ホーム > タグ > Bluetooth

Bluetooth

昔のタイプライターの様にカタカタとキー入力音がしっかりと鳴るBluetoothキーボード「lofree」

 あなたはキーボードのカチャカチャと鳴る音って気になる方ですか?それとも気にならない方ですか?

 最近のキーボードは何故か静音方向へ行っている様な気がしますが、そんなにあのカチャカチャ音が気になるものなのでしょうか?昔のキーボードは、と言っても既に博物館等でしか見られませんが、昔のIBMの大型コンピューターのキーボードなんて今のキーボードの比ではないくらいキーを押す度にガチャガチャと大きな音がし、しかもしっかりと押し込まないとキー入力ができなかった為にそれなりの力も必要で、長時間コーディング作業をしたりすると手に筋肉痛を覚えたりもしたものですが、今のキーボードはは軽く、軽く触れるだけでキー入力することができますから腱鞘炎や筋肉痛になる事も皆無ですし、何と言ってもカチャカチャと音が鳴らず静かです。

 ただ昔からキーボードを叩いていた人にとってはやはりあの懐かしいタイプライターの様にガチャガチャと鳴る方が心地よく、しかも鳴る方がかえって集中力が出て作業に没頭できると言うものです。そんな昔懐かしいガチャガチャと心地よい音が鳴るキーボードがこの「lofree」です。

全文を読む

耳の可聴特性や音源の種類に合わせてプロファイルを作成し最高のサウンドを楽しむBluetoothヘッドホン「Audeara」

 耳にも実は手や足や目と同じように”利き耳”があるのをご存知ですか?え?耳にもそんなのがあるの?と思われるかもしれませんが、例えば電話で話す時に携帯電話やスマートフォンを耳に当てる時に必ず当てる方の耳って決まっていますし、それが利き耳となります。それと同時に聞き取りやすい音と聞き取り辛い音と言うのが人それぞれあります。
 例えばその良い例が臭いで、ある人は”臭い”と言い、またある人は”臭わない”と言う、そしてまたある臭いはさっき臭いと言った人は臭わないと言い、さっき臭わないと言った人は臭いと言うのと同じで、耳にも聞き取りやすい音と聞き取り辛い音(周波数)があり、よく言われるのが歳を重ねると女性の高い声は聞き取り辛いけれども男性の低い声は聞き取りやすいのと同じで若くても実は同じ音量であっても聞き取りやすい周波数の音と聞き取り辛い音があり、せっかく良いヘッドフォンを使ってサウンドを聴いたとしてもちゃんと自分の耳の特性に応じてイコライズしなければせっかくのヘッドフォンも音源も台無しです。

 そんな自分の耳に合わせてイコライズする事が可能なBluetoothヘッドフォンがこの「Audeara」です。

全文を読む

集中できているのか!?を脳波を計測してベストな環境作りをしてくれるBluetoothスマート・ヘッドホン「Mindset」

  勉強や仕事をする際に集中力を高めるのに実は音がないと言う環境は実は不安感や恐怖感や孤独感を覚え、それに気が取られてしまって逆に集中ができないってご存じでしたでしょうか?
 ではどう言う環境が集中できるのかと言いますと、静かなちょっと離れた場所から聞き取れない程度の話し声が聞こえ、なおかつバックミュージックが静かに流れている様なカフェの様な場所が実は集中力が一番高まりますので、あながちカフェで仕事や勉強をすると言うのは集中すると言うのは良いのです。
 これには理由があり、脳と言うのは1度にたくさんの事柄を処理できる様に見えて実は1つの事しかできないのです。ですから雑音のある環境では脳は周囲の音に気を取られそうになると考える事が停止してしまう為に逆に考える事に集中しようとしますので、カフェの様な場所だと回りがざわざわしていると集中できると言うワケなのです。ただこれが好きな曲を聴く事であったり、周囲の話し声が大き過ぎたりすると脳は負けてしまい歌詞の内容であったり話の内容に集中して考えようとするので逆に勉強や仕事に対する集中力が削がれてしまいますので逆効果です。

全文を読む

Home > タグ > Bluetooth

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。