ホーム > タグ > FPV

FPV

買ってすぐにレースをする事ができるレース用ドローン2台セット「Drone Racing Game」

ドローンのレース映像ってYoutube等で見た事はありますか?
少し前までは一部のマニアの間で森の中等の人のいない場所で行われていたドローンレースも今や世界選手権が行われる様になり、その映像はまるで戦闘機のドッグファイトやスターウォーズのXウイングファイターとTIEファイターの戦闘シーンを見ているかの様な錯覚さえ覚えさせます。

その様な映像を見た後に普通のドローンを飛ばすとその飛行速度は遅く、3軸のジャイロセンサーや加速度センサーが機体制御用に入っていますからコントローラーでピーキーな操作をしてもどうしても機体を安定させる事の方が優先されてゆっくりとしか反応しませんからどうしてもそのまどろっこしさが嫌になります。

かと言って競技用のドローンはピーキーに機体が反応しますが、ピーキーに反応し過ぎて墜落させる可能性も高く、激しく落とすとそれだけで新しい機体を1台買えるくらいの費用がかかってしまいますからとてもドローン初心者が手を出せる様な代物ではありません。

ですがレースをやってみたいと言う方の為に初心者でも操縦する事ができ、墜落させても被害が大きくならない様な設計がなされているドローンがこの「Drone Racing Game」です。

全文を読む

バードビューで空中散歩が楽しめるドローン「FLYBi」

あなたは飛行機やヘリコプターから下界を見るのは大丈夫ですか?そしてそんな空中散歩は大好きですか?

もし空中散歩が大好きで鳥と同じ様にまるで自らが鳥になって自由に飛んでバードビューで飛んでいる風景を見る事ができるとしたら、あなたは見てみたいですか?

この「FLYBi」ならそんな空中散歩が簡単安全にできちゃうのです。

全文を読む

1500万画素CCD搭載の撮影用ドローン「ONAGOfly」

各国でドローンの飛行に関する法整備が進んで来ており、日本でも航空法が一部改正されてドローンやラジコン飛行機、ヘリコプターと言った空を飛ぶ模型の飛行に関しての法律が施行されました。
まずこの法律に抵触するのは200g以上の空中を飛行する「無人飛行機」に分類されるものでも、200g未満のものは「模型航空機」と言う名称で呼ばれこの法律が規制する無人飛行機の対象外になります。
無人飛行機は150m以上の高度まで上げて飛行させてはいけないだとか、空港周辺や住宅密集地での飛行はNG。それ以外の対象地域外でもイベントをやっている場所での飛行はNG、人や物から30m以上離して飛ばさないとこれもNGとかなり飛行に関して制限がかけられており、無人飛行機を飛ばす時は国土交通省に許可申請する必要がありますので注意しましょう。

さて今回紹介する空撮用ドローン「ONAGOfly」は飛行重量140gですので無人飛行機には当たりませんので許可申請は必要ありませんが、飛ばす時は気を付けて人に危害を加えない様に気を付けましょう。

全文を読む

Home > タグ > FPV

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。