ホーム > タグ > iPhone

iPhone

煮込み料理も湯煎料理もどんな料理もこなす1℃単位で温度設定可能な卓上IHクッキングヒーター「Paragon」

 温度管理が微妙な調理をする際にダイヤルで1℃刻みで調理温度を設定できるIHクッキングヒーターやガスコンロを信用し過ぎて失敗してしまった経験ってありませんか?

例えば家庭でもよく作る料理で失敗する確率の高い料理と言えばパンケーキ(ホットケーキ)や卵焼き(だし巻き)等があり、パンケーキであれば概ねフライパンの温度を160℃にキープしていれば焦がす事なく美味しいキツネ色に焼き上げる事ができますし、だし巻きであれば180℃で焼く事で出汁がうまく飛んで冷めた時にベチャベチャにならず上手に焼き色もつけて焼く事ができるのですが、実際のところIHクッキングヒーターやガスコンロが温度を計測しているのは鍋やフライパンの底の温度で、フライパンや鍋の中の温度ではありませんから、加熱して行って設定温度で加熱が止まったとしてもそれは鍋やフライパンの底の温度で、調理している実際の食材の温度とは乖離しています(それでも各社工夫をして中の食材の温度を推測する様にはしていますが)。しかも温度が下がって行って設定温度から何度下がれば再加熱するのか?と言うのはメーカーや機種によって異なりますので5℃のIHクッキングヒーターもあれば10℃下がらないと再加熱をしないガスコンロ等などもありますので、自動とは言いつつも調理中の温度変化はかなり大きくそれが焼きムラや加熱し過ぎて焦がしたり、加熱不足で生焼けだったりと言う原因に繋がります。

 ではどうすれば確実に中の食材の温度を計測でき温度コントロールできるのか?その答えを商品化したのがこの卓上IHクッキングヒーター「Paragon」です。

全文を読む

Otter社製uniVERSEケースに取り付け可能なiPhone用一酸化炭素モニター「SPARROW」

 一酸化炭素中毒にかかるとどうして死ぬ事もあるのか?と言うメカニズムはご存知でしょうか?人間は肺で酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しているのは理科の授業で習いますから誰もが知っている事ですが、その肺で酸素を体内に取り入れて身体の隅々まで運んでいるのが”ヘモグロビン”と言う物質であり、この”ヘモグロビン”と一酸化炭素は酸素の200倍結合し易いと言う性質があるばかりか酸素の様に燃焼されて二酸化炭素に変わるわけでもなく、しかもヘモグロビンと結びついた一酸化炭素はなかなか分離しない為に、一酸化炭素に長時間晒されているとだんだんとヘモグロビンと結びつく血中の一酸化炭素濃度が上がって行くに従い酸素と結びつくヘモグロビンが少なくなって行く為に一酸化炭素中毒になると酸欠状態(体内の酸素が欠乏している状態)になり最悪の場合、死に至ると言うわけです。

 ですが最近では暖房にエアコンを使用している家庭も多く、一酸化炭素が発生するガスストーブや石油ストーブを使用している家庭が少なくなっている為に殆ど一酸化炭素中毒で死亡したと言う事件は聞きませんが、そこに至る頭痛や吐き気と言った一酸化炭素中毒の初期症状より更に悪化せずに止まっていると言う方も本人が気づいていないだけであるかもしれません。

 そう言う目に見えない一酸化炭素濃度を手軽に何時でも何処でもiPhoneで計測する事ができるのがこの「SPARROW」です。

全文を読む

iPhoneやiPad,Androidを早くしかも安全に充電するコントローラー内蔵マグネットアダプタ「Magcord」

 今回紹介するマグネット式の充電ケーブル「Magcord」ですが、このこの「Magcord」はただのマグネットケーブルではなくコネクタ部分に電圧・電流の制御回路を搭載したマグネットコネクタで、このマグネットコネクタ「Magcord」を使用してスマートフォンやタブレットを充電する事でスマートフォンやタブレットに内蔵されたバッテリーは適切な電圧・電流で充電されますから「Magcord」を使って充電する事でバッテリーを保護しバッテリーを長持ちさせます。

全文を読む

Home > タグ > iPhone

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。