ホーム > タグ > ワイヤレス充電

ワイヤレス充電

最大1Aで確実に充電可能なマグネットマウントQiワイヤレスチャージャー「MAGQI」

 Qiと言うワイヤレス充電を使っていて最大1Aで充電できると書いてあるのに全然充電が進まないと感じた事ってありませんか?と言いますのもQiワイヤレス充電と言うのは昔に理科で学習した電磁誘導を利用しており、導線を巻いた筒の中に磁石を入れて動かすと電気が流れて豆電球が点灯したりモーターが動いたかと思いますが、このQiワイヤレス充電も送電器の方でコイルに電流を流す事でコイルが電磁石となり磁界を発生し、受電器の方ではコイルに磁界が通過する事で電力を発生します。ですが磁界はコイルの中心部分が一番強く、コイルの中心部分から外れるにつれて磁界は弱くなります。そして当然の事ながら送電側のコイルと受電側のコイル位置がズレれば受電コイルにかかる磁界も弱くなりますので遅れる電力も少なくなりますから、Qiワイヤレス充電を使っていて充電が進まないと感じると言う事はコイルの位置がズレているからです。ですが送電側も受電側もどこにコイルがあるのか明示されていないものが多くどこを合わせれば一番最適なのかわかりません。それを意図的にかつ強制的に自動で合わせてくれるQiワイヤレスチャージャーがこの「MAGQI」です。

全文を読む

ロック難聴で困っている方にオススメな耳の状態に応じてスマートフォンで音をカスタマイズ可能な補聴器「Olive」

 「ロック難聴(音響外傷)」って言葉を聞いた事はありますか?これはフェスやコンサートやライブ等やヘッドフォン等で長時間大音量でサウンドを聴く事によって起こる難聴で、歳を取って耳が遠くなる難聴と症状的は同じです。これは内耳にある聴覚を司る感覚器官「蝸牛(かぎゅう)」の中にある有毛細胞(音波(振動)を電気信号に変換して音を脳で認識させる為の変換回路でサウンド回路で言う所のA/D回路の様なものでしょうか….)が傷ついてしまい耳の中に入って来た音波が変換できなくなる為に音が聞こえないと言う症状になって現れる現象で、この有毛細胞は高い音を変換する有毛細胞ほど傷つきやすくまた一度傷ついた有毛細胞は現代の医学では元に戻る事はありませんので難聴になったらそのまま放置するか補聴器を使う事になります(骨伝導イヤホンは鼓膜が損傷している様な場合は有効ですが、有毛細胞が損傷した様な場合では効果はありません)。

 ですが補聴器って年齢的に若ければ使うのに抵抗がありますし、それも体調によって片耳だけが聞こえ辛い時があると言う程度であればこの「Olive」があれば十分です。

全文を読む

紙コップを差し込めドリングをいつまでも温かくキープできるホットウォーマー「LAVACLIP」

 こう寒くなってくると温かい飲み物が恋しくなってしまい、ついついコンビニやスターバックスと言ったコーヒー専門店に立ち寄ってコーヒーを買う事って寒くなればなるほどその頻度は高くなって来るかと思いますが、その買ったコーヒーって寒ければ寒いほど冷めるのも異常な程に早いですよね。ですからそう言うすぐに冷えてしまう人は保温マグや保温ボトルを持ち歩いてそれに淹れてもらっていると言う方も少なくありませんが、どうしてもマグだとバッグの中で場所を取りますしそれにその都度洗っておかないと色がついてしまったりしますからそれも面倒なのでついついカップに入れてもらのだけれどすぐに冷めるのだけは何とかならないかなぁ〜と思っておられる方に朗報です!!
 この「LAVACLIP」はそう言うショップの紙コップをダイレクトに差し込む事が可能なバッテリー内蔵のホットウォーマーです。

全文を読む

Home > タグ > ワイヤレス充電

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。