ホーム > タグ > 3Dプリンター

3Dプリンター

信じられないくらい安い!!$99から購入可能な高精細FDM方式3Dプリンター「Obsidian」

 今回紹介するFDM方式(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)の3Dプリンターは有り得ない!!信じられない!!ほど安い、その性能に対して疑問符がつくくらい安い3Dプリンターで、どれくらい安いのかと言いますと、何と一番安いベーシックなモデルで何と$99(+日本への直送送料$50)と言う信じられない程安いのです。

 では3Dプリンターしての性能はどうなのか?と言いますとまずは気になる造形サイズですが、これは120mm×120mm×120mmと決して大きなものが造形できるとは言えませんが、ちょっとしたコップやお皿、デスクの上に置くフィギュアや工作で使うモーターのギア等を作るには十分と言えるサイズですし、これから3Dプリンターを使って何かを作って見たいと言う初心者の方にとって、ネットからSTLファイルをダウンロードして来て試しに造形してみると言う入門用マシンとしてはベストとも言える3Dプリンターです。

 また解像度(積層ピッチ)も50〜350μmとかなり細かくヘッドを動かして造形する事ができますので、かなり繊細な造形物でも造形できます。ただ1つ、最安値のベーシックバージョンではヒーターベッドが付属しませんのでPLA樹脂でしか造形する事ができませんし、表示装置もありませんので、PCにUSBケーブルを接続してPCから制御する必要がありますので、造形中はPCは「Obsidian」から外せませんし、また途中でPCがフリーズすれば1から造形し直しとなるなど、デメリットもあります。

全文を読む

ベルトコンベアと言う新たしい発想を取り入れたFDM方式3Dプリンター「BLACKBELT」

 3Dプリンターで作れるモノの大きさは基本、フレームの大きさで決まります。例えば縦横が30cmで高さが30cmのフレームで作られた3Dプリンターの場合、縦横高さが30cmを超えるものは造形できませんので、もし大きな物を造形しようと思うと造形したいと思っている造形物の大きさ以上の3Dプリンターを用意するか、分割して造形して後から合体させるかのどちらかになりますが、分割って接合面の設計も結構面倒ですし、接合面で必ず段差ができてしまいますので合体させた後に必ず整形しなければならなかったりと、色々と作業が増えますので、できる事ならは一体造形できる方が楽なのは言うまでもありません。

 それをこの「BLACKBELT」はステージと呼ぶ土台をベルトコンベアと言う無限軌道に置き換える事で実質、造形サイズのリミットを無くしました。

全文を読む

価格破壊の黒船となるか!?本体価格$159のデルタ型FDM方式3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」

 今もっとも普及している3Dプリンターと言えばFDM方式(Fused Deposition Modeling / 熱溶解積層法)の3Dプリンターですが、このFDM方式のプリンターに関する特許が切れてFDM方式の3Dプリンターの価格も5年前に比べてば技術革新やFDM方式の3Dプリンターに使用される部品の量産効果もあって劇的に下がってはいますが、それでもちょっとお小遣いで買うにはまだまだ高価ですし、もし買って使えなかったらと思うとちょっと手が出辛いものですが、今回紹介するFDM方式の3Dプリンターは何と驚異の$200を切った$$159と言う、ニンテンドーSwitchよりも遥かに安いニンテンドー3DSを購入するのとほぼ変わらないため、ゲーム機を購入するなら3Dプリンターなんてどう?と子供にも薦めやすい価格です。
 ※発送はアメリカ国内のみで日本へのダイレクト発送は行っておりませんので、代行業者に仲介してもらうかアメリカに住んでいる家族・親戚・友人に代理で受け取ってもらう必要があります。

全文を読む

Home > タグ > 3Dプリンター

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。