ホーム > タグ > Mac

Mac

価格破壊の黒船となるか!?本体価格$159のデルタ型FDM方式3Dプリンター「Monoprice Mini Delta」

 今もっとも普及している3Dプリンターと言えばFDM方式(Fused Deposition Modeling / 熱溶解積層法)の3Dプリンターですが、このFDM方式のプリンターに関する特許が切れてFDM方式の3Dプリンターの価格も5年前に比べてば技術革新やFDM方式の3Dプリンターに使用される部品の量産効果もあって劇的に下がってはいますが、それでもちょっとお小遣いで買うにはまだまだ高価ですし、もし買って使えなかったらと思うとちょっと手が出辛いものですが、今回紹介するFDM方式の3Dプリンターは何と驚異の$200を切った$$159と言う、ニンテンドーSwitchよりも遥かに安いニンテンドー3DSを購入するのとほぼ変わらないため、ゲーム機を購入するなら3Dプリンターなんてどう?と子供にも薦めやすい価格です。
 ※発送はアメリカ国内のみで日本へのダイレクト発送は行っておりませんので、代行業者に仲介してもらうかアメリカに住んでいる家族・親戚・友人に代理で受け取ってもらう必要があります。

全文を読む

”CHERRY軸”採用のiOS,Android,Windowsで使用できるBluetooth4.2メカニカル・キーボード「Penna」

 このBluetoothキーボード「Penna」はBluetooth4.2を採用している事もあり単4電池2本で何と6ヶ月も電池交換不要で使用できるキーボードで、iOS用とAndorid&Windows用とが用意されています(ハードの中身は共通で特殊キーの配置が違うだけですので、キートップを入れ替える事でiPhoneやiPadとAndroid端末及びWindows端末とで共有して使用する事ができますし、キートップは市販のキートップリムーバーで簡単に外して入れ替える事ができます)。

 そしてこのBluetoothキーボード「Penna」が他のBluetoothキーボードと違うのは、タブレットやスマートフォンと一緒に持ち歩くBluetoothキーボードと言うとバッテリーの持ちも重要ですが、重さや大きさも重要です。ただ重さ的には800gしかありませんので同等機能のBluetoothキーボードとそう変わりませんが、”CHERRY軸”を採用したメカニカルキーボードなので厚みはパンタグラフキーボードを採用したBluetoothキーボードに比べると2倍〜3倍の厚みがあります。

全文を読む

時計のラバーバンドからプリント基板まで造形可能なインクジェット方式パーソナル3Dプリンター「NexD1」

 最近はFDM方式(Fused Deposition Modeling,熱溶解積層法)を使ったフィラメント呼ばれるプラスティックを溶かして造形して行く3Dペンなるものが子ども達の間で流行っているそうで、クリスマスプレゼントに子どもさんにねだれたと言う方もおらるとは思いますが、3Dプリンターは着実にゆっくりながら家庭の中に入って来ており数年後にはインクジェットプリンターが各家庭にある様にFDM方式の3Dプリンターが各家庭に入るのも近いかもしれません。
 そんな中3Dプリンターに関わる技術も確実に進歩して来ており最近注目されているのがインクジェット方式です。このインクジェット方式はインクジェットプリンターの様に液体をヘッドから射出してUV光などの射出された液体を硬化させる光を当てて固めて行く方式でインクジェットに光造形方式をミックスした様な方式になり、このインクジェット方式の利点は光造形では光で硬化する樹脂の入ったプールに底面からUVやレーザーを照射して固まった造形物を引き上げながら作って行く方式なのですが、光造形の難点は液体を途中で入れ替える事が非常に大変なのでほぼ単色でしか造形できなかったのですが、このインクジェット方式は色のついたUV硬化樹脂等を何色かセットしておく事でインクジェットプリンターの様にフルカラーで造形できるのが特徴で、その他にもUVや光で硬化する性質を持った樹脂やその他素材であれば何でも使えるのが利点で、その為に違う性質を持った例えばABS樹脂の様なものとゴムの様な柔軟性を持った樹脂の両方を使用して継ぎ目のない塩ビ管の様に固いのだけれどストローの様にフレキシブルフに曲がるストローチューブの様が作れるのです。

 それをStratasys社が特許を取得した”ポリジェット方式”と言うインクジェット方式の技術を使って家庭でも使える様にした3Dプリンターがこの「NexD1」です。

インクジェット方式 液体のプラスチック樹脂をノズルから噴射し、UV(紫外線)を照射し硬化させ積層していく。
精度が良い。材料がカセット方式であったり、サポート材の設計が自動化されているなど、専門家でなくとも扱い易い。
ストラタシス社では、「ポリジェット方式」と呼ぶ。

全文を読む

Home > タグ > Mac

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。