ホーム > タグ > 自撮り

自撮り

ケースから取り出しフワと投げれば空中で静止する自撮り専用ドローン「AirSelfie」

 自撮り棒は便利な反面、不便な面も多々あります。例えば全身を収める写真が撮れない、引いて撮影すると自撮り棒が写り込んでしまう、多人数で撮影できない、そして何より撮影アングルが真正面からか、上からか、たまに下から見上げる様に撮影する人もいますが、自撮り棒で撮影した画像のアングルって殆ど決まっていると言う事です。
 たまには周りの風景も入れて自分も全身入ってと言う画像を撮影しようと思ったらやはりこの自撮り撮影専用のドローン「AirSelfie」の出番です。

全文を読む

挟む場所がなくてもどこにでも貼りつく自撮りを助けるスマートフォンフォルダー「GekkoGum」

スマートフォンで自撮りをする時に自撮り棒が便利なのは使っている人はわかっていますが、実際問題として自撮り棒を禁止している観光地やアミューズメント施設も次第に出て来ており、なおかつ少人数であれば自撮り棒でも全員アングル内に収まる事も可能ですが、大勢になると自撮り棒では長さが足りずに全員が収まらない事だってよくありますし、回りの景色やオブジェを一緒に入れる様な場合でも自撮り棒では無理と言うシチュエーションも多々あります。

そう言う時にどんなものでもスマートフォンやGoProをはじめとするアクションカメラを固定する為の固定具として使える様にするガムの様なものがこの「GekkoGum」です。

全文を読む

ユーチューバーの自撮りに最適な自動追尾機能を搭載した雲台「Picbot」

今ではスマートフォン1台あれば特別な機材はなくても簡単に誰もがユーチューバーになる事ができる時代です。ただYouTubeに動画を投稿してそれなりの試聴回数を稼ごうと思うと、動画を編集してテロップを入れたり、効果音を入れたり不要なシーンをカットして映像を繋いだりと言う編集作業も重要ですが、それ以前に動画を撮影しなければいけません。
ゲーム実況ならゲームをプレイしている画面を録画すればいいだけですが、何かを行ったり紹介したりと自分を登場させなければならない場合1人で撮影するとなると最低でも三脚さえあれば何とか撮影をする事はできますが、動き回わって撮影するとなるとフレーム画面からはみ出てしまう為に動ける範囲も制約されます。

そう言う、自撮り撮影でも自由に動けてフレームからはみ出ない様に撮影の補助をしてくれるのがこの雲台「Picbot」です。

全文を読む

Home > タグ > 自撮り

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。