ホーム > タグ > 20%延命

20%延命

同じ使い方をしているのにバッテリー寿命が20%も伸びるiPhone用ケースとステッカー「NanoCase」

この冬、外でiPhoneを使っているとバッテリーの減りが早い!!と感じる事はありませんか?
これは別にバッテリーが劣化したのではなく、バッテリーの中では科学反応を利用して放電しているので、気温が下がれば科学反応が鈍くなって放電が悪くなっているからです。
逆に暖かい場所ではどうかと言うと、これは冬場と比べてバッテリーの持ちが良くなります。良くなると言うと語弊があるのですが、気温が高くなるとバッテリー内での科学反応も良くなりよく放電する事ができるのですが、これがかえってバッテリーを劣化させているのです。
どう言う事かと言いますと、スマートフォンで使われているリチウムイオン電池は継ぎ足し充電(使い切っていないのに充電する事)に対しては電池寿命は何ら影響を受けないのですが、過放電に対してはバッテリー寿命を縮めます。
つまりどう言う事かと言いますと、気温が高いと化学反応が良いので、ついつい頑張って電力を絞り出してしまい過剰に化学反応してしまった結果、バッテリーの材料が劣化してしまって充電容量がどんどん減って行くのです。

ですからバッテリーを長持ちさせる為にはバッテリーの温度を25℃以上(スマートフォンに使われているリチウムイオン電池の最適な動作温度が25度に設定されている為)に上げない事が大切で、その温度をキープする様に作られたiPhone用ケースがこの「NanoCase」です。

全文を読む

Home > タグ > 20%延命

New Topics

Return to page top