ホーム > タグ > 文房具

文房具

手の大きさに合わせて長さが変わり750種のインクが使えるグレード5チタン合金製ボールペン「Ti Arto EDC」

みんさんは筆記用具に拘りは持っておられますか?
シャープペンシルもボールペンも100円均一ショップで買えるものから、シャープペンシルでもただ普通に書いているだけなのに勝手に芯が自動で出て来るン千円するものや、ボールペンはいわゆるブランドものもありますので数万円するものまでたくさんあります。

ただ筆記用具だけは他人が使ってこれが良い!!と推薦してくれても手の大きさや指の長さ、そして筆圧によっても書きやすさは変わって来ます。

ではどう言うボールペンが書きやすいのかと言いますと、基本的には軽ければ軽いほど良く、しかもペンを握った際に人差し指の第2関節とボールペンが当たる位置にボールペンの重心があると一番手に負担がかかりませんので長時間書き続けても腕が疲れると言う事がないのですが、実際に持って書いてみないとそんな事は分かりませんので通信販売で買うと言うのは”賭け”に近い様なものなのですが、この「Ti Arto EDC」に至ってはペンの方が手に合わせて重心の位置を変える事ができますので、そう言う持ち辛いと言う事がありません。

全文を読む

押したら芯が引っ込み、引けば芯が出るちょっと変わったギミックのボールペン「Magno Ink」

さてみなさん、ボールペンの芯を出す時にはどの様な操作をしますか?今販売されているボールペンの殆どが、頭の部分のノッチ(ノック)を押すか、ペン先の部分のスクリューを回して芯を出すかのどちらかだと思います。
ですが今回紹介しますボールペン「Magno Ink」は、押すのでも回すのでもなく頭の部分を引っ張る事で芯は出て来るのです。と書いてサラッと読まれると、”あっそうなのか”で終わってしまいますが、よく考えてみて下さい、引っ張ったら芯が出て、押したら芯が引っ込むなんてどう言う構造をしているのだろうとは思いませんか?

全文を読む

色をスキャンし1600万色の色を作り出すフルカラー・ペン「CRONZY Pen」

夏休みももう残り少なくなり、学校の宿題に追われている学生もいるかと思いますが、そんな夏休みの宿題の定番課題の1つとして写生やスケッチがありますよね。
見ているモノや風景の一部を切り取ってそれを紙の上に再現するのってとても難しい事ですよね。それは見ているモノの輪郭を描いて行くのもそうですが、見ている風景の色を再現するのも意外と難しいものです。
例えばスタンダードな14色であったり15色であったりする絵の具しか持っていない場合、例えば人物を描いた時に肌色を再現するのって茶色と白で作り出す人もいれば、オレンジに黄色や赤を加える方法もありますが、それを知らなければ色の調合って難しいですよね。

そんな知っていなければ難しい色の再現を1本のペンでしてしまう事ができるペンがこの「CRONZY Pen」なのです。

全文を読む

Home > タグ > 文房具

New Topics

Return to page top