ホーム > タグ > 結束ガジェット

結束ガジェット

ケーブルを断線させない&絡ませないケーブル結束アダプタ「iClip」

 いつも使っていたお気に入りのヘッドフォンや充電に使っていたUSBケーブルが突然音が鳴らなくなったり、充電したのにも関わらず何も充電できなくなったって経験はありませんか?
見た目で線そのものが真っ二つにでも切れていれば線が切れたから鳴らないんだな、充電できないんだなと納得する事はできますが、見た目は綺麗で切れている様子もないし、中の電線が見えているワケでもなければ一体どうなったのか普通の人にはわかりません。
 ではどうすれは断線するのか?それはケーブルはグニャグニャと曲がり柔らかい様に見えて中に入っているケーブルは実は銅の合金、つまり金属であり例えば針金を何度も同じ場所で折り曲げれば針金はペンチや金属切断用のハサミを使わなくて切れてしまったりする様にケーブルも同じ場所で何度も折り曲げて切れたり、たくさんの糸が寄り合わさったタコ糸の様なものでもずっと引っぱり続ければ切れてしまうのと同じで、細い銅線が何本も束ねられているケーブルも引っぱり続ければ1本、また1本と切れて行き遂には全部切れてしまえば全く電気を流さなくなります。
 そしてそれはどう言う行為から断線が起きるのかと言いますと、よくあるのがケーブルを例えば電源アダプタにきつく巻いて片付ける様な場合、同じ調子で毎回巻いていればケーブルは引っぱられながら同じ場所で曲げられて電源アダプタに巻かれますので当然その曲げられたカドの部分が真っ先に断線し出しますし、ケーブルを束ねて最後にそのケーブルで束ねる様な巻き方も1ヶ所にだけずっと強い力が加わりしかも束ねるのに使ったケーブルの部分は短い半径でケーブルに巻かれるのでその角度もきつくなりますので断線の原因となりますし、ヘッドフォンなどは丸めてバッグの中に入れる事で何もしていないのに絡まってしまう事はよくある事ですが、これも無理に絡まりを解こうと引っ張ると絡まった部分が団子になって力が加わる事で断線する元となります。

 ではどうすれは断線せずに絡まる事なくケーブルをまとめる事ができるのか?と言う事と使いやすさが追求されたケーブル用の結束アダプタがこの「iClip」です。

全文を読む

Home > タグ > 結束ガジェット

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。