるのが「Qball 」です。

全文を読む

Home > タグ > ボール

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。