ホーム > タグ > レコード

レコード

ポータブルスクラッチもできちゃう!!キットを手順に沿って組立るだけのレコ-ドプレイヤー「Spinbox」

 ”レコード”ってみなさんご存じですか?おそらく今30代の方の記憶の片隅に残っているか否かと言うくらい遙か昔にミュージックショップから消えてしまった音楽を記録した媒体なのですが、ポリ塩化ビニールに刻まれた溝をレコード針がその溝に刻まれた音を拾う為に、再生回数が増えるとその溝が針によって削られてしまう為に摩耗で高音域が出辛くなって行ったり、レコードの針がレコード盤の上を走っているので、ちょっとした震動で針がレコード盤から浮き上がると音が飛んでしまったり、レコード盤の回転によって空気との摩擦で静電気が発生する事でホコリやゴミが付着して音が飛んだり盤面が傷ついたりと、レコードならではの問題が多々あり、その後出て来た取扱の簡単なCDに取って代わって行ったのですが、ここ最近レコードの良さが見直されて、何と株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの子会社であるソニーDADCジャパンがレコードのプレス機を導入して今年度中にレコードの生産を開始すると言うニュースが出て来るなど、にわかにレコードを取り巻く環境が活気づいて来ているのですが、そのレコードを再生するレコードプレイヤーをDIYで作ってしまえるキットがこの「Spinbox」です。

全文を読む

縦でも横でもレコードが再生できる埃対策万全のオランダ製ラウンド型レコードプレイヤー「Wheel」

 レコードを再生した事がある人ならばみなさんレコードをかける前、かけた後に必ずレコード盤についたホコリをクリーナーにレコードクリーナーを湿布してから拭いたかと思いますが、これは実はレコードの素材に原因があったってご存じでしょうか?レコードと言うのは知っておられる方は知っておられますが、ポリ塩化ビニールと言う素材で今は作られており、このポリ塩化ビニールと言う素材はあの嫌な静電気(マイナスの電荷)を素晴らしく蓄積してしまう素材でもありますのでレコードを再生し終わった頃にはMAXに静電気が帯電しており、再生の止まったレコード盤には空気中に漂うホコリが吸い寄せられて吸い付きますので、レコードは再生が終われば必ずホコリを除去すると共に静電気が帯電しない様に静電気防止剤の含まれたレコードクリーナーを湿布すると言うわけです。

 では何故ホコリを取るのか?それはホコリで汚れるからではなくホコリによってノイズが入ったり音が悪くなったりする事を防止する為です。レコードと言うのは、例えば黒板を爪でひっかくとキィィィ~と言う嫌な音がするのと同じでレコード盤に刻まれた溝を針がなぞる事で針がレコード盤の凸凹とした溝を引っ掻く事で生じた振動を音として再生しているのですが、針の先にホコリが付着してしまうとそのホコリが邪魔をして正しく音を拾わなくなってしまいますからホコリを吸い寄せる静電気とホコリを除去すると言う行為はレコードを良い音で聴く為には必要不可欠な行為なのです。

 そんなホコリによる再生中の音の劣化を防止する為にわざと針を中に入れてしまったレコードプレイヤーがこの「Wheel」です。

全文を読む

Home > タグ > レコード

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。