ホーム > タグ > 飛行機

飛行機

35%小さく&軽くなってより持ち運び易くなった寝心地を科学して作られたトラベルピロー「FaceCradle Lite」

みなさんの中には移動する飛行機や電車やバスや車の中で予め移動時間が長いので寝る事を決めていてトラベルピローと言う携帯に便利な枕を持って乗り込むと言う方も少なくはないと思いますが、そのトラベルピローを使って起きた時にスッキリと目覚める事ができるでしょうか?
と言いますのも多くのトラベルピローの形状を見ていると寝具としての寝心地を追求していると言うよりは頭が動かない様に固定する為と言った意味合いの物が多いので形状としては首に挟んだり首に巻いたりする様になっているのですが、私たちの首は人それぞれ太さも長さも違いますのである人にはピッタリだとしても、その他の大勢の方にとってはサイズが合わなくて頭が傾きますし、傾いた頭の重さは体重の1/10とも言われていますのでその重みで更にトラベルピローは圧縮されて縮まり更に頭が傾きますので寝ている間に頭があらぬ方向に曲がったり、過度に首の筋肉が伸ばされたりしてしてしまいます。ですからエアーで膨らませたり、スポンジの様な素材を使ったトラベルピローの場合は小さくコンパクトに折りたためますので傾向性能は抜群なのですが、快適性には劣っているものが殆どなのです。

そこで、この「FaceCradle Lite」はあえて携行性は犠牲にして快適性を追求していますので寝心地と言う点においてはダントツです。

全文を読む

5kgまでの頭ならしっかりと支える事ができるコンパクトかつ軽量なトラベルピロー「HANDYCOSY」

 皆さんは飛行機や電車、そして長距離バスでの移動時に快適に過ごす為に”トラベルピロー”を使われる方は多いと思いますが、そのトラベルピローは使っていて本当に快適ですか?
と言いますのもトラベルピローと言っても素材や形そして大きさも様々ありますが、どれにも共通して言えるのは為にコンパクトに折り畳める携帯性です。とにかく寝る時以外には必要のないものなので、荷物の多い旅行などはコンパクトさが求められますので、多くの方は空気で膨らませるタイプのトラベルピローを選ばれるでしょう。ですが意外と空気って弾力性がありませんし頭をもたげると凹んで更に首は傾きますから、それが原因で変に首が折れ曲がっていて現地に到着する前に目覚めてみると寝違えていて首が回らないなんて事になった事がある方もおられるでしょう。
 では何故、膨らませた空気枕が凹むのか?それは頭が重いからです。一般的に成人の方の頭の重さは体重の10%前後と言われていますので、体重50kgの方であれば5kg、70kgの方であれば7kgもあるのですから、それがあの細い空気枕の上に乗れば圧力で凹むのは当然で、凹めば更に首は折れ曲がりますし、そして首や肩の筋肉は異常に引っ張られて固くなります。
 だとしたらどう言う”トラベルピロー”を選べば移動中を快適に過ごせなおかつ首も痛めないのか?それを追求したのがこのトラベルピロー「HANDYCOSY」です。

全文を読む

フーフーであっと言う間に膨らみ、頭をすっぽりを覆って快適な睡眠環境を提供するトラベルピロー「Duo」

 最近の夜行バスがすごく快適になっているってご存知でしょうか?スキーバスの様に臨時に運行されている様なバス等は普通の観光バスを使っていたりしますので、シートのリクライニングもほとんどありませんが、最近の夜行バスはフルフラットにこそはならないもののフットレストはありますし、シートはゆったり倒して寝る事ができたり、個室になっていたりと非常に快適に移動できる様になっていますので、昔の様に朝目覚めたら首が固まってしまっていて右にも左にも向けないと言う事は殆どなくなりましたが、これが飛行機旅行となると話は別です。特にエコノミークラスのシートは大昔から比べるとかなり人間工学に基づいて快適に長時間座っていても苦痛にはならない様にはなって来ていますが、それでもシートピッチは狭く、背の高い人は前の座席に足がつっかえ、リクライニングしようにも飛行機のシートも10度とか15程度しかありませんから首を何かにもたげて寝ると言うのはかなり大変です。
 そんな時に役立つガジェットがネックピローなのですが、これも様々な形状や様式のものがありますが、一体何が良いのでしょうか?それを研究して寝心地を向上させたのがこのトラベルピロー「Duo」です。

全文を読む

Home > タグ > 飛行機

New Topics

Return to page top