ホーム > タグ > 地下足袋

地下足袋

リアルに素足に近い状態で走る事ができるサンダルの様なラニングシューズ「iGUANEYE Jungle」

最近、 池井戸潤原作の小説「陸王」がドラマ化された事もあり、以前から”裸足”で走る事で足の感覚が鍛えられ、ランニングフォームも改善され怪我をしなくなるばかりか結果的に時間も短縮され素足による足へのダメージと言うデメリットよりも遙かにメリットのある事の方が多いと注目されています。
従来のスポーツシューズ、ランニングシューズは言うと足へのダメージを軽減する為にぶ厚いソールやエアクッションの様なものが靴底に仕込まれていました。
確かにクッションが多いと着地した時の衝撃はクッションが吸収してくれますので足に痛みが出ると言う事はありません。ただクッションで衝撃を吸収・分散する為に例えば踵で着地しているのか?つま先で蹴り出せているのか?と言う走るフォームにおいて重要な地面から伝わるフィードバック、感覚が鈍くなっているのも事実です。
ですからランイングに基本フォームもそうなのですが、例えば着地時に地面に足の裏ではなく側面だけが着地している様な場合、素足だと確実に足首を稲って捻挫しているような着地もクッションで吸収され大事には至りませんが、逆に言うといつ足首を捻挫してもおかしくない状況で走っているフォームでいる事は気付かないのでそのままです。
そしてそのままだと正しいフォームで走る事ができていませんから、いずれは怪我をするかもしれませんし、フォームもおかしいのでタイムに縮みません。

なので地下足袋ランイングシューズとなるのですが、それよりも本当に素足に近い状態で走る事ができるラニングシューズ「iGUANEYE Jungle」を今回はご紹介致します。

全文を読む

銀イオンコートで抗菌・抗臭された丸洗いできる地下足袋「SKINNERS」

地下足袋と言うものが日本には古くからありますが、履いた事はありますか?
地下足袋と言うのは着物を着た時に履く日本の靴下の様なもので、その靴下の裏側にゴムを貼って屋外でも行動できる様にしたものが地下足袋です。その利点は何と言っても軽い事と足へのフィット感と通気性です。
靴の様に靴底に厚いゴムやポリウレタン等は使っていませんし、靴そのものも生地1枚なので通気性も良くしかも足首まで覆っているのでフィット感がバツグンで長く履いていても素足に近いので足も疲れずにしかも通気性が良いのでムレたりする事もありません。そして工事現場で働いている人が多く履いている事からもわかる通り、高さの高い現場でも足下の状態がしっかりと伝わって来るので安全で安心感のあるのが地下足袋です。

ですがそんな地下足袋にも苦手な分野もあります。それがエクササイズです。地下足袋は靴底がゴムなので汗をかくと靴底に汗がたまります。そして汗を吸った地下足袋は….臭います。

そう言う地下足袋のデメリットを解決したものがこの「SKINNERS」です。

全文を読む

Home > タグ > 地下足袋

New Topics

Return to page top