ホーム > タグ > 水中ドローン

水中ドローン

水深最大100mの世界を4,000ルーメンのLED照明で照らし出し4K画質で撮影する事が可能な水中ドローン「FIFISH P3」

みなさん、水中では太陽の光ってどれくらいの深さまで届くのかご存じでしょうか?
一般的には太平洋の真ん中の様な周囲に何もない汚れていない海域ではおよそ200mと言われていますが、沿岸部ではどうしても河川から流入した水によって海水が汚濁しその透明度は下がり、例えば透明度が1m(肉眼で海中のモノがハッキリ見えるのが1m先までと言う事です)であれば有光層と言って光りの届く範囲は20m程度と言われており、そこから下の領域ではライトの光がないとハッキリと識別する事ができません。

なので水中撮影用のドローンもそう言う海域で撮影しようと思うとライトの光なくしては撮影できませんし、何と言っても周囲がハッキリ見えていないと何かにぶつかったり引っ掛かったりして、ドローンを回収する事ができなくなってしまいます。

ですが今回紹介します水中ドローン「FIFISH P3」は何と4,000ルーメンと言う非常に明るい照明装置を搭載していますので、透明度が高ければ有光層以下の領域であっても10m先、20m先を優雅に泳いでいる魚影をしっかりと捉える事ができます。

全文を読む

GoProを搭載して水深45mまで潜水可能な1080P撮影・水中ドローン「Fathom One」

ドローンって言う言葉をよく耳にしますがこのドローンってどう言う意味かご存じですか?例えば空中を飛行するドローンはマルチコプターと本当は呼んでおり、4つのプロペラを備えたドローンは正式には”クワッドコプター”と呼びます。
ドローン(Drone)はオスの蜂を差し、飛行音がブーンと言う音がする事からドローンと呼ぶ様になり、昔は”ラジコン”と呼んでいた遠隔操作する飛行機の事を今ではドローンと呼んでいます。そしてそれは水の上を走るラジコン船はドローン船、そしてラジコン潜水艦は水中ドローンと今では呼び名が変わっています。

そして今回紹介する水中ドローン「Fathom One」は水中と言う見えない場所を潜水させる為の様々な工夫がなされた水中ドローンです。

全文を読む

Home > タグ > 水中ドローン

New Topics

Return to page top