ホーム > タグ > レーザー彫刻

レーザー彫刻

3歳から使用可能な3Dプリンターにも変身するプログラマブル・ロボットアーム「uArm Swift」

 今年こそは3Dプリンターを買ってやるぞ!!と思っておられる方はちょっと待って下さい!!
 3Dプリンターは3D造形物を作る以外の用途は使用できずトライしてみたければやっぱり3DCADソフトを使っての設計は私にはムリとなった時に買った3Dプリンターはどうなるでしょうか?ただの飾りとなり破棄するまでは高価な場所を取るオブジェとしてデスクの上を占領し続けます。ただ最近は3D-CADソフトを使用して設計図を描かなくてもネットからフリーのSTLファイルをダウンロードして来て造形する事もできますし、PCを持っていなくてもスマートフォンやタブレットに3DプリントアプリをダウンロードしてBluetoothやWiFiで3Dプリンターと接続して3D造形できるものもありますから、完全オリジナルなものは作れませんが少なくとも造形する事はできます。

 ですが、やはり他人が作ったデータを利用して造形するだけなんて楽しくありませんし、他に使い道があれば他に何かやってみようかな?と言う気になるのが、このロボットアームを3Dプリンターにしてしまうと言う発想です。


全文を読む

3Dプリント、レーザー彫刻、CNC加工からハンダ付けまで多彩な機能を持ったロボットアーム「Dobot M1」

 マルチツールって1つの道具が変形して様々な用途に使えますからとても素敵ですが、こと私達が使っている電動工具や工作機械となるとそう言った多彩な機能を持った道具と言うのはなかなかなく、特にホビーで使うものは自宅に広い作業スペースがあれば別ですが、そんに広い作業スペースを持った方も希でしょうから1台で何役もこなすマルチ工作機械があれば設置スペースも取らず色々な作業をこなす事が可能になり、DIYでの工作の範囲も広がると言うものです。
そう言う夢の様な多彩な作業をこなすロボットアームがこの「Dobot M1」です。

全文を読む

3Dプリントだけじゃなくレーザー彫刻も基板パターンも描ける「LumiPocket LT」

3Dプリンターにも様々な造形方法があり、安価に大きいモノまで造形できるので最近ではフィラメントを溶かし作るFDM方式が主流ですが、その他にも3Dプリンターでは1番歴史のあるSTL方式と言う、紫外線で固まる樹脂(レジン等)に紫外線レーザーを当てて固めて造形物を作る方式に、SLS方式と言って粉末にレーザーを当てて焼いて固める方式のものがあります。

今回紹介する「LumiPocket LT」はSTL方式を使った3Dスキャナープリンターで、このSTLの利点は、レーザーを使いますので精度の高い表面が滑らかな造形物を作る事ができると言う点です。反面デメリットは、作った造形物は衝撃に弱かったり、太陽光を当てたりすると変色したり強度が劣化したりと言うデメリットもありますので、主にモックアップを作るのに使われます。

全文を読む

Home > タグ > レーザー彫刻

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。