ホーム > タグ > Qi

Qi

Lightningコネクタ2ポートにハイブリット充電装置&モバイルバッテリー搭載iPhone用ケース「Mahri」

 iPhoneが新しく出ると言う噂が出る度に、今度はワイヤレス充電が採用されるか?と言われ続けていながら今だにそれは実現しておりません。
そもそもワイヤレス充電と言うのは昔理科でフレミングの法則を習ったかと思いますが、送電側のコイルに電流を流し磁界を発生させ、その磁界の中に受電側のコイルを入れることでその磁界によって受電側のコイルに電流が流れるる仕組み・原理を利用していますので、磁界の中にiPhoneを置くだけで自動的に充電されますから充電ケーブルを挿すと言う手間から解放され、充電中のケーブルに足を引っ掛けてiPhoneを飛ばしてしまう事もありません。

 そんな便利なワイヤレス充電ですが、iPhoneをワイヤレス充電対応にした際に一番問題になるのが、受電用のパットをiPhoneに貼り付けLightningコネクタをiPhoneに挿すのですが、送電用のパットがない場合は受電パットのLightningコネクタを抜いてからLightningケーブルを差し込んで充電すると言う非常に面倒な手間が発生します。そう言う充電パットを貼り付けて使用するワイヤレス充電アダプタの欠点を無くし、更にこれ以上は考えられないと言うくらいの機能が詰め込まれたiPhone用ケースがこの「Mahri」です。

全文を読む

最大1Aで確実に充電可能なマグネットマウントQiワイヤレスチャージャー「MAGQI」

 Qiと言うワイヤレス充電を使っていて最大1Aで充電できると書いてあるのに全然充電が進まないと感じた事ってありませんか?と言いますのもQiワイヤレス充電と言うのは昔に理科で学習した電磁誘導を利用しており、導線を巻いた筒の中に磁石を入れて動かすと電気が流れて豆電球が点灯したりモーターが動いたかと思いますが、このQiワイヤレス充電も送電器の方でコイルに電流を流す事でコイルが電磁石となり磁界を発生し、受電器の方ではコイルに磁界が通過する事で電力を発生します。ですが磁界はコイルの中心部分が一番強く、コイルの中心部分から外れるにつれて磁界は弱くなります。そして当然の事ながら送電側のコイルと受電側のコイル位置がズレれば受電コイルにかかる磁界も弱くなりますので遅れる電力も少なくなりますから、Qiワイヤレス充電を使っていて充電が進まないと感じると言う事はコイルの位置がズレているからです。ですが送電側も受電側もどこにコイルがあるのか明示されていないものが多くどこを合わせれば一番最適なのかわかりません。それを意図的にかつ強制的に自動で合わせてくれるQiワイヤレスチャージャーがこの「MAGQI」です。

全文を読む

変形してスタンドにもなるiphone6/6s/7用3000mAバッテリー&ヘッドフォンジャック内蔵ケース「iStand 7」

 スマートフォンのケースにはスマートフォンを着飾ると言うジャンルのケースと、本当にスマートフォンを保護すると言う実用主義なケース、そしてその他に付加機能がついたケースがあります。このうち付加機能がついたケースとして多いのは連続可動時間の短いスマートフォンのバッテリー寿命を延ばす為にバッテリーを内蔵したケースですが、その他にメモリーが搭載されていたり最近のiPhone7用のケースとしては失われてしまった3.5mmイヤホンジャックをケースに内蔵してイヤホンジャックを復活させると言うケースもあるのですが、何故かスマートフォンを好きな角度で固定できると言うスタンド的な機能と他の機能を組み合わせたケースにはなかなかお目にかかりません。ですが長時間スマートフォンで動画を鑑賞する人にとっては充電機能に加えてこのスタンド機能があれば最高ではありませんか?そんな両方の機能を備えたケースがこの「iStand 7」です。

全文を読む

Home > タグ > Qi

New Topics

Return to page top

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。