ホーム > タグ > iPad

iPad

MacBook Pro 2016(Later)にiPhoneやiPadへの充電もできUSBハブにもなる充電器「PowerUp」

 MacBookに使われているリチウムポリマーバッテリーってどういうバッテリーがみなさんご存知ですか?よくバッテリーに関してはシャットダウンするまで100%使い切るのは良くないだとか80%の充電状態を維持するのが良いだとか色々な事が言われていますが、MacBookに限ってはバッリー監視用のICがバッテリー管理していますので別段電源アダプタを接続しっぱなしであってもバッテリーに影響すると言う事はありません。
 それよりもMacBook Pro 2016(Later)を例に見ると13インチも15インチも保証されているバッテリーの充電回数は1000回になっており、1000回を越えるとバッテリーが劣化して行ってバッテリー容量が減って行きますので、バッテリー寿命を気にする方は常に充電回数を見てチェックされておられるかと思いますが、よく勘違いされるのは充電回数と言うのは充電コネクタを差し込んだ回数ではなく、15インチMacBook Pro(Later)であればバッテリーを充電する為にバッテリーに流した充電電流が76.0Whに達して初めて1回とカウントされると言う事です。ですから毎日充電ケーブルを挿して充電をし、それを1年間繰り返して365回とカウントするのではなく1年間の充電電力の総和を76.0Whで割った回数が実際の充電回数になります。

 ですので、もしバッテリーを長持ちさせたいのであれば電源が取れる場所では充電アダプタを使用して常に充電し続ける方がバッテリーが長持ちするのです。

全文を読む

iPhoneに挿し込むだけで温度・湿度・VOCがリアルタイムで計測するエアモニター「Sprimo Personal Air Monitor」

 風邪も引いていないのに咳が出たり、透明な鼻水が出たり、目に疾患は持っておらず花粉症でもないのに目が痒かったりする場合、もしかするとそれって化学物質過敏症かもしれませんよ。
 花粉症もそうですが、化学物質過敏症もいつ発症するかわかりませんし、アレルギーを起こす化学物質を発生する物質は身の回りにたくさんありますし、ほぼそう言うものに囲まれて生活していると言っても過言ではありません。

 ですがそう言うものは目に見えませんから、それが原因とするアレルギー症状が出たとしても初めは何かわからないまま過ごすと言う事になり、気付かないまま過ごしていると突然、喘息と言った重い症状になって出て来るかもしれません。そう言う物質をリアルタイムで計測できる計測装置がこの「Sprimo Personal Air Monitor」で、「Sprimo」はiPhoneのLightning端子に直挿しする事ができるセンサーでiPhoneから電源をもらって計測できるバッテリーフリーなセンサーですので、バッテリー切れを心配する事なくいつでもどこでも計測する事ができます。

全文を読む

盗撮を防止する厚さ0.7mmのApple用スマートフォン,タブレット,PC用カメラレンズカバー「IS|CC」

また英語が苦手だったり、直接投資するには不安がある。輸送トラブルや届いた商品が破損していたり動かないんだけど、どうしたらいいのだろ?
と言う不安がある方は、下記URLのRAKUNEWさんがオススメです。
商品の破損やトラブルに関しても直接、RAKUNEWさんが販売元と交渉して頂けますので安心ですよ♪
RAKUNEWさんの商品紹介ページは下記になります

 

 ノートPCのモニター部分に内蔵されたwebカメラが一時ウィルスに侵されてカメラで撮影した映像を配信していたと言う事件がありましたが、それはスマートフォンやタブレットも例外ではないと言う事はご存じでしょうか?Android端末であれば既に顔認証システム等が搭載されているスマートフォンも現実にありますから、ロック画面状態でも常にカメラはレンズで捉えた映像を撮影しており、技術的にはカメラで撮影した映像をロック画面状態でスマートフォンの持ち主に知られないでライブ配信する事は可能です。
 一方、iPhoneやiPad、MacOSを搭載したMacやMacBookはどうなのか?と言うと、iPhoneはアプリケーションがカメラにアクセスする場合は必ずカメラへの許可を求めて来ますので、アプリケーションがカメラを使用するのかが分かりますし、現在のところiPhoneそのものがマイクについては”Hey! Siri”とiPhoneに呼びかければロック画面状態であってもSiriが応える様にマイクに関しては常時ONになっており周囲の音を常に拾っていますが、カメラに関してはiOSにはまだ顔認証機能は搭載されていませんから、今現在ロック画面の状態で周囲の状況をカメラが撮影してライブ配信すると言う事はできませんが、これからiOSがバージョンアップして行き顔認証機能が搭載されロック画面状態でカメラにアクセスできる様になればiPhoneはウィルスに侵されないと言うのは神話でしかなくAndroidほど脆弱ではありませんが、ウィルスに侵されないと言う事は有り得ませんし、現にアプリケーションを使っている最中にスマートフォンの所有者には内緒でカメラで撮影した映像をインターネットへ送信すると言う事は可能です。

 そう言う意図しないカメラによる撮影から自分を守るのがカメラカバーであり、この「IS|CC」は極薄なのでiPhoneに貼り付けても指や衣服に引っ掛かったりすることはありません。

全文を読む

Home > タグ > iPad

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。