ホーム > タグ > LED電球

LED電球

ブルーライトから眼を保護し、寝やすい環境を作るブルーライト保護セット「PupilBox」

 よくブルーライトは目に悪い!!と言われ、スマートフォンにブルーライトカットフィルムを貼ったり、PCで作業を行う時はブルーライトカットメガネを着用したりして眼を気遣っている方は多いと思いますが、その使っているブルーライトカット製品が実際にどれくらいブルーライトカット効果があるのか確認してみた事はありますでしょうか?
 ほとんどの方が製品の機能表示をそのまま信じて使っていると思いますが、実際にブルーライトカット製品を通して青色を見た時にその青色が黒くなっていたり、裸眼で見るよりもその青色が濃くなって黒色に近くなっていれば、その製品は本当にブルーライトをカットしていると言えます。
 と言いますのも、モノの色と言うのはそのモノ自らが出しているのではなく、太陽光であったり蛍光灯や電球、LEDの光をモノが反射してその反射された光の成分によってモノの色は白にも赤にも青にも見えるのえす。具体的に言うと、白色は全ての波長の光を反射するので白色に見え、黒色は全く反射しないので黒く見えます。そして赤く見える色は赤の波長の光だけを反射して、光の三原色である緑や青は反射せずに吸収してしまう為に赤く見えると言うワケです。

 ですからもしブルーライトをカットする製品を使って青色を見た時には青色の光をカットしますので青は黒く見えるはずで、またブルーライトカットする製品を蛍光灯の下や太陽光の下で見るとそのフィルムなりレンズは青色を透過せず実際には赤と緑成分の光しか通しませんので、実際にはこの2色を合成した黄色に近い色に見えるはずなのです。なので、ブルーライトカットを謳う製品であれば黄色に見えればまず間違いなくブルーライトをカットしていますし(他の赤や緑成分の光もカットしているのであれば黒に近い色に見える事もあります)、実際にその製品を通して見る事ができるのであれば、青色を見た時に黒く見えれば本当にブルーライトをカットしていると言えます。

全文を読む

センサーライトにもなるIFTTTで制御できるWiFi接続のLED電球「QUBE」

IFFT(イフト)って聞いた事はありますか?「if this then that」と言う英文の頭文字を取った造語なのですが「もし これ  なら あれ をする」の様な感じで(かなり大雑把ですが)、

例えばPCへのメールを受信したらSMSでスマホに通知する だとか インストタグラムで気に入った画像にピンをつけたら自動的にツイートする の様に、あるサービスとあるサービスを連携させるサービスなのです。
Facebookで書き込みをしたら自動的にツイートするプラグインがあったりしますが、そう言うものを自分で好きな様に(提供されているサービスから選ぶ必要はありますが)組み合わせて自分なりのサービスの組み合わせレシピを作って自分のIoT環境を便利にしてくれるものです。
これはインターネット上におけるサービスだけではなく、実生活に入り込んでいる様々な機器とも連携して使う事ができます。その機器は必ずインターネットに接続さてIFTTTで使える様にしておく必要があります。

そんなサービスに対応したLED電球がこの「QUBE」です。

ちなみにIFTTTのサービスはこちらです→https://ifttt.com/

全文を読む

スマホで操作できるフルカラー800ルーメンLED電球「ilumi」

あなたの家の照明はLED化していますか?消費電力が少ないエコなLED照明も随分と各家庭に浸透して来ていますよね。徐々にLED電球やシーリングを交換して行っておられる方、新築を建てたのを機にフルLED化されている方、様々だと思います。そんなLED照明ですが、電球色や昼光色だけではモノ足らず、最近ではフルカラーでスマホで色調や明るさが調整できるものが大手メーカーからもリリースされていますよね。ただスマホのアプリを立ち上げて、手動で色や明るさを調整しないといけないのですが、この「ilumi」はメモリーを搭載していますのでスマホで設定したパターンを記録して様々な演出を行ってくれるLED電球です。

全文を読む

Home > タグ > LED電球

New Topics

Return to page top