ホーム > タグ > 骨伝導

骨伝導

カナル型イヤホンと骨伝導型イヤホンが合体したBluetooothハイブリットヘッドフォン「CONDUIT Sports」

 ”骨伝導”と言う技術はご存知でしょうか?その前に耳でどうやって音を聴いているのかと言いますと、耳に入って来た音はまず鼓膜を振動させ、その振動は中耳の中にある耳小骨を振動させその振動が内耳にある蝸牛と言う器官で音の振動を電気信号に変えて脳に伝えて音を認識するのですが、先天的に鼓膜に異常があったり怪我や事故で鼓膜を損傷してしまうと外から入って来た音も鼓膜をない為に振動に変えて蝸牛に伝える事ができませんし、鼓膜に異常はなくとも振動を伝える耳小骨に異常がある方もおられます。
 そう言う蝸牛には何ら異常はないが、その他耳の中の音を伝える器官に異常があって音を認識できない方の為に頭蓋骨を振動させてその振動を蝸牛に伝えて音を認識すると言うのが”骨伝導”で、その骨伝導技術をヘッドフォンに利用したのが骨伝導ヘッドフォンで、この「CONDUIT Sports」にも採用されているのですが、「CONDUIT Sports」はそれに加えて普通のカナル型のヘッドフォンも付いており、どちらでも使い分ける事ができる画期的なヘッドフォンなのです。

全文を読む

ピエゾスピーカーと骨伝導の両方を採用したハイブリットヘッドフォン「Hy」

 スピーカーの構造は銅線で作られたコイルに振動板(コーン紙)を取り付けてコイルに電流を流す事でコイルが電磁石となるコイルの周りに設置してある永久磁石と反発したり引き合ったっりする事で振動板が動き、振動板の周りにある空気を振動させる事で音を発生させています。ですからスピーカーを設計する上で円筒形に巻いたコイルの周りを永久磁石で取り囲むと言う構造は変えようがなくそれがスピーカーの小型化を阻んでいるのですが、最近ではピエゾ素子(圧電素子)と言う電圧を加えると反る性質を持った金属を使用したスピーカーが昔は電圧を加えてもピーピーと鳴る程度の機能しかなかったものが、最近では高性能化して来て1kHz付近から200kHzまでの音が出せる様になっており、音声(人の話す声の周波数はおそよ20Hz〜30kHzの間と言われています)を再生するのにも耐えられる様になって来ており、このカナル型!?ヘッドフォン「Hy」はこのピエゾスピーカーと骨伝導スピーカーを組み合わせ使用しています。

全文を読む

度付きレンズも選択可!!骨伝導ヘッドフォンに活動量計までついたサングラス「Vue」

 ”Google Glass”の一般発売は現在のところ全く予定はありませんが、こう言う最新のガジェットが出て来て気になるのは近眼用タイプがあるかないかです。これがコンタクトレンズ派の人なら気にならないのでしょうが、メガネ派の人にとっては気になるウェアラブル・グラスが出て来ると度付きレンズが入るのか否かがとても気になる所で、度付レンズが入ったタイプや後からレンズ交換ができない様なガジェットであればそれこそ門前払いでせっかく使いたくても使えないと言うのが実情です。

 ですが今回紹介する「Vue」はスマートフォンと連携して様々な事ができる他に何とレンズが選べ、しかもそのレンズもメガネショップ並に透明なレンズから色付きレンズまで選べると言う、近眼でメガネがないと生活できないと言う方にとっては最高に嬉しい様々が機能が盛り込まれたメガネなのです。

全文を読む

Home > タグ > 骨伝導

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。