ホーム > タグ > 急速充電

急速充電

QuickCharge対応の充電器があればiPhone8/8 Plus/Xが30分で50%急速充電可能なLightningケーブル「C-Force」

モデルチェンジがなされたiPhone8/8 Plus/Xがワイヤレス充電に対応した他にLightningケーブルでもとっても早く充電できる様になった事はご存じですか?
例えばiPhoneではワイヤレス充電の規格にQiと言う規格を採用しているのですが、このQiでも5V1A(5W)でしか充電できないものと、9V1.1A(10W)に対応したものもあり、みなさんが使われているiPhoneに付属の5V1A出力の充電器ではなくQuickChargeと言うクアルコムが作った規格に対応したUSB充電器やモバイルバッテリーと組み合わせる事で9V1.1Aでの充電が可能となりワイヤレスでも倍の速さで充電する事ができます。
一方、iPhone8/8 Plus/Xの特徴の1つとして”30分で50%充電可能”と言う事が書かれているのですが、実はこれはiPhoneに付属しているいつもの充電器ではなく、USB-Cと言う規格に対応した充電器が必要で、例えば新しい2016年以降にリリースされたMacBookやMacBook Proに付属している充電アダプタがこのUSB-C充電器になり、MacBookオーナーはこの充電器とMacBookとiPhoneを接続する”USB-C – Lightningケーブル”を新たに購入しなければ充電できません。
そしてまた、MacBookを持っておられない方はこの両方を新たに購入しなければならずかなりの出費になりますし、色々なデジタルガジェットを持ち歩いている様な方であれば更に荷物が増える事になります。

そこで、オススメなのが今回紹介するUSB-Lightningケーブル「C-Force」です。

全文を読む

過充電からスマートフォンを保護し、バッテリーの延命を自然に行ってくれるUSB充電ケーブル「Charby Sense」

みなさんは”80%充電でバッテリーの寿命は1.5倍”と言うフレーズを聞かれた事はありますでしょうか?
これは別に充電を80%までに留めておくだけでバッテリーが1.5倍も長持ちすると言うのではなく、80%充電を心がけるだけでバッテリーの劣化を抑えバッテリーの能力を100%使い切る事ができると言う意味で、みなさんがいつも行っている充電(100%充電されているのに充電ケーブルを外さずにそのまま充電し続ける充電)では早くバッテリーが劣化してしまうと言う事を意味しています。

例えばiPhone Xの場合は製品に付属しているApple純正の5W充電器ですと、0%→100%にまで充電した場合は約3時間でフル充電されます。一方、iPadに付属している12W電源を接続すると約2.5時間でフル充電されます。
この事からiPhone Xはどう頑張っても3時間もあれば100%充電されそれ以上充電ケーブルを接続したままだと言う事はバッテリーを過充電する事になりバッテリーの劣化を早めるのです。ですから寝る時にスマートフォンを充電ケーブルに差して寝ると言うのは明らかに過充電を毎日繰り返している様なもので、その習慣だけでバッテリーの劣化を早めてしまうのです。

ですが朝起きてから充電していたのでは朝出かけるのには間に合わない、と言った様な方の為に今回は充電ケーブル「Charby Sense」をご紹介致します。

全文を読む

スマホの充電をPCからする事が多い方にオススメな急速充電&データ通信対応マグネットケーブル「MuConnect 2.0」

 スマートフォンを充電するのに荷物が多くなるからとUSB電源アダプタ等は一切持ち歩かずにノートパソコンのUSB端子にケーブルを差して充電すると言う方も割と多くおられますが、PCに搭載されているUSB端子は残念ながら出力の上限は500mA(USB3.Xでは900mA)しかなく充電できなくはありませんがその充電スピードはカメの様に非常にユックリです。
 そう言う時に活躍するのが急速充電アダプタ(通称、急速充電下駄)と呼ばれるアダプタなのですが、このアダプタとマグネットケーブルを合体させたPCのUSB端子からスマートフォンを充電する事が多いユーザーにはとっても便利な充電&通信ケーブルがこの「MuConnect 2.0」です。

全文を読む

Home > タグ > 急速充電

New Topics

Return to page top