ホーム > タグ > GPS

GPS

ロストバゲージしても大丈夫!!世界中どこにいても追跡可能なスーツケース「E-CASE」

 今までに飛行機を使って旅行に出かけて、預けたスーツケースだけが違う目的地へ飛んで行ってしまってせっかくの旅行が台無しになってしまったって経験はありますか?
ですがそんなロストバゲージ、今は全てバーコードで管理されトラッキングされていますので、欧米に行ったりする分には空港での仕分けもバーコードで完全に自動化されておりほぼ間違った目的地へ飛んで行くと言う事はなくなってはいますが、それでも地方の国内空港では今でも手作業で荷物の仕分けをしていますので、間違って違う便に乗せられてしまうと言う事がないとは言えません。それでも欧米では比較的見つけて2〜3日後には滞在先のホテル等まで届けてくれますが、これが東南アジアや発展途上国になると見つかるかどうかも怪しく、現にロストバゲージしたまま荷物が出て来る事はなかったと言う話も周りでは聞きます。
 そこで今までもロストバゲージ対策としてWiFiやBluetoothを使ってトラッキングできる様なスーツケースはあったのですが、Bluetoothは通信距離が短いですので極々近くにスーツケースがなければ見つける事はできませんし、WiFiもWiFiモジュールに登録してあるアクセスポイントがその場所になければ通信する事すらできませんから、居場所を知らせるなんて無理です。ですから、現状としてトラッキングできると謳ってスーツケースも周囲の環境によってはトラッキングできないケースの方が多いのです。

 ですがこの「E-CASE」はGPS受信モジュール(GPS,GLONASS,BEIDOU,AGPSの受信が可能)とGSM通信モジュールを搭載しており、世界中(日本,韓国以外)どの国へ行っても確実にその居場所を自分のスマートフォンで知る事ができるのです。しかも「E-CASE」でで使用しているグローバルSIMの最初の2年間の通信料は商品代金に含まれており、それ以降は1年あたり$9.99と激安です。

全文を読む

自動追尾で被写体を自動追跡して撮影する4K撮影可能な空撮用ドローン「Kudrone」

 ドローンを使って空撮する手法の1つとして”オートフォロー”と言って動く被写体を追いかけて撮影すると言う撮影方法があるのですが、これを実現する技術はたくさんあります。例えば映画やドラマの中で見かける様な画像認識を使ってロックオンした被写体を追いかけると言う手法や、電波や光を出すビーコンを被写体に持たせてそれを追跡する手法、そしてGPSを使った手法です。
 この中でどれも実際にはテストされたのですが、画像認識は大きな機体では画像処理をする為の回路やバッテリーを搭載する為の余裕がたっぷりとありますから、画像認識でもって”オートフォロー”を実装している機体もありますが、被写体が激しい移動をしてドローンのカメラからフレームアウトしてしまうとそこでアウトですし、ビーコンに至っては気象条件や周囲環境によって光は届かなかったり、電波は周囲の建物や木々で乱反射したり遮られたりしてこれも実用的とは言えません。

 ですのでこの「Kudrone」ではGPSを使った”オートフォロー”を搭載しています。

全文を読む

1年あたり$36支払うだけで世界137カ国で何回でも位置検索する事が可能な防水GPSトラッカー「Ping」

 これから進学・進級を迎えるにあたり子どもさんにキッズケータイを持たせるべきかどうかを悩んでいる親御さんの場合、一番知りたいのは子どもさんの居場所ではないでしょうか?
 学校を出たのか?今どこにいるのか?ちゃんと無事に家に帰って来るのか?、特に小学校の間は心配がつきません。ただキッズケータイも大手セキュリティー会社が出しているGPSトラッカーと言うジャンルの商品の場合も居場所を検索すればするほど料金が発生しますから気軽に位置検索する事を躊躇させてしまいます。

 ですがこの「Ping」は1年あたり$36支払うだけで何回でも位置検索する事ができるGPSトラッカーで携帯会社の回線を使用しますので、携帯会社の電波が届く場所であればどの様な場所でも位置検索をする事ができます。

全文を読む

Home > タグ > GPS

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。