ホーム > タグ > LED

LED

お魚を飼うと同時に水耕栽培(アクアポニックス)を楽しむ事ができるアクアポニックス「EcoQube C+」

みなさんは”アクアポニックス”ってご存じでしょうか?あまりメディアに取り上げられる様なモノでもないので余程マニアックな方しかご存じではないかと思いますが、この”アクアポニックス”は魚を育てる「アクアカルチャー(Aquaculture)」と水耕栽培「ハイドロポニクス(Hydroponics)」を合わせた造語で魚を飼っている水槽で草花を育てる事を差すのですが、実はこの関係が実にWin-Winな関係なのです。

と言いますのも魚は水槽の中で餌を食べて大きくなる代わりに糞を出し、そして食べ残した餌は水槽の底に溜まって行きます。そしてそれを餌とする微生物が糞や食べ残しを分解してアンモニアに変え、このアンモニアの濃度が上がると魚が弱って来るのですが、普通は水槽に魚を入れる前にバクテリア(硝化バクテリア)をろ過槽内で繁殖させてから魚を入れますし、このバクテリアが有害なアンモニアを”亜硝酸塩”から”硝酸塩”に変えるのですが、この”硝酸塩”が蓄積して来ると今度は魚の”尾ぐされ病”や”白点病”の原因となりますので小まめに濃度をチェックして水替えをする必要があるのですが、この”硝酸塩”を含んだ水と言うのは植物の必要とする三大栄養素である”チッソ・リン・カリ”の”チッソ”でもありますので水槽の水を使って植物を育てると言う事は水槽の”硝酸塩”濃度下げる効果があるばかりか、栄養を含んだ水を与える事で植物はスクスク育つと言うメリットが両者にとってあり、なおかつ我々には水交換の頻度が少なくなると言うメリットも生まれます。

そんな良いとこ取りの水槽アクアポニックス「EcoQube C+」を今回は紹介致します。

全文を読む

古いピアノをアップグレードして最新のガイド機能を持ったピアノに変身させる「Piano Hi-Lite」

 みなさんは小さい頃に楽器を習っておけばよかったと思った事はありませんか?
 小さい頃は全く興味を示さなかった自宅にあったピアノ、ちょっと通っただけで辞めてしまったピアノを親御さんに言われるがままに新居に持って行ったのはいいけれど、弾く気は全くなくそのまま物置になっていたピアノを子どもが見てピアノ教室に通い出し、ちょっと弾く曲もレベルアップして来てなかなか自力では弾けない時に”弾いてみて”と言われた様な時です。
 おそらく、そうそう、あるある、家もそうなの、と思われている親御さんは多いかと思いますが、そうなっても後の祭り、後悔しかなく、子どもの頃にやっていないと譜面を読むのも四苦八苦、♭や♯がついていてもどうするのだかさっぱりわからず、指も固まってスムーズに動かないわ、右手と左手をバラバラに違う音を弾くなんて到底無理…..と言う状況が待っています。

 そんな時にこの「Piano Hi-Lite」があれば譜面が読めなくても、「Piano Hi-Lite」を見ているだけで曲を弾ける様になります。

全文を読む

やっぱりこの位置がベストかもしれないベルト型自転車用LEDテールライト「BlinkLight」

 自動車を運転していて自転車に乗っている人は自動車を運転しているドライバーの心理がわかるので、自動車のドライバーに分かりやすい様に明るいLEDテールライトを自転車に取り付けたり、服にも反射テープを貼ったりして見え辛い、認識し辛い暗い夜道の走行時には何かにつけ自分の存在をアピールするアイテムを身につける事を心がけるのですが、どうしても意思表示出来なのが右左折です。まだ左折は左側車線を走行しているのなら道なりに曲がりますので殆ど危険性はないのですが、右折する際は対向車線の車や後方から迫ってくる車両に気をつけないと事故に合ってしまいます。
 ですから自転車に点滅する赤色のLEDテールライトを取り付けている人は多いのですが、実際問題として車両の高さや角度によっては全く見えない車両もありますので効果があるのかと言いますと、実際のところあまり効果があると言えません。
 ですがこの「BlinkLight」であればであれば非視野性はバツグンですので車高の低いスポーツカーに乗っている方からトラックに乗っている方までありとあらゆる方に自分の存在をアピールする事ができます。

全文を読む

Home > タグ > LED

New Topics

Return to page top