ホーム > タグ > CNC

CNC

デルタ型FDM方式3Dプリンターがトランスフォームし直行軸型レーザー&CNC加工機に!!「Optimus 3D」

 今回紹介するFDM(Fused Deposition Modeling/熱溶解積層法)方式の3Dプリンターはレーザー彫刻機にもCNC加工機にもなると言う造形機です。
 今までにこう言うタイプの加工機がなかったのか?と言いますと、たくさんあります。ありますが、今まで市場に出回っている同等の機能を持った加工機はヘッドの移動方式が直行軸型でヘッド部分の部分のみを交換する事で3Dプリンター,レーザー彫刻機,CNC加工機へと変更させる事ができたのですが、加工面積は変わらず3Dプリントにより造形サイズを大きくするとその分マシンも巨大化して占有面積を広がりました。
 ですが3Dプリンターにおいては高さも造形する上で重要なファクターと言えますが、レーザー彫刻もCNC加工も3Dプリンターほどの高さは必要なく逆に厚みのある材料を加工しよう思えばレーザーモージュールもドリルヘッドも大きなものを搭載せざるおえず、それを動かす為のモーターもトルクのあるものを使わなければならない為に大きなトルクのあるモーターを使わなければならず装置そのものがどんどんと巨大化しそれも伴いマシンの価格もうなぎ登りとなります。
 そこでこの「Optimus 3D」はフレームそのものを組み替えて変形させる事で3Dプリンター,レーザー彫刻,CNC加工に最適な形へと変形させる事でミニマムな部品でそれぞれホビーユースとして使用するには申し分のない造形サイズを確保しています。

全文を読む

3Dプリント、レーザー彫刻、CNC加工からハンダ付けまで多彩な機能を持ったロボットアーム「Dobot M1」

 マルチツールって1つの道具が変形して様々な用途に使えますからとても素敵ですが、こと私達が使っている電動工具や工作機械となるとそう言った多彩な機能を持った道具と言うのはなかなかなく、特にホビーで使うものは自宅に広い作業スペースがあれば別ですが、そんに広い作業スペースを持った方も希でしょうから1台で何役もこなすマルチ工作機械があれば設置スペースも取らず色々な作業をこなす事が可能になり、DIYでの工作の範囲も広がると言うものです。
そう言う夢の様な多彩な作業をこなすロボットアームがこの「Dobot M1」です。

全文を読む

クモの様に自ら板の上を移動して木材を加工する自走CNCマシン「Maslow」

 昔は”日曜大工”と言うとお父さんを連想したものですが、最近では○○女子と言う言葉が流行っている事からもわかる通り、”DIY女子部”と言う日曜大工をするお母さんや女性が大活躍する時代で、ホームセンターでもメジャーを持った女性が木材コーナーや金物資材のコーナーで材料の吟味をしている姿をよく見かけます。これはインターネットや本でどうやって加工するのか?と言う情報が何時でも何でも情報収集できるのと、ホームセンターによっては買った木材をカットしてくれるサービスがあったり、加工コーナーを無料で貸してくれたり、また便利な木材加工用の電動工具(電動ドライバーやインパクトドライバー、電動ノコギリ、ジグソー、電動カンナ、トリマー等)がたくさんあり、図面が書けて展開図が描ければ力がなくても加工できる事もDIY女子部が増えている理由です。
 ですが電動工具は直線的な加工は得意ですが、曲線となるとちょっと大変です。例えば円形のちゃぶ台の様なものを作ろうと思うと木材を円にカットしなければなりませんが、こう言う加工はまずジグソーで円よりも多少大きくカットして後はベルトサンダーを使って丸く仕上げて行くのが電動工具を使った簡単な加工ですが、ベルトサンダーを使って波打たないで丸みをうまくつけると言う加工は結構大変で、そう言う加工は苦手と言う人は多くおられますし、本棚や飾り棚をちょっとオシャレに飾ろうと模様にくり抜くなんてのは飾り職人でなくてはとうてい無理です。

 ですがこの「Maslow」があれば飾り棚や本棚はおろか欄間でも何でも加工できてしまう木工用のCNCマシンなのです。
 

全文を読む

Home > タグ > CNC

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。