ホーム > タグ > indiegogo

indiegogo

MacBook Pro 2016(Later)にiPhoneやiPadへの充電もできUSBハブにもなる充電器「PowerUp」

 MacBookに使われているリチウムポリマーバッテリーってどういうバッテリーがみなさんご存知ですか?よくバッテリーに関してはシャットダウンするまで100%使い切るのは良くないだとか80%の充電状態を維持するのが良いだとか色々な事が言われていますが、MacBookに限ってはバッリー監視用のICがバッテリー管理していますので別段電源アダプタを接続しっぱなしであってもバッテリーに影響すると言う事はありません。
 それよりもMacBook Pro 2016(Later)を例に見ると13インチも15インチも保証されているバッテリーの充電回数は1000回になっており、1000回を越えるとバッテリーが劣化して行ってバッテリー容量が減って行きますので、バッテリー寿命を気にする方は常に充電回数を見てチェックされておられるかと思いますが、よく勘違いされるのは充電回数と言うのは充電コネクタを差し込んだ回数ではなく、15インチMacBook Pro(Later)であればバッテリーを充電する為にバッテリーに流した充電電流が76.0Whに達して初めて1回とカウントされると言う事です。ですから毎日充電ケーブルを挿して充電をし、それを1年間繰り返して365回とカウントするのではなく1年間の充電電力の総和を76.0Whで割った回数が実際の充電回数になります。

 ですので、もしバッテリーを長持ちさせたいのであれば電源が取れる場所では充電アダプタを使用して常に充電し続ける方がバッテリーが長持ちするのです。

全文を読む

ミリタリークラスの防護性能を持ちながら+2mmしか厚みが増えない極薄・軽量iPhoneケース「Limitless」

 ミリタリー規格(MIL規格)のiPhone用のケースですと言われたら、あなたはどの様なケースを想像しますか?ミリタリー=軍事規格ですので、それなりに頑丈にできている事はわかるでしょうが、MIL規格に準じたiPhone用ケースを見た事がない方であれば具体的んイメージするのは無理です。
 ですが一般的にスマートフォンケースで採用されている”MIL-STD-810G”と言う規格では例えば、落下性能であれば76cmの高さから厚さ2インチの合板上に26方向どの面から落としても動作に支障を来さないと言う事が明記されていますし、その他にも1,600km陸上輸送する振動を与えても大丈夫であるとか、気温-28℃〜60℃、湿度95%の環境下に10日間晒しておいても機能に支障を来さないなど、この他にも細かな規格があるのですが、とりあえず言える事はどの様な環境下でかなり手荒に扱っても正常に動作を保証する事をMIL規格では求めており、この「Limitless」は落下性能や衝撃性能が本当にMILクラスなのです。

全文を読む

USB,USB-Cに加えAC出力にノートPC充電機能まで備えた大容量パワーバンク「RIVER」

 大勢の人が集まるキャンプやパーティーやイベントと言った場所で、たくさんの集まった仲間のスマートフォンのバッテリーがなくなりかけているのに、それを充電する為のUSB電源やモバイルバッテリーそして充電ケーブルが数台分しかなく取り合いになって困ったって事ってありませんか?

 例えば5V1Aの電源ですと1時間かかってもiPhoneのバッテリー半分も充電できません。2A出力の電源ですとその倍は充電できますが、それでも100%まで回復させるのは難しいですし、使用しながらの充電では更に時間がかかりますので、そのウチにバッテリー切れを起こしてしまう友人もいるかもしれません。

 そんな時にこの「RIVER」があれば、このパワーバンク「RIVER」はUSB出力だけで4ポート、そしてACコンセントが2個付いていますので最低でも6台は同時に充電する事ができ、更にクアルコムのQuickCharge規格に対応していますので、QC規格に対応したスマートフォンやその他USB電源で充電可能なデジタルカメラ、ビデオカメラ、モバイルルーター等なら更に高速で充電する事ができます。

全文を読む

Home > タグ > indiegogo

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。